シンセンライフで感じたことをちょっと個性的な観点から自由に書いてます。・・・・・・だったんですが現在はベトナムでストレスとの戦いの日々を送ってますぅ。


by shirocha_tym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:初体験 ( 13 ) タグの人気記事

本来の姿、でも・・・

まだまだベトナムで悪戦苦闘三昧です。
基本的に土曜日は出勤日で、日曜日も休日出勤しなければならないことが多く、ここんとこほとんど毎日出社しています。
肉体的にもかなり疲労しているのですが、工場に行ったら行ったでトラブル対応に追われたり、こんなこと言ったら悪いのかもしれないけど子供並みの行動しか出来ないしょぼ~いワーカーに何度も何度も同じことを言って教育したり、甘えんぼのスタッフたちに檄を飛ばしたりで、自分がやるべき仕事がさっぱり手につけられない状態が続いてイライラしまくってます。
何事も思うように進まないのが外国での仕事の醍醐味なのかもしれませんが。


愚痴はその辺にしておいて、しろちゃがベトナムで先日ビックリしたことを。


d0097148_1553334.jpg


上の画像、誰が見てもバナナですよね。
そう、間違いなくバナナです。
でも、今まで食べてきたバナナに比べると、なんだか短くてずんぐりしています。
モンキーバナナとも違う感じです。

ベトナムに来てからバナナは2回食べたことがあるので、「こんな形のバナナも世の中にはあるんだぁ。」って感じで普通に皮を剥いて食べました。
それがこのバナナ、全然美味しくないの。
しかも、中に何かつぶつぶしたものがあります。

「ちぇっ、ハズレだったか。」と思ったしろちゃは、一番黄色くなってて熟してそうな違うバナナに乗り換えました。
ところが、そのバナナも美味しくな~い!
さらにまたまたつぶつぶ入り~ぃ!

2度続けて美味しくないバナナにあたって悔しいしろちゃは、【3度目の正直】にすがってみようと思い、さらに別のバナナに手を伸ばしたところで考えました。
『口に入れる前に確認しよう!』

キッチンからナイフを持ってきて、スパッ。
d0097148_2141985.jpg


果肉の中に変なものが見えるのが分かりますでしょうか?
これがつぶつぶの正体です。
ほじくって調べてみたら、こんなものが出てきました。

d0097148_2181486.jpg


種っぽいですぅ。
バナナに種って、ビックリです!
まぁ、バナナと言えども所詮は果物ですから物理的に種が存在してもおかしくありません。
というか種が存在して当たり前なんでしょう。
でも、バナナというものに対する固定概念からはかけ離れていたので驚きました。

バナナに対する見方が変わったしろちゃでした。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!


後日、ベトナム人から聞いた話によれば、しろちゃが食べたバナナは品種改良されていない本来の姿のバナナだそうです。
ベトナムで、道端や田んぼの淵にあちこち生い茂っているバナナの木は、植えられたものでなく自生しているものが多く、何も手を加えられていないのでしろちゃがビックリしたバナナと同じものとのこと。

今まで食べてきたバナナは品種改良されたものだったとは・・・。
また一つ、勉強になりました。
[PR]
by shirocha_tym | 2008-02-29 02:35 | 食事

テトの予定

中国で言う春節を悲しいことにベトナムで迎えてしまうことになりました。
日本に帰れないのであれば、せめてシンセンで春節休暇を過ごしたかったです。

ここベトナムでは旧正月のことをテトと呼びますが、そのテト期間中はほとんどの店が閉まっているとの噂を聞きました。
っていうか、しろちゃはどこで何を食べればいいの?
お菓子とかカップ麺の買い置きなんて一切してないんですけど。
わざわざタクシーに乗って2時間近くかけてハノイのホテル内のレストラン(そういうところはOPENしてるらしい)まで行かなきゃいけないの?
でも、田舎だから流しのタクシーだって休み取ってたりして・・・。
う~ん、これはかなり困ったぞぉ。

そうだっ!
ローカルスタッフの家に転がり込もう!
・・・・・よく考えたらローカルスタッフはほとんどが実家へ帰省中だし、その実家すらどこにあるのか分からないんだったぁ・・・・・。

思い切って国外へ出かけるにも、チケットも手持ちのお金もない。
今からでもなんとかなるものだろうか?

