シンセンライフで感じたことをちょっと個性的な観点から自由に書いてます。・・・・・・だったんですが現在はベトナムでストレスとの戦いの日々を送ってますぅ。


by shirocha_tym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

中国の携帯電話事情

今日までパソコンから遠ざかっていたために久しぶりの更新になってしまいました。

で、久しぶりに中国情報をいろいろ見てたんですが、中国での携帯電話契約数がなんと4億8000万件にも上っているそうです。
この件数、すごくないですか~?
日本の総人口の約4倍ですよぉ!

えっ?13億人+α(無戸籍者)もいるんだからたいしたことない?
いやいや、そんなことありませんよ。
仮に中国の人口を13億人とすると、2.7人に1人は携帯を持っていることになるんですよ!(まぁ中には仕事用とプライベート用の2台を1人で所有している裕福な人もいますが。)

日本にいる方のために言っておきますと、一般的な中国人の所得から考えると携帯電話というものは非常に高価な部類に入るんです。(最近では日本でも急に端末価格が上がりましたが。ちょっと前までは販売奨励金制度を使った新規加入者用に1円端末とか100円端末とかあったのに・・・。)
月給が1000~1500元(毎日遅くまで残業、そして日曜も祝日も休まず働いても2500元ももらえればいいところ)のワーカーさんたちにとって、携帯電話なんて高嶺の花なんです。
携帯電話端末も相当古い機種で600元、いいものになると2000元近くします。
さらにもちろん通話料もかかりますし、かかってきた電話を受けるときにも費用が発生します。(中国ではかけた方と受けた方が通話料を折半するのが一般的なんです。)
月給の半分~全部を携帯電話につぎ込める日本人なんていないでしょう?
なのにですよ、3000元近くもする最新機種を持ってるワーカーさんもチラホラ見かけます。
生活を切り詰めてまでいい携帯を持ちたいという彼らのこだわりには感服します。
やはり他人よりいいものを持つというステータスによって自己満足を得たいのでしょう。
それに比べてしろちゃが使っているのなんて、カメラも付いてない・音楽プレーヤーにもならない安物です。
でもしろちゃは電話が出来ればいいし、メールだってたまにしかしない(中国語か英数字しか入力出来ないから日本にはメールしない)からいいんです。(日本語入力の出来る端末が安く手に入るんだったら欲しいのが本音ですけどね。)

さらに驚いたことが。

なんと、毎月650万件も契約数が増加しているそうです。
そんなに多くの加入者どこにいるの?って感じです。
だって、1日あたりにすると20万件以上も毎日毎日増えているんですよっ!
信じられません。(事実なんですが・・・)
っていうか、考えただけでも気持ち悪くなる勢いです。

だから、街中にはあんなにたくさんの携帯ショップが溢れてて、端末パーツ屋さんも商売が成り立つんでしょうね。

さらに今年の第1四半期(1月~3月)での携帯メール発信数は1400億件近くもあったそうです。
去年の同時期に比べて37%も増えたというから驚きです。
中国の若い人たちにも、日本人や韓国人や台湾人のように携帯メールを使って友達とコミュニケーションを取る風習が受け入れられてきた表れなんでしょうね、きっと。
最近の中国人を見ていると流行にものすごく敏感ですからね。
いいものを持ちたい、おしゃれをしたい、綺麗になりたい(可愛くなりたいっていう女の子は意外と少ないんですよねぇ)、かっこよくなりたい、っていう自分のためにお金をかける中国の若者のパワーには圧倒されます。
でも、そういう前向きな姿勢って素敵ですよね。
しろちゃも少しは見習わなきゃ・・・。

というふうに、今、中国での携帯電話事情は想像を遥かに超えたものすごいことになっているんです。
恐るべし中国、です。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-04 21:50 | 生活

チュッパチャプス

いきなりですが、『チュッパチャプス』って知ってますか?
昔からある棒付きキャンディのあれです。
スーパーではレジ近くに置いてあることが多かった記憶があります。
最近ではコンビニでもあるのかな?

しろちゃ、今日初めて知ったんですが、チュッパチャプスってスペインで製造されて日本に輸入しているんだそうですね。
てっきり、森永製菓が日本の工場で生産しているものとばっかり思っていました。

それから、最近ではいろんなフレーバーが揃っていることにも驚きました。

d0097148_21451641.jpg

d0097148_21461973.jpg

なんせ外国にいて浦島太郎状態ですから。
それともただ歳をとったせい?


