シンセンライフで感じたことをちょっと個性的な観点から自由に書いてます。・・・・・・だったんですが現在はベトナムでストレスとの戦いの日々を送ってますぅ。


by shirocha_tym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

本来の姿、でも・・・

まだまだベトナムで悪戦苦闘三昧です。
基本的に土曜日は出勤日で、日曜日も休日出勤しなければならないことが多く、ここんとこほとんど毎日出社しています。
肉体的にもかなり疲労しているのですが、工場に行ったら行ったでトラブル対応に追われたり、こんなこと言ったら悪いのかもしれないけど子供並みの行動しか出来ないしょぼ~いワーカーに何度も何度も同じことを言って教育したり、甘えんぼのスタッフたちに檄を飛ばしたりで、自分がやるべき仕事がさっぱり手につけられない状態が続いてイライラしまくってます。
何事も思うように進まないのが外国での仕事の醍醐味なのかもしれませんが。


愚痴はその辺にしておいて、しろちゃがベトナムで先日ビックリしたことを。


d0097148_1553334.jpg


上の画像、誰が見てもバナナですよね。
そう、間違いなくバナナです。
でも、今まで食べてきたバナナに比べると、なんだか短くてずんぐりしています。
モンキーバナナとも違う感じです。

ベトナムに来てからバナナは2回食べたことがあるので、「こんな形のバナナも世の中にはあるんだぁ。」って感じで普通に皮を剥いて食べました。
それがこのバナナ、全然美味しくないの。
しかも、中に何かつぶつぶしたものがあります。

「ちぇっ、ハズレだったか。」と思ったしろちゃは、一番黄色くなってて熟してそうな違うバナナに乗り換えました。
ところが、そのバナナも美味しくな~い!
さらにまたまたつぶつぶ入り~ぃ!

2度続けて美味しくないバナナにあたって悔しいしろちゃは、【3度目の正直】にすがってみようと思い、さらに別のバナナに手を伸ばしたところで考えました。
『口に入れる前に確認しよう!』

キッチンからナイフを持ってきて、スパッ。
d0097148_2141985.jpg


果肉の中に変なものが見えるのが分かりますでしょうか?
これがつぶつぶの正体です。
ほじくって調べてみたら、こんなものが出てきました。

d0097148_2181486.jpg


種っぽいですぅ。
バナナに種って、ビックリです!
まぁ、バナナと言えども所詮は果物ですから物理的に種が存在してもおかしくありません。
というか種が存在して当たり前なんでしょう。
でも、バナナというものに対する固定概念からはかけ離れていたので驚きました。

バナナに対する見方が変わったしろちゃでした。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!


後日、ベトナム人から聞いた話によれば、しろちゃが食べたバナナは品種改良されていない本来の姿のバナナだそうです。
ベトナムで、道端や田んぼの淵にあちこち生い茂っているバナナの木は、植えられたものでなく自生しているものが多く、何も手を加えられていないのでしろちゃがビックリしたバナナと同じものとのこと。

今まで食べてきたバナナは品種改良されたものだったとは・・・。
また一つ、勉強になりました。
[PR]
by shirocha_tym | 2008-02-29 02:35 | 食事
毎日ホントに寒~い。
先日、寒いと小肥羊の火鍋が無性に食べたくなる、って記事を書きましたが、今も食べたくて仕方ありません。

せめて火鍋の写真でも見て自分自身を慰めようとネット検索してみてビックリしました。
しろちゃが情報不足だっただけのことなんですが、日本にも既に出店していたんですね、小肥羊。
今までちぃ~っとも知りませんでした。
なんせ田舎者なもので。

東京に3店あって、場所は渋谷と新宿と赤坂だそうです。
東京やその近郊にいる人が羨まし~い。

今度日本に帰るときは関空じゃなくて遠回りになるけど成田便にして食べにいっちゃおうかな?
でも、次に帰れるときにはもう寒くないんだろうなぁ。
中国に旅行した方が早そうですね。
春節休み中に行きたいけど飛机票が取れません・・・。
陸路か船路?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2008-01-26 02:34 | 愛好
いい加減、続きを書かなくては・・・、と思いつつもなかなか書くことが出来ませんでした。
というよりは書かなかったと言うべきでしょうか。

ハノイ市内観光中に見つけた池の中に浮かぶ(?)小島に建っている塔の近くにあったお寺に入ってすぐ隣の部屋にできていた人だかりとフラッシュの嵐の理由とは?
隣の部屋ではいったい何が起きていたのか?
いったい何があったのか?