近場で過ごすには?
やっぱりネックは食事だなぁ。
寒いけど自転車でその辺をうろうろ探索しまくるしかないかな。
大げさだけど5日間を生き抜くためにはそうするしかない。
うん、そうしよう!

こんな感じで、人生初のテト孤独体験が今日から始まります。
とにかく死なないように頑張ります。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2008-02-06 07:29 | 生活

また新たな初体験

タイトル通りなんですが、また新たな初体験をしてしまいました。
それは、入院です。
なんとか今日退院することが出来ました。

先週の火曜日ぐらいからなんか熱っぽいなぁと思ってて体温を測ると37.5℃前後の微熱があって、それが2~3日続いてたんです。
比較的しっかり休息を取ってはいたんですが、一向に回復の兆しがなく、先週の土曜日に急に喉が痛くなりご飯も食べられないくらいになり、しかも高熱を伴う重症になってしまったのです。
その晩家に戻って熱を測ると、なんと38.8℃もあり、体温計のその数字を見て益々グッタリしてしまいました。

日曜日にはあまりの喉の痛さに水すら飲めなくなっていて、さらに声もほとんど出せなくなっていました。
さすがにこれはヤバイと、急遽病院へ行くことに。

先生の診断では扁桃腺が半端じゃなく腫れてしまっており、即入院しなさいと。
扁桃腺が腫れただけで入院?と思いましたが、この際しっかり見てもらおうということで期限未確定の入院に突入したわけです。
初めての入院、しかも海外で。
超ドキドキでしたよ。

検査用の血液採取をした後、抗生物質やら生理食塩水やらを次から次へと点滴され続けました。
常に体内に注射針が刺さっている状態ってホント嫌ですねぇ。
まず~い病院食も初めて食べましたが、これまたホントに不味い。
病室から出してもらえないもんだから退屈で仕方がない。(トイレが病室内になければ出れたのに~ぃ!)
マジで入院はもう懲り懲りです。

今までは、たまには入院でもしてみたいな~なんて気軽に思ってたけど、それはないものねだりってことが身をもって思い知らされました。
やっぱり、健康っていいですね、大切ですよね。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-12-20 20:40 | 健康

ベトナム初日の晩餐

一部の方には大変お待たせしている初越南奮闘記の続きを。

ベトナムを初めて訪れた日、現地工場の日本人全員(たった2人ですが)が私の歓迎会を開いてくれました。
連れて行ってもらったのは首都ハノイ市内にあるおしゃれなレストラン。
こんなたたずまいのレストラン。
       ↓↓↓
d0097148_21224651.jpg

どうです?
可愛らしい感じがしませんか?
私は店内に入る前からいい歳してはしゃいでました。

このレストランは本格ベトナム料理屋さんで、メニューは70%ぐらいがコースメニュー。
現地に駐在している2人は二月に一度ぐらいのペースで来て22USDのコースをよく食べているなのですが、その日は私の初越南歓迎と久しぶりの再会を祝すということで30USDのコースをご馳走してくれました。(ありがと~)

オードブルが来る前にまずはともかくBeerということで、ベトナムビールで舌鼓じゃなくて喉鼓。
d0097148_21314594.jpg

これは、ハリダビールです。
ゾウさんがトレードマークのようです。
そういえば、香港→ハノイのベトナム航空機内で飲んだビールの缶にもゾウさんの絵が書いてあったっけ。
他にもハノイビールとか、トラがトレードマークのタイガービールなどがベトナムでは有名なんだって。

ベトナムと言えば生春巻ですが、しろちゃは生まれてこのかた生は食したことがありませんでした。
初めて、しかも本場で食べましたが、まあまあこんなものかっていう感じ。
しろちゃ的には追加でオーダーした揚げ海鮮春巻の方が何倍も美味しかったです。
味音痴なのかな?