人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-04-13 22:51 | 日本

またまた偽塩氾濫

去年も広東省を中心に塩の偽物が市場に出回り、食生活を脅かされましたが、今年に入ってからもまた偽塩が発覚し、大量に氾濫しているそうです。

調査したところでは、食塩を扱う商店の90%以上で偽塩を販売しており、本物の食塩を買い求めるのが難しい状況にあるそうです。
広州市に10カ所ある食料品市場で食塩を扱う商店90軒を調査したところ、この内82軒が偽塩を販売していたとのことで、偽物が置いてない優良店舗の割合はたったの8.9%だけ。

広東省政府によれば、2007年1月1日から省内各地で販売される食塩には袋にコード番号を記載した偽物防止ステッカーを張り付けることを義務づけたらしいです。
「ステッカーが無いもの、ステッカーはあっても関係当局でコード番号が登録されていないと確認されたものは偽塩である」とのことですが、それでも現に偽塩の氾濫が起きています。

なぜ?
ステッカーそのものも偽造されてんじゃないの?
一般市民への呼びかけが甘く、政府がそういう取り組みをしていることを知らない人が多いんじゃないの?(現にしろちゃもつい最近まで知りませんでした。)

偽塩は製塩工場の廃液から作られたり、通常「工業塩」と呼ばれる化学工業原料の「亜硝酸塩」が一部代用されているらしい。
亜硝酸塩は白色不透明な結晶体で食塩とほとんど見分けがつかないシロモノだそうです。
恐ろしいのは、たった0.2~0.3gの摂取で中毒を起こし、3gで死に至ること。
さらに、偽塩は生産過程が不衛生で重金属などの有毒な化学物質が含まれていることもあり、これを長期間にわたって摂取すると慢性中毒をもたらし、場合によっては癌になる可能性が高いそうです。

中国の食塩の市場卸売価格は1tあたり2000元前後だが、亜硝酸塩の工場出荷価格は230元なので、9倍弱の価格差があります。
亜硝酸塩を食塩と偽って販売すれば、ボロ儲けが出来るというわけです。(とってもオイシイ話ですが、早速明日からやってみようと思っちゃダメですよ!犯罪ですから。)

儲かるなら他人が中毒になろうが癌になろうが知ったこっちゃない、騙される方が悪い、っていう考えを持ってる人が世の中にはまだまだたくさんいるってことですよね。

そうやって考えると、中国って恐ろしいところですよねぇ。
塩って、食事に直接振りかけて使うことってあまりないけど、料理には重要な調味料じゃないですか。
お店で塩が入ってないメニューの方が圧倒的に少ないでしょ。
さらに、パンとか麺類だって素材にはもちろん塩が使われていますよね。
料理店もパン屋も偽塩かもしれないなんて思って商売してわけがないでしょ。

あぁ、しろちゃもこの一年半のシンセン生活で知らないうちに偽塩を食べていたんだなぁ。
そしてたぶん今日の食事にも偽塩が・・・。
ショックです。
明日から何を食べたらいいんだろう?
美味しけりゃいいじゃんっていうわけにはいかない深刻な問題です。

まだ中毒になってないだけ、まだ癌になってないだけ、マシなの?
でも数ヵ月後・数年後も健康でいられるかどうかなんて保証はどこにもない。
今のうちに日本に帰った方がいいのかなぁ?
みなさんだったらどうします?


人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-04-13 10:10 | 生活

心境の代弁?

今朝はすっごい蒸し暑い朝でした。
起きたら汗びっしょりでした。
というか暑苦して暑苦しくて目が覚めてしまい、気付いたらものすごい汗をかいてる自分に朝からビックリ。(心臓によくないよぉ)

ところが、10:00ぐらいだったかなぁ、急にすごいどしゃ降りに!
時々、雷も鳴ってました。
落雷で停電になって工場の稼動が止まったらどうしよう、パソコンの電源が落ちてメールや資料作成が出来なくなったらイヤだなぁ、って思いながら仕事をしてました。(停電でもパソコンが使えるようにノートパソコンに買い換えて欲しいよぉ・・・)
昼過ぎの雷なんかものすごかったですよ。
ピカッっと光ったかと思うと間髪入れずバリバリバリッドドーンって。
あれは絶対どこか近くに落ちたはず。
いつウチの工場がやられるかと思うと気が気でありませんでした。
一応避雷針らしきものが工場各棟の屋上に取り付いているのですが、避雷針としての役割を本当に果たすのかどうか正直怪しいし・・・。

それにしても今日の大雨、そして雷、先週末から昨夜にかけてのしろちゃの心をまさに映し出したかのようです。
いったい何があったのかって?
まぁ、かなりいろいろあった3日間でしたよ、ホントに。