人々を虜にしていたその正体とは・・・・・?





人ごみの背中越しに見ようと必死に頭を左右にずらしたり、頭越しに見ようとその場でジャンプしてみたりとちょっぴり真剣だったしろちゃ。
傍から見たらきっと変な人に見えていたんでしょうね・・・。

前の方にいた人たちも見飽きたのか写真も撮って満足したのか数分後にはほぼいなくなり、その物体はいよいよしろちゃの視界に姿を現しました。



そこにいたのは・・・・・。



亀。



といっても動くわけでもなくただちょっとおしゃれな展示ケースの中でじっとしている亀。
そう、剥製です。
しかし、この亀の剥製、只者ではありません!
見た瞬間、しろちゃも思わず『おぉ~!』と言葉が漏れちゃいました。



思わずデジカメで撮っちゃいました。
それがこれ。
   ↓
d0097148_2011724.jpg


光の方向が悪かったのとしろちゃの撮影が下手くそだったこともあって上手く撮れてませんでした。
なので、別の方向から、更にアングルも変えて再チャレンジ。
               ↓
d0097148_20133767.jpg


この大亀、全長が約2メートルもあるそうです。
でかいはずだわ・・・。

資料によると、1968年にこの湖(ホアンキエム湖)で捕獲され、還剣伝説の亀ではないかと人々に信じ続けられているそうです。
いったい何を食べてこんなに大きくなったんでしょう?
こんなに大きく成長するまでいったい何百年行き続けていたのでしょう?
鶴は千年、亀は萬年とは昔からよく言うけど・・・。


ガメラの実写版ってとこでしょうか・・・。
亀仙人もビックリ?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-10-16 20:28 | 越南

果物の夏の食べ方注意点

9月になって日本ではもうそろそろ夏も終わりに近づくのでしょうが、まだまだ夏真っ盛りのここシンセンではこれからも暑さ対策が必要です。
というよりもガンガンにエアコンが効いた屋内での対策の方が大事かも・・・。

夏は大量に汗をかいて水分不足気味ですし、食欲がいまいちなかったりで、果物を口にすることが多くなりませんか?
果物の注意しなければならない夏の食べ方、というのがあるとういう記事があったので紹介しておきます。



<スイカ>
 スイカは夏の暑気払いに最もいいが、糖尿病患者や胃の張りやすい人は食べてはいけない。スイカや糖分を多く含む果物は、腸内で消化されるのであって胃では消化されない。このことから、唾液と胃で消化をする何らかの食品とスイカを一緒に食べると、スイカは胃の中で非常に早く分解され、その後発酵しガスを発生するので、胃が膨らんだ感じになり、気持ちが悪くなる。このようなことから、スイカは他の食品とは別々に、空腹時に、あるいは他の食品を食べてから2時間後に食べるなどの注意が必要。

<バナナ>
 バナナは胃腸での消化が非常に遅く、胆嚢(たんのう)にも良くないので、冷え性体質や胃弱の人が食べるのはよくない。

<りんご>
 りんごは香りよく甘さも控えめだが、果糖や酒石酸がかなり多く、歯に対してかなり強い腐食作用があるので、食べた後はすぐに口をすすぎ、歯を磨くのが良い。

<パイナップル>
 パイナップルは腎炎水腫、高血圧、気管支炎の治療に効果がある一方で、一部の人には食べた後、アレルギーを引き起こすことがあり、食後15分ないし1時間前後で腹痛、むかつき、嘔吐、下痢などが現れる。同時にアレルギー症状がでて、頭痛、めまい、四肢および舌が麻痺する。ひどくなると、突然の昏倒や、ひどいときにはショック症状などが出る。このことから、パイナップルアレルギーの発症歴のある人は食べてはいけない。

<ライチ>
 ライチは脳の活性化を促す。しかしたくさん食べると、のぼせを引き起こし、体内の糖代謝の混乱をきたす。軽症の場合は、吐き気、汗、のどが渇く、だるいなどの症状が、重症の場合は、めまい、意識不明などの症状が起こる。特に子どもは大量に食べてはいけない。



ホテルなどにあるちょっといい中華料理店や日本料理屋なんかでは食後のデザートにかなりの確率でスイカが出てきますけど、食後のデザートとしては良くないんじゃん!