他にもいろいろ食べたのですが、春巻とビールの印象が強く残ってて他の料理の味は忘れちゃいました。
でも美味しかったのは覚えてます。
あっ、あとドクダミの葉っぱがいろんな料理に添えられていたことも。
後でいろいろ聞いてみたり調べてみたらベトナムではドクダミを食べるそうです。


今回はこの辺で。
世界どこへ行っても呑んべぇなしろちゃでした。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-08-21 21:48 | 越南
かなり久しぶりの更新になってしまいました。
しろちゃは今、しろちゃ人生初となる越南に来ています。

しばらく更新が出来なかった言い訳を・・・。
先週木曜日に急に越南工場の立ち上げ応援指令が日本本社社長から直々にあり、シンセン工場の総経理と相談した結果、今週水曜から越南への出張が金曜日に決まってしまったために、今抱えている仕事のまとめと引継ぎ(結局簡単な引継ぎに終わってしまいましたが・・・)と越南での支援業務の予習があって、夜遅くまでの仕事漬けの毎日でした。
夜中近くに夕食(?)をとってそれからアパートに帰ってシャワーをしてビールを飲んで寝る生活だったので、PCを開ける気力もなしだったんです。(夜中にもかかわらず更新されている方を尊敬します)

さてここ越南のハノイ近郊、確かに蒸し暑いですが思っていたよりは暑くもなくシンセンと同じような感じでちょっと拍子抜け。
さらに、ハノイ空港のあまりの小ささにビックリ!でした。
これでも越南の首都の国際空港なのぉ?って印象でした。
分かる人は少ないかもしれませんが、シンセン空港をもうちょっと小さくした感じ。
日本でいえば国際線がある地方空港をちょっとだけ大きくしたって感じでしょうか。

ハノイの街は首都であるにもかかわらず小ぢんまりとした街並みで、建物も比較的低いものが多く、街路樹が多く大きく生い茂っていて、すごくいい感じです。(行ったことはありませんが越南第2の都市ホーチミンの方がはるかに大きな街なんでしょうね)
ビル群が立ち並ぶシンセン市内とは大きな違いです。
しろちゃはハノイの街の方が気に入りました。
さすがは元フランス植民地だったということで街並みにはパリと似通った感じが漂っています。(しろちゃはパリには行ったことがあるんですよぉ)

まだまだ越南に関して書きたいことはあるんですが今日はここまでにします。
いつ書けるか分かりませんが続きはまた今度書きますね~。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!


「初越南悪戦苦闘中」ってタイトルにしたけど、悪戦苦闘について触れてないのはご容赦を・・・。
[PR]
by shirocha_tym | 2007-08-04 15:19 | 越南

小梅沙

先週末に会社の仲間で小梅沙へ遊びに行ってきました。
部内のスタッフの約7割が参加し、総勢50名近くの小旅行でした。
しろちゃは大梅沙には一度行ったことがあったけど小梅沙は今回が初めて。

土曜日の16:00に会社を貸切大型巴士で出発し、17:15ごろ目的地小梅沙に到着。
高速道路がかなり整備されてきていて予定よりも早く到着することが出来ました。

17:15ごろでもまだまだ日が高く、灼熱の太陽が照り付けていてと~っても暑かったです。
そんな中、幹事がもたもたしてしまったために入場券(20元/人)を買って中に入るまで1時間近くも待たされ、もう既に汗だく状態でした。
その間、ビールが飲みたくて飲みたくてしょうがなかったのですが、参加者兼スポンサー兼監視役のしろちゃがわがままを言ってては収拾がつかなくなるので我慢しましたよ。

やっと中に入園して、真っ先にバーベキュー広場へ移動。
大量の食材や水を運んでくれたスタッフたち、ご苦労さまでした。
店頭で炭と串を購入し、5つのグループに分かれて、炭に火が行き渡ったところで事前に買いこんで来た牛肉・鶏肉やとうもろこしなどの具材から各自好きなものを串に刺し網の上で焼いて好みの調味料をつけて食べまくりました。
しろちゃは当然、肉や野菜よりもまず先にビールを1缶飲み干したのは言うまでもありません。

1時間半ぐらいバーベキューで舌鼓を満喫した後は自由行動。
食べ続けるもよし、飲み続けるもよし、海で遊ぶもよしということで、各自バラバラに散っていきました。
初めて小梅沙に来た(というよりも海そのものが初めて)スタッフが大勢いて、みんな待ち望んでいたかのように浜辺へ繰り出してましたね。
しろちゃは荷物番も兼ねてバーベキュー広場でしばらく飲んだり食べたり飲んだりしてました。(飲みすぎ?)