金曜日は前回のブログでも書いた食事会に関する件です。
土曜日は中国人部下及びその友達(全部中国人)の食事会にお呼ばれした(日本人はしろちゃだけ)ときの出来事に関することです。
日曜日はここではちょっと書けません。危うく大惨事になっていたかもしれないことなので。いつの日か日本に帰任したときに中国ではあんな経験もしたなっていう笑い話になればと思います。

金曜日と土曜日のことは、そのうち公表出来たらと思っていますが、会社の誰かがこのブログを見ているかもしれないのでしばらく周りの反応を確かめてからどうするか考えます。
なので、関心を持って下さっている方には申し訳ありませんが首を長~くして待っていて下さいね。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-04-02 18:49 | 生活

人体の偉大さ 其の二

先週後半から超高湿度状態が続き、洗濯物は乾かないし、風呂場のタイルも乾かないしでイライラしています。
外へ出るとモワ~っとジメジメとした空気が淀んでいて非常に気持ち悪いです。
身体全体がふやけてしまいそうです。

さて、お待ちかね(?)の正解発表をすることにしましょう。
週末、考えて頂けたでしょうか?

答えはっ、の前に解説から紹介しますね。
(もう少しの辛抱をお願いします。)



 私たちの体は血液の循環によって日々の生命活動を営んでいるのはみなさんご存知ですよね。この血液循環のポンプの役目を果たしているのがもちろん心臓で、毎分約60回(手首などで脈を測ったことありますよね)の収縮と拡張を繰り返して、新鮮な血液をからだの隅々にまで送り出し、古い血液を再び心臓に戻しているのです。心臓の1日の収縮・拡張回数は10万回にも達します。

 心臓は心筋という筋肉からできており、中は壁によって4つの部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)に区切られています。全身を巡ってきた炭酸ガスを含んだ血液(静脈液)は右心房から右心室に入り、肺動脈を通って肺に入ります。肺で炭酸ガスと新鮮な酸素を交換した血液は、肺静脈を経て左心房に入り左心室に行き、左心室の収縮力で全身に新しい血液(動脈液)が送り出されるのです。

 この4つの部屋のどこかに異常が生じると、不整脈や心臓弁膜症、心房・心室中隔欠損症、心肥大などの病気が起こり、心筋を取り巻く血管(冠動脈)が詰まったりすると狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患が起こるのです。

 また肺の中で実際に炭酸ガスと酸素のガス交換をしているのは、肺胞と呼ばれる表面を毛細血管が張り巡らされている丸い風船状の部分。呼吸によって肺にとりいれた酸素は肺胞の毛細血管で血液中に取り入れ、血液中の炭酸ガスは肺胞内に押し出してガス交換をし、息で吐き出しているのです。

 1つの肺胞の大きさは0.14mmしかないですが、全部でなんと6億から8億個もあり、全肺胞を広げるとテニスコート1面ぐらいの大きさがあるといわれます(驚き!です)。中年男性以降のヘビースモーカーがなりやすい肺気腫は肺胞が壊れてガス交換ができなくなる病気で、命取りになります(う~ん、そう考えると恐ろしいです)。

 人間には動脈や静脈の太い血管から毛細血管まで体中に張り巡っていて、これを全部つなぐと約9万6000キロメートルにもなります。日本列島の長さは約3500キロメートルですから、血管はそれよりもずっと長く、地球を2周して余りがあるぐらいの長さです(これまた驚き!です)。

 血液から老廃物や余分な水分をろ過し尿として排出する役割を担っているのが、腎臓です。腎臓は空豆の種のような形をしており、お腹の裏側、横隔膜の下に1対あります。健康な人であれば、片方を失っても機能上の問題はありません(でも失いたくはありません)。

 腎臓でろ過された液体は「原尿」と呼ばれ、1日120~170リットルもできますが、そのうちの99%は再吸収されて血液中に戻され(知らなかった・・・)、尿として体外に排出されるのは1日1.2~1.5リットルぐらいです。1日の尿量が500ミリリットル以下だったり、3000ミリリットル以上は異常とされています。



ということで、正解は(4)の人の体にある血管を全部つなぐと、日本の最北端から最南端までの長さになる、が誤りでした。
どうでしたか?
これは意外と知られていないらしく、約9万6000kmっていう数字を聞いて驚く人が多いそうです。(実は、しろちゃもその一人)
なんせ地球2周分以上ですからねぇ。
身体の中にそんなにたくさんの血管が張り巡らされているとは・・・。
身体の大きなゾウさんなんて地球何周分なんでしょうね。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-03-26 13:38 | 健康