バナナは消化が良くてすぐエネルギーになるから食欲がない時とか病気の時にいいって、幼少の頃から聞かされていたんだけど、違うのぉ?

りんごが歯を腐食させるとは知らなかったよぉ。
すぐに歯磨き出来ない状況の時はどうしたらいいの?
食べるのを我慢するか、携帯洗口液を持ち歩けってこと?

しろちゃ時々、パイナップルを食べたら舌が痺れた感じになることがあるよぉ。
もしかしてパイナップルアレルギーだったの?
っていうか、パイナップルアレルギーって言葉初めて聞いたよ。

ライチをたくさん食べると逆上せるっていうのはよく聞く話だよね。
また、身体が火照ってしまうっていうのも。
でもさぁ、もうライチの季節なんて既に終わってんじゃんねぇ。
来年まで口にすることはないでしょう。

この記事、完全に信じていいのかどうかは分かりませんが、ちょっとでも気になった方は参考にしてみて下さい。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-09-06 20:33 | 食事

携帯電話が爆発 !?

中国で携帯電話が爆発するという事故があったと今朝のニュースで言ってました。
以前、大騒ぎになったS社製バッテリーのように発火ではなく、今回の中国での携帯電話の事故は爆発!だそうです。
どんな状態のときに爆発したんでしょうか?
通話中とかメール中だったら、さぞかしビックリしたでしょうねぇ。
携帯電話の持ち主は大丈夫なんでしょうか?

でも、なんで爆発したんでしょう?
水や埃が原因でショートした?
落としたときの衝撃?
規格外の充電器で充電したから?
規格外の大容量の充電池を使っていた?
いろいろなメーカーのパーツを組み合わせた自作品だった?
なんでもありのお国柄ですから、いろいろな推測が出来ますが、真実を知りたいです。

もしかしたらしろちゃの使ってるNOKIA製携帯電話も爆発する可能性がある?と考えたら怖くて仕方ありません。
今までそんなこと考えたこともなかったから。

日本にいるみなさんも、『だから中国製は危ないんだよ。』とか『中国製にはロクなものがないなぁ。』なんて言ってる場合じゃないですよ。
日本製だと思っていたものが全ての部品が日本製じゃない可能性大ですから。
それに、日本が世界に誇るあのS社だって、例の事故を起こしてますから。
確かに日本製はレベルが高いですけど、100%安全なんて保証はどこにもありませんよ。
今回の中国での事故みたいなことが、もしかしたら起こることもあると認識しておいて損はないですからね。
お気をつけ下さい。
私も気をつけます。(来週には忘れてそう・・・)


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-07-04 19:52 | 生活
今日の題名「劇症型A群溶血性レンサ球菌」とは?
その名前を聞いたことがありますか?(しろちゃはもちろん知りませんでした)
いったい何者なんでしょうか?

間違いなく一晩では覚えきれない、二日かけて覚えたとしても一週間後にはおそらく忘れているであろう、その「劇症型A群溶血性レンサ球菌」について調べてみました。

驚いたことにその物体は、通称「人喰いバクテリア」や「人喰い菌」と呼ばれているとんでもないヤツらしいです。
では、どんな風に恐ろしいヤツなんでしょうか?

劇症型A群溶血性レンサ球菌による感染症は1987年にアメリカで見つかり、その後ヨーロッパやアジアでも報告されているそうです。
この菌に感染すると数十時間以内に手足が痛み、やがて腐り始めて、ショックや多臓器不全(いろいろな臓器が働かなくなること)に陥るらしいです。
感染した場合の致死率は30~70%と言われているらしく、その数字は極めて高いですよね?

