シンセンライフで感じたことをちょっと個性的な観点から自由に書いてます。・・・・・・だったんですが現在はベトナムでストレスとの戦いの日々を送ってますぅ。


by shirocha_tym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
先日、日本からシンセンに戻ってきたのですが、シンセンはやっぱり暑いですねぇ。
っていうか、日本は寒かったです。
それでも暖冬の影響をモロに受けていて雪が全くない。
例年なら道路にはなくても田んぼにはまだ雪が残っている時期なのに・・・。
おかげで生活には不自由しないものの、せっかく履き替えたスタッドレスタイヤがかなり減ってしまったと会う人みんな口をそろえて言っていましたね。
遠くの山を見てもかなり高いところだけが白く、近場のスキー場はほぼ全滅状態でした。

さて、シンセンに戻ってきた翌日早速出社したところ、かなりガクッと落ち込んでしまいました。
しろちゃたちの会社ではまず日本人が一番に出社します。
その20~30分後くらいに中国人幹部が出社し、さらに10分後くらいにワーカーさんたちがぞろぞろとやってきます。
これはいつものことなので今では別になんとも思わなくなりました。

じゃあ、ガクッとなる出来事とは何か?
しろちゃが事務所の席について15分後ぐらいに事件が起こりました。

幹部 「早上好!」

しろちゃ 『おぉ、おはよう。久しぶり、故郷はどうだった?』

幹部 「新年好!」

しろちゃ 『おめでとう。今日は珍しく早いじゃん。どうしたの?』

このあと幹部が問題発言をし、しろちゃをがっかりさせてしまいました。
どんな一言だと思いますか?
中国で働いている方なら分かるんじゃないですか?

そ、

れ、

は、

で、

す、

ね、

ぇ、

こ、

と、

も、

あ、

ろ、

う、

か、

い、

き、

な、

り、

幹部 「紅包給我!」

しろちゃ 『・・・・・・・・・・(絶句)』

しばらく唖然としてしまい言葉が出てきませんでした。

いきなりですよっ!
こっちが故郷はどうだった?とか聞いていることに対して答えるわけでもなく。
会話の3言目で突然「お年玉くれよ!」ですって。
マジで呆れてしまいましたし、正直がっかりしましたね。

彼は下っ端のワーカーじゃなくて課でナンバー2の幹部ですよっ。
歳もしろちゃより全然上っ。
おまけに彼は妻帯者でしろちゃは独身。
(中国では妻帯者が独身に紅包をあげることが多いのに。)

日系企業なので確かに日本人から中国人へっていうのも分かります。
もちろん近日中にあげようとは考えていました。
だけどねぇ、久しぶりに会っていきなりそれはないんじゃないのぉ?
せめて、給我のあとに「好マ(ロ+馬)?」とか「好不好?」ぐらいつけて言いなさいよっ!
あげようと思っていた気持ちが一気に失せましたね、ホント。
(結局、昨日あげましたけどね。)
ワーカーの女の子が可愛らしく「お年玉ちょーだーい。」って言ってくるのならまだ許せます。
いい歳した男がそんなんじゃ・・・。
お金が欲しい、日本人から巻き上げたい(変な表現?)、一番にもらって自慢したい、って気持ちがあるのかもしれませんが、もう少し頭を使ってよぉ。
君は日系企業でいったい何年働いてるの?
少しは日本人の心ってものを分かって欲しーいなぁ。
そんなんじゃ、将来この会社を背負っていけないよ。

今日はちょっと愚痴っぽい内容になってしまいましたけど許して下さい。
別に機嫌が悪いとか嫌なことがあったとかではないのですが、思い出したら無性に情けなくなったもんで。

皆さんはこの春節でどのくらい奮発しましたか?
ちなみに、しろちゃは4桁前半RMB・・・、もう財布がぺったんこですぅ・・・。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-03-02 23:56 | 仕事

そこまでするの?