人体の偉大さ

生物(動物は特に)の身体って不思議というか神秘的なところが多いですよねぇ。
それぞれ別々の機能を持った細胞がいくつもいくつも集まって全体として一つの生命体としてこの世に存在しています。
怪我をすれば、数日後・数ヵ月後・数年後にはほぼ元通りに直ることが多い。
髪や爪を切ってもまた伸びてくる。
過去に見たこと・したことなどを脳という記憶装置に記憶していて後でその情報を読み出すことが出来る。(思い出せないことも多々ありますが・・・。)
食事のように他物体が体内に侵入しても消化・吸収・排泄などを適度にこなす。
自生命が危険を察知した時には病気というかたちで自己表現をする。
等々、言い出したらキリがありません。

中でもすごいよなぁって思うのが血液関係。
細胞の老廃物を回収したり細胞への栄養を配達したりを絶えず行っています。
そのために心臓も肝臓も腎臓も毎日一生懸命働いています。
各細胞へ行き渡るようにものすごい数の血管が張り巡らされています。
簡単な病原菌ならやっつけてくれる白血球もいるし、必要外への血液流出を食い止めてくれる血小板もいるし、彼らをスムーズに移動させてくれる血漿もいます。

で、突然ですがここでクイズをしてみようと思います。

以下の内、誤った情報が一つあります。
それはどれでしょうか?

(1) 心臓は1日約10万回、収縮・拡張を繰り返して血液をからだに送り出している。
(2) 肺から新鮮な酸素を取り込んだ血液は、心臓の左心房を経て左心室から全身に送り出
   される。
(3) 肺でガス交換をしている肺胞を全部広げるとテニスコート1面分の広さがある。
(4) 人の体にある血管を全部つなぐと、日本の最北端から最南端までの長さになる。
(5) 人間は1日1.2~1.5リットルの尿を排泄している。

どれも、『えぇ~、そんなすごいのぉ?』っていう内容ばかりですよね。
こういう表現されると益々人間の身体って偉大だなぁと感心してしまいます。

みなさんにもよ~く考えてみて欲しいので、答えの発表はまた今度ってことにさせてもらいますね。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-03-23 19:45 | 健康

電線泥棒

今日の最高気温27~28℃だったそうです。
どおりで汗をいっぱいかくし、身体がぐったりするわけです。

さて、休憩時にネットを徘徊していたら、『またかっ!』っていう記事がありました。

以下、中国情報局の記事です。
     ↓↓↓
電線盗難エスカレート、広州では爆発・感電死も

  金属高騰が続く中、中国では電線泥棒が相次いでいる。広東省広州市の中心部で12日午後10時ごろ、埋設された管道から電線を盗もうとした男が死亡した。警察は男が感電死したものとみて調べている。14日付で広州日報が伝えた。

  男は重さが約100キログラムあるコンクリート板をどけて、地下の管道に侵入。電線の被覆膜を200-300メートル剥がし、電線2本を切断したが、直後に爆発が3回発生したという。

  救急隊員は「遺体は身元が分からないほど、ひどく炭化していた」と述べた。付近では約20時間にわたって停電した。近くの自動車修理工場の経営者は「爆発に驚き、子どもを抱えて逃げた」と話した。警察では共犯者がいるものとみて行方を追っている。

     ↑↑↑
     ここまで

電線泥棒が多い中国ですが、電線ってそんなにいいお金になるんですかねぇ。
売りさばく以外の使い道があるとは思えませんが・・・。

しかし、すごいことばかりです。
100kg近いコンクリートをどけるわ、電線の被膜をを200~300mも剥がすわ、身元が判別出来なくなるほど肉体が炭化するわ、常識の範囲を超えています。

しろちゃは200Vに感電したことあるのですが、そのときはくっついたように手が金属からしばらく離れませんでした。
振り放そうとしても十数秒は全くダメでした。
しかも感電したショックで腰が抜け、20分ぐらいは膝もガクガク、声も震えてロクに喋れませんでした。
あんな経験はもう二度とゴメンです。

電気って目に見えないからホントに怖いですよね。
すごく便利なエネルギーなんですけど。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-03-15 19:50 | 生活
シンセンは今日も季節外れの激寒です。
明日からは少しずつ暖かい天候に戻ると予想されていますが本当でしょうか?
暑いのもイヤですが突然寒くなるのも厄介ものです。

昨夜何気なくパスポートをあちこちめくりながら見てたらすごいことに気付きました!
っていうか今まで何で気付かなかったんだろう、っていう感じです。
でも、それに気付いたときはちょっと感動しましたよ。

1.表紙と裏表紙以外の各紙に桜の花びらの透かしが入っている。
  こんな感じですがわかるでしょうか?
d0097148_19495922.jpg


2.VISAスタンプの押し始めの前の1枚(5ページと6ページを構成している紙)だけ、
  富士山と桜の木の透かしになっている。
  こんな感じです。
d0097148_19504888.jpg


いやぁ、今まで全く気付きませんでしたねぇ。
こんな工夫というか技術が施されていたとは。
これも偽造防止のための一つなんでしょうか?