さらに恐ろしいことに、この菌は健康な30代以上の男女に突然発症するのが特徴とのことです。
厚生労働省の研究班によれば、妊婦がこの菌に感染すると特に進行速度が速く、致死率もかなり高いらしいです。
日本では1992年に千葉県で最初の患者が報告され、溶血レンサ球菌リファレンスセンターの調べでは、年間で数十人の患者が確認されているそうです。

劇症型A群溶血性レンサ球菌は、A群溶血性レンサ球菌の仲間らしいのですが、「A群溶血性レンサ球菌」すら知らないしろちゃには普通型と劇症型で何が違うのかさっぱり分かりません。

調べてみたところ、A群溶血性レンサ球菌は人の喉や皮膚に生息しており、冬場に特に小児に多く見られる咽頭炎の感染菌らしいです。(詳しく知りたい方はこちらをどうぞ)
つまり、元々人間が保有している菌で、それが悪さすることによって咽頭炎を引き起こしたり、劇症型に変化して発症すると患部を腐らせたりするってことです。
劇症型に変化しなければそれほど恐くはない菌なんですねぇ。

また、万が一劇症型に感染した場合でも、早い段階で見つかれば抗生物質などでの治療が可能とのことですので、単なる咽頭炎だけでなく手足も痛くなったと感じたら病院で診察を受ければほぼ治るみたいですよ。
人喰い菌なんていうから、感染したら死んじゃうんじゃないかと思ってドキドキしてましたが、意外とそうでもないってことが分かって安心しました。

中国で生活するようになってから、なんとなくあらゆる物や環境が不衛生に思えて手洗いやうがいをすることが以前よりも増えたしろちゃですが、こういった菌による病気に感染しないためにも意識しながら手洗いやうがいを頻繁にしていこうと改めて思いました。(手洗いやうがいに使う水そのものが衛生的かどうかは怪しいですけどねぇ・・・)

でもぉ、なんで「連鎖」じゃなくて「レンサ」なんだろね?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-31 19:43 | 健康

中国人的平均寿命

平均寿命に関する最新の統計結果によると、中国人は男性が71歳、女性が74歳だそうです。

この結果を知って、しろちゃは正直驚きました。
だって、もっともっと短命だとばかり思ってたんだもん。(決して中国や中国人を見下しているわけではありません)

確かに都市部は世界的にみても食生活面でも衛生面でも医療面でも他国に引けをとらないレベルに大発展していますけど、多くの農村部ではまだまだあらゆる面で劣っている状況ですから。
統計が都市部及び主要中規模地域だけの調査によるとはちょっと考えにくいですから、総合的に見るとこの平均寿命はとてもすごい驚きです。

今後、地方の発展が進むのは間違いないでしょうから、寿命は更に延びるでしょうね。
そうなるってことは、ますます中国の人口が増えるってことですよねぇ。
現在公表されている人口が13.1億人で、先日のぱーたいさん「ぱーたいさんの中国情報」によりますと、2020年にはどんなに増えても14.5億人に抑えると中国政府が人口抑制策を取るらしいのですが、これだけあらゆる面で著しく成長して過ごしやすくなってきている中国ではあと10年ちょっとでたった(?)1.4億人しか増えないなんて到底ありえないと思うのですが。
いくら一人っ子政策を続けても、罰金を払ってでも二人目・三人目を産む家庭もあるでしょうし、労働力人口の激減を防ぐために一人っ子同士の夫妻には二人目の出産を認めるということも政府が発表してますから、なかなか厳しい目標ではないでしょうか。
政府はいったいどんな対策を考えているんでしょうかねぇ?
薬の投与や手術で命が助かりそうな人に対して何もせず死なせたりする非人道的なことをこの時代にしたりは流石にしないでしょうし、して欲しくはありません。

増えすぎる人口を抑制することもある意味大切なのかもしれませんが、個人的には数十年後の労働力不足の方が心配です。
これからも中国は世界トップレベルでの経済成長を続けていくでしょうから、数十年後に人口抑制の反動が来てガクッと成長が止るなんてことになったら、それこそ大変なことが起きるような気がします。
その頃の世界は人材的にも国土的にも企業的にも資源的にも中国が首脳国になっているでしょうから、その中国がコケたらそれこそ世界恐慌に陥りそうで恐いです。
もしそうなれば日本や韓国など現在のアジア先進国もただならぬ影響を受けるのは間違いありませんから。