久しぶりに更新します。

おとといから日本にいます。
シンセンに比べると日本はやっぱり寒~い。
でも今年は暖冬なので周りの人たちに言わせると暖かいそうです。
シンセンの気候に慣れてしまったしろちゃにはハッキリいって辛いです。

いやぁ、当たり前かも知れませんが、
やっぱり日本のごはんは何食べても美味しいですね~ぇ。
シンセンでよく行ってる日本料理屋もそこそこ美味しいのですが、
生まれ育った環境の味付けにはやはりかないませんね。
身体全体がふるさとの味を遺伝子的に覚えてるんでしょうね、きっと。

さて、タイトルのお話ですが、
おととい成田空港で初めての経験をしてビックリというか呆れてしまいました。

帰国スタンプをパスポートに押してもらってバゲッジブースへ。
数分後、キャリアケースを取り税関検査へ。

検査員 『パスポートをお願いします。』

しろちゃ 「はい、どうぞ。」

検査員 『どこからのご帰国ですかぁ?』

しろちゃ 「香港からです。」
       (本当は香港経由中国からだけど)

検査員 『ご旅行ですか?』

しろちゃ 「いえ、仕事です。」
       (パスポート見てるんだったら就労ビザが見えてるはずでしょ)

検査員 『お疲れ様でした。
       では、何か申告が必要なものはありませんか?』

しろちゃ 「いえ、特にありません。」

ここまでは普通ですよね。
念のためということでカバンやキャリアケースを開けて下さいって言われたら、
面倒だなぁと思いつつ(だって早く次の電車に乗りたいんだもん)、
検査員の次の一言を待ってると、意外な言葉が!

検査員 『では、靴を脱いで下さい。』

しろちゃ 「えっ???、シェンモイースー???」

しろちゃ 「あ、あのぉ、どうしてですか?」

検査員 『念のためですから。』

しろちゃ 「まぁ、別にいいですけど・・・」
       (なんか恥ずかしいなぁ・・・、早く終わって帰らせてよぉ)

検査員はシューズの中のソールの裏や、
底や側面をじろじろと見ていましたけど、
臭いですねぇなんて言われたらどうしようなんて思いながら待ってました。

検査員 『はいどうぞ。ご協力ありがとうございました。』

しろちゃ 「あの~ぉ、何してたんですか?」

検査員 『最近中国方面から来る人って・・・、ちょっと。』

しろちゃ 「ちょっとってなんですか?」

検査員 『もう行っていいですから、お疲れさまでしたぁ。』

しろちゃ 「・・・・・。」
       (協力してあげたんだから教えてくれよ~ぉ、ケチ!)

たぶん、ドラッグ関係を隠していないか確認してたんじゃないかと思います。
シューズや帽子の内側に縫い付けて密輸するって噂を聞いたことがあります。
そういうことする人がいるから、他の人まで疑われちゃうのよね。
もう勘弁してください、恥ずかしいったらありゃしない。
ボディチェックならまだしも、シューズ脱げなんて失礼極まりないです。

ということで、久しぶりの日本でのいきなりシューズを脱がされたしろちゃでした。
みなさんはこんな経験あります?

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-02-23 11:24 | 日本

恭喜しろちゃ

この春節にしろちゃにとってものすごく嬉しい出来事が起こりました。
紅包に1000元入ってようが、街で10万元入ったバッグを拾おうが、
そんなことなんかどうでもいいくらいビッグニュースです。
(前2項目は実際にはありませんけど)

それはですねぇ、
・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・(感動に浸ってます)
・・・・・・・・・・
・・・・・
なんと、ぱーたいさん

お気に入りブログリストに

追加してもらえました~ぁ!