またひとつ賢くなった(雑学発見した)、しろちゃでした。

尚、しろちゃが所有しているパスポートはICチップ導入前の10年用(えんじ色)ですので、
ICチップ導入前の5年用(紺色)とICチップ導入後のパスポートについて、
同様になっているかどうかは分かりませんのであしからず。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-03-08 20:03 | 日本
そういえば、日本に一時帰国していたときにテレビや新聞でよく見たニュースをふと思い出しました。

最近日本では金属製品盗難が各地で相継いで発生しているんです。
特に公共施設とか、郊外のショッピングセンター駐車場など、多くの人が気軽に利用する場所での被害が多いそうです。
んで、盗まれるものはさまざまで、水道の蛇口やら風呂場の蛇口やら、車やバイクが入れなくする車止め柵やら、車道と歩道を隔離するチェーンやその支柱やら、ガードレールやら、車のホイールやら自転車やら、金属なら何でもありみたいです。
特にステンレス材が窃盗者に人気のようで被害が多いそうです。
つい最近まで鉄くずの価格なんてほとんどあってないようなものって言われてたような気がするのですが・・・。
いいお金になるんでしょうか?

でも犯罪で稼ぐお金はいけません。
その盗まれたものの中には、私たちの税金で作ったものもあることを認識しましょう。
他人のものを取るのはダメなことは幼いときに教育を受けているはずです。
ちょっと脱線しますが、知り合いの彼氏や彼女も勝手に取ってはいけません。(取ってみたいけど・・・)

もし間違ってたらゴメンなさい。
犯人は一部の外国人ではないでしょうか?(北○鮮人とか○ラジル人とか・・・)
日本で売りさばくのか、母国へ送って再利用もしくは売るのかなんて知りませんが、なんとなく日本人はそんな大それたことをする勇気がないような気がします。(大したお金にならないことをしっているので。)

ここ中国シンセンでもショボイものがよく盗まれます。
電線とか、金属加工時の切削くずや切れっぱしとか、布切れとか、空のビール瓶とか、・・・。
そんなものどうするんでしょう?
って、売るに決まってるとは思いますが。

なんか不思議な世の中になってきたと感じる出来事でした。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-03-06 23:50 | 日本

航空機接触事故

今日はなんでこんな寒いんでしょうか?
昨日の27℃っていう暑さはどこへいっちゃったんでしょうか?
いつものように薄着で出社してしまい、会社ではプルプル震えていました。
明日も今日と似たような天候らしいので、風邪引かないように気をつけなきゃだわ。

この前の日曜日に天津で事故があったようです。
中国天津空港発日本中部国際空港行の全日空機が、同じく中部国際空港行の日本航空機に接触したとのこと。
このニュースを知ったときすごく心配になったのですが、機体の主翼先端がお互いに少し損傷しただけとのことでホッとしました。
高校時代からずっと交流のある友達が天津に赴任しているので、もし出張とかでその飛行機に乗っていたら・・・、もし離陸時や着陸時の事故だったら・・・と、イヤなことが一瞬頭をよぎったのですが大した事故でなく本当によかったです。
さっきその友達に電話したら、『その日はデパートで買い物してたし、そんな事故があったことも知らなかった。』とのことで、またまた安心しました。

しかし、現地の人がどうして地元のニュースを知らないの?
友達がテレビ・新聞を見ていないから?
報道されていないから?
たぶん前者だとは思いますが・・・。

不謹慎かもしれませんが、ANA機とJAL機の接触っていうのが不幸中の幸いでしょうか。
これがもし一方が中国の航空会社の機体だったら、それこそ日本と中国の関係悪化がよりいっそう深まっていたかもしれませんし。
とはいってもあくまで国と国があまり仲良くない状態であって、日本人と中国人の仲が悪いという感じはほとんど聞きませんから何も心配することはないのでしょうが。
しろちゃたちの会社でもとっても仲良く交流してますんで没問題!
早く国家同士も仲良くなってお互いにアジアを引っ張っていく関係になることを望んでいます。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-03-06 13:41 | 交通