なんか珍しく真面目なことを書いてしまって、自分でもちょっとなんかいつもと違うぞ、って思っちゃいました。

それにしても中国人ってこんなにも長生きするようになったんだな~って驚きました。
40歳とか45歳で仕事を辞めて、子供に養ってもらいながら老後をのんびり過ごしたい、っていう声をよく耳にしますが、随分と長い老後生活(?)ですこと。
ちょっと羨ましいなぁ。
でも仕事してないとボケるのが早そう・・・。

ちなみに、香港人は男性が79歳で世界第二位(一位は意外な国!)、女性が85歳でこれまた世界第二位(一位は日本)だそうです。
確かに香港は医療も充実しているし衛生面もいいですから、病気になりにくい・病気になっても直す環境が整っているってことで若くして亡くなる方が少ないんでしょうね。
その他にも香港人は諸外国人よりも健康に対する情報への好奇心が強いってことも関係しているそうです。
でもでもぉ、香港人っていいもの食べてばっかりで贅沢な暮らしをしているイメージがあって、成人病とかの患者が多そうだから、そんなに長寿命っていう感じがしないんだけどなぁ。

尚、男性平均寿命が世界一位の国とはいったいどこでしょうか?
ちょっと意外ですよ~。
(もしかしたらこの国の存在を知らない人がいるかもね)


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-29 19:22 | 生活
産まれたときの体重が4000g以上の赤ちゃんを一般的に「巨大児」と呼ぶそうです。
日本でも時々この「巨大児」が産まれるそうですが、ここ中国でも最近増えているそうです。
しろちゃが中国で生活するようになってから感じていたことの中に、中国人ってなんて痩せてる・スタイルがいい人が多いんだろう(特に女性)、っていうのがあります。
まぁ、中にはぽっちゃりした人もいますが、日本人よりもいいスタイルの人が圧倒的に多いですね。

今日のニュースで発表があったのですが、ここ広東省のお隣の広西チワン族自治区で、なんと5450gもある赤ちゃんが誕生したそうです。
約5.5kgですよ。
一般的なペットボトル11本分ですよ。
凄すぎませんか~?

4000gで巨大児だったら、それより1.5kgも重いこの赤ちゃんはなんと呼ぶのがふさわしいのでしょう。
すぐに思いつくのは「超巨大児」ですが、それではあまりにも単純で面白みに欠けます。
では、「爆大児」っていうのは?
う~ん、これもちょっとヒネリが足りない?
じゃあ、「巨漢児」っていうのは?
面白くない?
なら、「ガリバー児」では?
可愛いネーミングじゃない・・・。
ということで、「熊猫児」にしましょう。
しまった、パンダって赤ちゃんのときはめっちゃ小さいんだった・・・。
しろちゃはセンスがなさそうなので、ネーミングは皆さんにお任せすることにします。

ところで、その5.5kgの赤ちゃんのお母さん、相当大変だったんでしょうねぇ。
日常生活も儘ならなかったことと思います。
赤ちゃんを産んだ後、自分の身体がとっても軽くなったことを実感してるんじゃないでしょうか?
でも、心配もあるんでしょうね。
どれだけ大きなお腹をしてたか分かりませんが、相当伸びきった皮膚が徐々に弛んでいくわけですから気をつけないと、しわくちゃのみすぼらしい姿になってしまいそうですもんね。
まぁ、そのとってもとっても大きな赤ちゃんがすくすく育ってくれればお母さんにとってはそれ以上のことはないんでしょうね、きっと。

それにしても、その赤ちゃんの写真を見てみたいです。
(本当に見たいのは出産以前のお母さんの方だったりして・・・)


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-21 19:43 | 生活
お待ちかね(?)のみなさん、それではこんなのあり~ぃ? (予告編)の続きをアップしますね。

五一連休に広州へ遊びに行って来た中国人スタッフを信じず鼻で笑ってたしろちゃが、最終的には謝ったこととは?