超嬉しいです。
こんなことが起こり得るなんて思ってもみませんでしたよ。
だって、いつもぱーたいさんのブログを密かに見ていてコメントすらしたことなかったので、
ぱーたいさんにとってしろちゃの存在など知っているはずがありませんから。

ここまで読んで、『何がそんなに嬉しいのか分からないよ。』
とお思いの方がいらっしゃることでしょう。
紅包の1000元の方がよっぽどいい、
10万元入りバッグに決まってるでしょっ、
と思うのが一般の人なら当然でしょう。
しかし、しろちゃにとってぱーたいさんは特別の存在なのです。
なんてったって、しろちゃのブログのお師匠様(勝手にそう決めている)なんですから!
(ぱーたいさん、気分を害したらすみません。でもそう思わせて下さい。)
だから、こんな嬉しいことはありません。
きっと神様か、遅れてやってきたサンタさんが、
春節もシンセンで毎日仕事をしているしろちゃにくれたプレゼントなんでしょう。
これからも面白くなくても役に立たないことでも一生懸命ブログを続けないといけませんね。

ところで、お師匠様はいったいどこでしろちゃのブログを知ったんでしょうか???
すご~く気になりますねぇ。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-02-19 20:07 | 疑問

漢方薬で?

なんと鳥インフルエンザの予防と治療が出来る薬が中国で開発されたそうです!

【中国企業が鳥インフルエンザに有効な漢方薬を開発】

漢方薬ですって。
抗生物質とかじゃなくて?
予防はともかく、本当に治療出来るのぉ?
これが本当ならすごいです、中国&中国人。

開発した博士曰く、
「中国はすでに鳥インフルエンザの予防と治療の薬を
 自主的に研究・開発し生産ができるようになったため、
 感染が大規模に広がっても十分に対応できる」
と自信満々だそうです。

どうした日本人、どうしたアメリカ人!
こういう世の中にないものを開発する能力・技術力を持ってたんじゃないの?
中国に先を越されてしまったじゃん!

以前も書きましたが、最近の中国の技術力とスピードってすごいですねぇ。
しかし、漢方薬とはさすが中国です。
御見それ致しました。
(この内容が全てホントなら・・・ね)

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-02-15 22:41 | 健康

人気blogランキング

しろちゃのこのブログに対して、
見てくれている人がどの程度共感・応援してくれているか知りたくて、
今月に入ってから“人気blogランキング”というものに登録してみました。
それで、サイドメニュー部分と毎回のブログの最後に、
クリックしてもらえるようにリンクを貼ってみたのですが。お気付きでしょうか?

順位こそまだまだ低いもののクリックして下さる方がいらっしゃいまして、
とっても嬉しく思っています。
勝手に感動しています。
クリックしてくれた人、ありがとう!

でね、しろちゃのブログが何位なのかを毎日チェックするのが、
密かなマイブームになっています。
毎日ワクワク・ドキドキすることが出来て、ちょっと幸せな気分に浸ってます。
(なんて小さな楽しみなんでしょ。でもいいんです。
 毎日ワクワク出来ることなんて今までなかったんですから。)

そんなわけで、今日もランキングチェ~ック!

あれっ、いつもの順位付近に見当たらない。
ありゃりゃ、下がってしまったのかぁ。
確かにあまりおもしろいこと書いてないからなぁ。
でも、「シンセン(中国生活)で感じた何気ないことを書くのが、
このブログなんだから順位なんてどうでも・・・」、
なんて自分に言い聞かせて次のクラス(下)を見てもない。
「あぁ、もっと下かぁ」ってことでその次へ、しかしまたまた没有。
「もしかして?」と期待していつもの順位辺りの一つ上へいくと、
あったよ~ぉ、よかったぁ
当然、順位が上がったことも嬉しいのですが、
それ以上に自分のブログ名が見つかったことの方が嬉しかったぁ。(なんか変?)

でもね、それよりももっともっと嬉しいことがっ!
なんと、しろちゃも憧れている(ついに言ってしまうけど)檸檬さんよりも順位が上じゃないですかっ!
なんてことだ、まだブログ初めて間もないのにそんなことがあってはいけない。
でも、マジ嬉しい。
一時的なことだろうけど順位が上にいることじゃなくて、
憧れの人と同じ画面にいることっがです。
そういう感じ、分かります?
思わず記念にそのページを保存してしまいました。

檸檬さんはとてもお忙しいようで最近なかなか更新されていませんが、
みなさんも応援してあげて下さい。
そして、出来ればしろちゃのこのブログも応援クリックをよろしくお願いします。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!