21:00ごろに海で遊び疲れて戻ってきたスタッフに荷物番を代わってもらい、しろちゃも浜辺へ遊びに行きました。
みんな海の中でしばらく遊んでは浜辺で少し休んでまた海の中へ行ってました。
ホントに元気ですね~。
どこにそんな体力があるんでしょうか?
海が面白くてしょうがない?

しばらくして、バーベキューを楽しんでいたスタッフも荷物を持って浜辺へ降りてきました。
その後、しろちゃたち数名は借りた客房へ移動し貴重品を置いて、しばしの休憩の後ビールやジュースを買い込んでまた浜辺へ繰り出しました。
スタッフのほとんどが客房に戻らす一晩中遊ぶというので、監視役のしろちゃも浜辺で夜を明かす羽目に。
ござの上で時々仮眠を取るわけなんですが、小さい虫が汗をかいた肌にこれでもかっていうくらい張り付いてくるので全然休んだ気持ちがしなかったです。(幸い、蚊の類はいなかったようですが)
周りを歩く人が蹴り上げた砂がござに降りかかるし、おまけに足元が暗かったのか見知らぬ女の子に頭を蹴られるわで散々な一晩でしたが、スタッフのみんなが楽しそうな顔を見ているとそれなりに面白かったです。

翌朝、みんなで朝食を食べて、10:00ごろ迎えに来た巴士に乗って会社まで帰りました。
心配していた水難事故や所持品紛失や他人との揉め事などもなく、全員無事に戻ってこられたのが本当によかったです。
一晩中浜辺で監視した甲斐がありました。
しろちゃもそれなりに楽しかったですが、かなり神経をすり減ったし体力も使い果たしたので、会社からアパートへ戻ったらクタクタでシャワーを浴びてすぐに寝てしまいました。
日曜の午後を睡眠で無駄に費やしてしまいましたが、たまには会社のスタッフたちとこうやって遊ぶのもいいかな~なんて思いました。

それにしても中国人って夜中の海水浴ホントに好きみたいですね。
日本では夜中に海水浴なんて考えられません。(浜辺で花火をしたことや海をボォ~っと眺めたことはありますが)
昼間は暑くてすぐ疲れるから太陽が沈んだ夜から遊ぶのがここシンセンでは普通なんだそうです。
また、夜だと日焼けの心配がいらないから、女の子は特に夜を好むそうです。
そういえば、夜0:00を過ぎてからもわんさか人が来てましたねぇ。

誰でも遊べるけど周辺にほとんど施設や店のない大梅沙よりも、20元の入場料はかかるけど比較的管理されているし何でもある小梅沙の方がいいな~って個人的に思いました。
今度は少人数で遊びに行きたいですねぇ。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-25 20:43 | 娯楽

【暁。】

約1ヶ月半前にシンセン市龍華鎮に新規開店した日本料理屋【暁。】。
【暁】ではなく、最後に“。”がついた【暁。】というところが、日本料理屋なのになぜか“モーニング娘。”を連想してしまいますが“。”のその本意は分かりません。

オープンして間もない頃、新しい物好きの会社の人が行って来たというので感想を聞いたところ、「不味い」・「高い」・「遅い」と、吉野家のキャッチフレーズとは全く逆の酷評でしたので、しろちゃもなかなか行ってみようという気にならず一度も行ったことがありませんでした。
実は一度行ってみたことはありますが、その時はちょうど晩御飯のいい時間帯だったのになぜか店の中に薄暗~い絞られた照明しか灯っておらず、お客さんも見えないし、店員も2人しかいないし、店の看板にも明かりが灯っていなかったので、準備中か休業だと思い、結局店内には入らなかったのです。

つい最近弊社に中途入社された方と帰宅時間が一緒になり、食事に行こうということになってどこに行こうかという話をしていたら、初めての一緒の食事だしせっかくだから店も初めてのところに行こうということになったので、【暁。】デビューを体験してきました。

まず店内に入って驚きましたねぇ。
だって、ここ日本料理屋さん?って感じの内装だったから。
長テーブルと長ソファーが数セット、ちょっと高さのあるカウンター、オートバイのオブジェ(本物かも)、ふんだんな間接照明。
まるで喫茶店かバーにでも来たような錯覚に陥りましたよ。
(後で分かったのですが、奥に隠されたように座敷もありましたけど)