それは、広州にあるお店のことなんですが、その店内はこんな感じです。

d0097148_20533999.jpg
d0097148_20541649.jpg


いたって普通の店内だと思います。
マック(マクドともいう?)とかにある子供向けの装飾もありますねぇ。
ターゲットは小さい子供を連れた家族ってとこでしょうか?



続いては、そのお店が販売しているメニューの一部を。

d0097148_2055972.jpg
d0097148_20555040.jpg


ここはケンタ(タッキーともいう?)でしょうか?
でも、下のようなサイドアイテムもあるところをみると、マックっぽい気もしますねぇ。

d0097148_20562862.jpg


でもでも、下のようなメニューを見ると、鶏肉が多いですからやっぱりケンタっぽい。
しかも、衣がケンタのクリスピーチキンと激似。
マスコットキャラもニワトリさんだし。

d0097148_20571144.jpg


ちなみに、こんなクーポン券もあるそうです。
d0097148_20574928.jpg


ちょっとだけピザハットも意識してるのかい?
もう何でもアリの世界。
さすがに中国らしく、サラダは取り扱ってないのね。



そして、そのお店の外観がこちら。

d0097148_2058248.jpg
d0097148_20584297.jpg


いや~、ケンタでもマックでもありませんでしたねぇ。
ニワトリさんがマスコットキャラで、赤い壁がイメージの、ただのファーストフード店じゃないですかぁ。
これで、一件落着です。
中国人もファーストフード好きですからねぇ。





あれっ?
でも、どこが「こんなのあり~ぃ?」なの?
なんでしろちゃは中国人スタッフに謝ったの?





もう一度最初から写真を見てみましょうか。

子供が好きそうな店内。
ケンタっぽい取り扱いメニュー。
でもマックっぽいメニューもある。
なぜかピザまである。
(でもサラダはないのね。)
赤がイメージカラー。
指が4本しかないけど右手の親指をグッと立てて『イェ~イ!』って感じがするニワトリさんがキャラクター。
(メニューの方のニワトリさんはなぜ左手の親指?決まりはないのか?)

やっぱり普通のファーストフード店じゃん。
それにしてもMCKって、中国人には馴染みにくい名前だこと。





ちょっと待って!

麦肯基???



お分かりですか?
中国圏で生活されてる方ならお分かりですね?


マック = 当労

ケンタ = 


店内もメニューもほぼパクリなら、店の名前までパクってるじゃないのぉ!
ここまでやられたら、もうしょうがありません・・・。
ちなみにお味の方もパクられてるんでしょうか・・・?


別に訴えられるほどそっくりに模造しているわけではないですからねぇ。
よく似てるところが部分的に集まっただけですし。
しかも、広州だけで既に数店も展開してるみたいですから。
シンセンにはまだないですよね、確か・・・?


恐るべし、チャイナマジックです。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-11 21:48 | 生活
五一連休に広州へ遊びに行って来た中国人スタッフから眉唾ものの情報を耳にしました。

最初、なんか勘違いしてるんじゃないのこの子は?と思いました。
でも言い張ってきかないので、きっとしろちゃの中国語聞き取り能力のなさにガックリしつつも、その子が言ってることをなんとか理解してあげようと思って、紙に書かせました。
その紙を見て、しろちゃは自信たっぷりに、『そんなのあるわけないじゃん!』と鼻で笑ってしまいました。
やっぱりこの子は勘違いしてるんだ、と。

すると、その子はムキになって食って掛かってくるんです。
どうしても信じて欲しいみたいです。

呆れながらも『分かった、分かったよ。後で調べておくからね。』と言ってしろちゃはその子をなだめました。



休憩時間に調べてみて、マジでビックリ!

ごめんね~、疑ってホントごめんね~。

シンセンでは未だかつてお目にかかったことがないのですが、広州にはあるんですねぇ。
知らなかった・・・。



いったい何のことか?
それは、これを見てくれている人たちに期待させつつ、続きは明日ってことで。

どう?気になるでしょ~?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-10 20:51 | 生活