あっ、檸檬さん、勝手にお名前を出してすみません。
ご迷惑でしたらクレームをつけて下さい。その際はすぐに削除しますので。
[PR]
by shirocha_tym | 2007-02-08 23:25 | 娯楽
中国が人工衛星破壊実験の成功を正式に発表しました。
そんなすごいことをやってたんですねぇ。
しかも、中国が世界で初めてだそうですね。
ビックリです。
アメリカやロシアですらまだやったことないのに。

さらにもう一つビックリしたことがあるんです。

台湾の調査によると、
中国は「なんとか10(名前忘れた)」っていう自主開発の戦闘機を、
65台も保有しているそうです。
台数にビックリしたのではありません。
では何にビックリなのかというと、
その「なんとか10」の性能が、アメリカが開発した「F16」と同等らしいのです。
厳密に言うと、初期型「F16A/B」というタイプと同等性能で、
「F16A/B」の改良型「F16C/D」には劣るらしいですが。

しろちゃは「F16A/B」の性能がどう素晴らしいかは知りませんが、
「F16」って言ったら、全世界が絶賛した「F15」よりもすごいらしいので、
相当の能力があるんでしょう。
その「F16」と互角の戦闘機を中国で開発・製造したっていうことがこの上ない驚きです。

先の「人工衛星破壊実験成功」にしても、
後の「なんとか10戦闘機」にしても、中国の技術力ってマジですごすぎませんか?
いつのまにこんな成長を成し遂げたのでしょうか。
きっと今や日本の技術力を超えているんでしょうねぇ。
『技術大国ニッポン』って呼ばれていたのはもう過去の栄光になっているんですねぇ。
なんか寂しいです。

総合的に見ると、まだまだアメリカやロシアの方が軍事大国であり、
とてもかなわないでしょうが、
この成長ペースでいくと十数年後にはきっと中国が世界の頂点に立つんではないでしょうか。

恐るべし中華人民共和国です。
[PR]
by shirocha_tym | 2007-01-24 23:18 | 生活

James Brown is DEAD !!

ついにあのお方が亡くなられました。
世界を大きく変えたあのお方が。
誰もが「ソウルの神様」と絶賛したあのお方が。

しろちゃも好きだったジェームス・ブラウンさまが~ぁ・・・。

まだ70過ぎの若さではなかったでしょうか。
まぁ、世の中には60歳前後で亡くなられる方もいらっしゃるのですが、
先進国では高齢化が深刻になってきているこのご時世を考えると、
ずいぶん早い他界のように感じてしまいます。

そういえば最近はあまり話題を聞くことがなかったのですね。
何をされていたんでしょうか。
以前にも全く世の中に顔を出さなくなって、
「James Brown is DEAD or ALIVE !?」
というテクノミュージックで風刺されたことがありましたよね。
(たぶん知ってる人少ないだろうなぁ・・・)
ちなみにしろちゃはこの「James Brown is DEAD or ALIVE !?」や、
「James Brown is DEAD」のテクノも好きでした。
もう何年聞いてないんだろう・・・。
今度日本に帰った時にCD焼いて持って来ようっと。

みなさんはジェームス・ブラウンと聞いて何を思い浮かべますか?
あのタイトルの曲ですか?
あのセリフですか?
顔ですか?
髪型ですか?
もしかして、アレですか?
[PR]
by shirocha_tym | 2006-12-26 22:03 | 愛好

ついに日本にも

号外ニュ~~~ス

ついに日本でも販売されるらしいですよ。
中国ではお馴染みの、メガマック
期間限定らしいですが。

ちなみにしろちゃは未だかつて食べたことはありません。
あんなに大きいのいったいどうやって食べればいいのでしょう?
やっぱり口を思いっきり開けてかぶりつくのでしょうか?
フォークとナイフで食べるようなこじゃれた代物でもないし・・・。

このメガマックのように、最近中国から日本へ進出しているものが増えたように感じます。
これも時代の流れってやつですかね。
中国滞在邦人としてはちょっぴり嬉しいですけど、一方で複雑な気分でもあったりします。
まぁ、もともとは美国発祥のメニューなんですけどね。
[PR]
by shirocha_tym | 2006-12-21 23:43 | 食事
カサカサ、カサッ、チクッ!
っていう感じでしょうか?