メニューも横に長い形をしていて、一般的な日本料理屋とは全然違うし、ますます喫茶店って感じでした。
料理はさすがに日本料理でした(当たり前ですね)が、言葉の使い方がちょっとおしゃれでした。

数品頼んで料理が出てくる間ビールを飲みながら、周りから聞こえてくるお客さんの声に耳を傾けていたのですが、中国語と広東語(たぶん・・・)ばっかり。
この店のおしゃれな感じが、中国人・台湾人・香港人を引き寄せているのではないでしょうか。
後で日本人も大勢来ましたけど、中国人も何人か来てましたよ。

で、いよいよ肝心の料理のお味ですが、会社の人から不味いと聞いていたのとは違って、なかなか美味しかったですよ~。
会社の人たちと味覚が違うのか、それとも1ヶ月間で味付けを変更したのか、は分かりませんが全然不味くなんかなかったです。
ちょっと異国チックのおしゃれな味付けなのでその辺が、年配の方の口には合わないのかもしれませんが、まぁそれは人それぞれですからねぇ。
ビールと日本酒を飲んでばかりだったので、あまり多くの料理を食べられなかったのが残念です。
今度行ったときは料理の方をメインで楽しみたいです。

料理が出てくるスピードもそれほど遅くなく不快感はありませんでした。
値段は料理の量からすれば確かに高いような気はしますが・・・。

しろちゃ的に勝手に評価すると、総合的にみてまた行ってみようかなってところです。
場所がちょっとばかり遠いのがネックですけどね。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!


あっ、そうそう、そこの店長、若くて背が高くてカッコイイですよ~。
店長を見に行くだけでもそれなりの価値はあるかも。
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-19 14:06 | 食事

眠~い!

昨日のことですが、と~っても眠かったぁ!です。
眠いときの会議やデスクワークほど辛いものはないですよね~。
瞼が下がってこないように、記憶が飛んでしまわないように、一日中必死でした。


日曜日に、よく行く日本料理屋さんが誕生日お祝い会を開いてくれて、いろんな料理を食べたし、ビールも大量に飲みました。
たらふく食べて飲んだ後に、誕生日ということで直径30cmくらいある大~っきなケーキをもらいました。
12等分(だいたいですが)に切り分けてお店の小姐たちと食べたのですが、5切れ残りました。
残りは小姐たちが下班した後にでも食べるように言ったのですが、彼女たちはしろちゃに食べて欲しいというかしろちゃが食べなきゃダメって言ってききません。
しろちゃが『料理をいっぱい食べたんだからもう食べられないよ~。』と言っても聞き入れてくれません。
なので、なんとか頑張って食べましたよ、3切れも追加で。(残り2切れはマジで食べられないので泣いて勘弁してもらいました)
全部で4切れも食べたってことは、1/3ホールも食べたってことですよ!
しかも、料理をいっぱい堪能した後にですよ!
普段だったら絶対に考えられないし実行出来ない・・・。

楽しかった誕生会を終えて23:00頃(4時間半もいたなんて・・・)アパートに帰ったのですが、その後問題が!

ケーキの食べすぎで口の中が甘~ったるくなっていたので、苦~いコーヒー(インスタント)を飲みながら、食べすぎで苦しいお腹を休めるためテレビを眺めてました。
1時間経って日付が変わった頃、お腹も少し楽になったし明日からまた仕事だしと思い、お風呂に入りました。
体を洗っているときになんだか胃の辺りが痛くなってきました。
いっぱい食べて飲んだものが消化されれば次第に胃も楽になるだろうってぐらいに思いながら体を洗い続けました。
お風呂の後、1時間ぐらいなんだかんだしてたのですが胃の痛みは消えません。
でも寝てしまえばそんな痛みも気にならなくなるだろうし、そのうち消化もさらに進むだろうと思い、ベッドで横になりました。

ちょっとウトウトし始めた頃から胃の痛みが大きくなってきたのですが、もう夜も遅いしこのまま眠ってしまおうとそのまま目を瞑っていました。
それから15分しても30分しても胃の痛みのために眠ることが出来ません。
しかも、痛みが益々ひどくなってくるではないですか!
これはさすがにちょっとヤバイ!って思い、起き上がって胃腸薬(日本から持ってきていた常備薬)を飲みました。(胃腸薬のラベルには食後30分以内に飲むよう書いてあるので既にかなり遅いのですが・・・)