「いきなりなんだぁ?」と思われる方がいるかもしれませんが、
しろちゃの想像です。

その想像っていうこと自体、意味不明でしょう。

で、何かっていいますと、
今朝の香港チャンネルでのニュースでもチラッとあがっていましたし、
今日の日経新聞にも小さく載っていましたが、
沖縄県で女性が蠍に刺されたとのことです。

朝、テレビで見てなんとなく、
「へぇ~、沖縄にはサソリがその辺にいるんだぁ。」
と、ただ感心してたしろちゃですが、
本当のところ沖縄にはサソリはいるんでしょうか?いないんでしょうか?
どっちだろう?

ついさっき新聞で初めて詳細を知りました。遅い?
  ●服屋さんでジーンズを試着する時に刺された
  ●足だけじゃなく手も刺された
  ●その女性は5日間も入院生活を強いられた
その人、ビックリしたでしょうねぇ。
なにがなんだか分からずパニくったことでしょう。

後で調査して分かったらしいのですが、
  ●そのサソリのお名前は“チャイニーズ・バーク・スコーピオン”
    (可愛らしい名前で呼ぶとしたら、チャイピオンってとこですか?)
  ●猛毒をもっているが、その毒は命に関わるほどのものではないらしい
    (でも相当激しい痛みがあるそうです)
  ●そのチャイピオン(今つけたあだ名)は、
   ジーンズに隠れて中国から船で山口県へ海外旅行、
   その後トラックに乗って岐阜県へドライブ、
   その後またまたトラックで東京へ上京、
   東京観光を終えて羽田から沖縄までフライト、
   那覇からお店までの沖縄旅行、
   というかなりゴージャスな旅、しかも誰にも気付かれずにお忍び旅行をしてきたらしい
    (ウラヤマシ~イ)
だそうです。

もうひとつ、ビックリしたことがあります。

そのサソリは中国では、高級食材!!なんだって。
知らなかったよ~、中国人はサソリも食べるのね。
東南アジアのどっかの国では食べるって聞いたことあったけど。

今度高級ホテルの中華料理レストランで、
「チャイピオンの姿揚げちょうだいっ!」って言ってみようかしら。
(もちろん冗談ですから・・・)
[PR]
by shirocha_tym | 2006-12-20 22:25 | 日本
最近、飛行機がらみの事件というか話題をよく耳にしますよね。
例えば、
  1.ロシアとイギリス間を飛んでいる機体の内、
    2機(だっけ?)からなんとかっていう有害物質が検出された
  2.日本の修学旅行生徒のクラッカー機内所持により、
    離陸の大幅遅延
  3.アメリカで飛行中の女性が自分のおならの臭いを隠すために、
    マッチを擦ってしまい大騒ぎ
  4.どこかの国(忘れちゃった)で機内のトイレで、
    爆発物設置予告文書が見つけたと騒ぎ立てた乗客がいたが、
    実はその人物の自作自演騒ぎ
  5.(まだあったような気が・・・)
などなどたくさん。

3.なんてすごくないですか?
普通に考えればそんなことしちゃいけないの分かりそうなもんだけど。
彼女、相当あせってたんでしょうね。

残念ながら(というのもどうかと・・・)しろちゃは、
飛行機でそういう楽しい騒ぎに出くわしたことはありません。
いつも平凡で退屈なフライトです。
ちなみに急遽ビジネスクラスへアップグレードなんていう、
幸せな体験もありません。(周りにはそういう人が何人かいるのですが)

まぁ、別に損してることもないので何でもないんだけど。
でも、普通すぎて話題にもなりゃしない。
人生なんてこんなものなのでしょうか。

飛行機関係でなくていいから、
なんか刺激が欲し~いよ~ぉ。

みなさんは、
ドキドキ・ワクワク・ウキウキ・ソワソワ・ピリピリ・ラブラブ
してますかぁ?
[PR]
by shirocha_tym | 2006-12-18 09:30 | 交通