それから30分経っても1時間しても痛みが治まる気配はありません。
それどころかひどくなるばかり。
もしかして単なる胃痛じゃなくて盲腸?とも思いましたが、時間的に3:00ぐらいの真夜中だったので、我慢出来るところまで耐えて朝になっても変わらないようだったら病院へ行こうと考えながら必死にベッドの上でのた打ち回っていました。
その間も痛みが断続的に続くし変な汗もいっぱい出てくるし、自分の身体は本当に大丈夫なんだろうか?と不安になって怖かったです。

朝6:30頃から痛みが和らいできたので、いつもの月曜日通り出社しましたが、結局一睡も出来ませんでした。(ちなみに、痛みがなくなったと感じたのは9:30ぐらいだっと思う)
というわけで、仕事や遊びでの徹夜ではなく、突然起こった異変で徹夜させられたために、辛~い辛い2日間を過ごしたしろちゃです。

だけど、いったい何が原因だったんだろう?
食べすぎ?
飲みすぎ?
着色料た~っぷりのクリーム?
コーヒー?
こんな激しい胃痛は初めての経験なので、たぶんケーキそのものかケーキと何かの組み合わせだと思うんだけど。


ところで、いつも思うのですが、中国人って顔や首にクリーム塗りつけて遊ぶのホントに大好きですよね~。
特に鼻の頭が好きみたい。
もちろん、しろちゃもあちこちに塗り付けられました。
拭いても拭いてもしつこくやられてきました。
ちょっと頭にきてたけど、お遊びで腹を立てても大人気ないし、年に一度のことだし、せっかく誕生会を用立ててくれた小姐たちにも楽しんでもらえたし、そこは顔で笑って耐えました。
今度、小姐の誕生会ではやり返そうと企んでいるんですけどね。(待ってなさいよ~ぉ)


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-12 20:49 | 生活
今日は過去の失敗談を。

約4ヶ月前の去年の12月。
日本に一時帰国するたびに買い込んでは密輸ならぬハンドキャリーをしていたボディーソープがついに在庫切れになってしまいました。
原因は前回帰国時にシャンプーとコンディショナーをいつもより多めに買い込んだことと、中国の日本食材屋では手に入らない日本酒を買ったことによって、スーツケースはパンパンになるわ、重すぎて持ち上げられなくなりそうだったので、その中では優先度の低いボディーソープを一つ置いてきたためです。

いくら12月とはいってもここシンセンではまだまだ大量の汗をかくことも多く、ボディーソープなしのシャワーなんて考えられません。
かといって、シャンプーで洗うのもちょっと・・・。

ってことで仕方なくいつも行くスーパーで買うことにしました。
中国でボディーソープを買うのは初めてですし、もちろん中国製を使うのも初めて。

売り場にはいろいろな銘柄があって、どれにしようかすごく悩みました。
気がつくと、たかがボディーソープを選ぶのに15分もかけてました。
結局、肌によさそうで値段もそこそこなものを買って家に帰りました。

数日後、ポンプに残っていた日本製のボディーソープも使いきり、いよいよ中国で買った中国製のボディーソープの出番がやってきたのです。
いつものようにシャワーで汗を流した後、ボディータオルにボディーソープをポンプ2回分の量垂らし、グシュグシュと泡立てました、というか泡立てようとしました。
しか~し、これが全然泡立たないっ!
なので、ポンプをもう1プッシュしてボディーソープを追加。
それでも泡立ちがよくない・・・。
結局、昨日までの日本製と同じくらい泡立てるのにはポンプ5プッシュ分の量が必要だと分かりました。(なんて不経済的なんでしょう)

十分泡立ったところでいよいよいつもように左腕からゴシゴシ。
左腕が終わったら右腕へ。
右腕をゴシゴシし始めたところで異変に気付きました。

左腕がやたらとス~ス~するぅ・・・。

隙間風でも入ってきたのかなぁ。
でも、背中とか脚とかは別になんともないし・・・。

・・・・・。
・・・・・・・・・・。

チラッ。


薄荷清凉沐浴露 ってポンプに書いてある。


やってしまった・・・。

薄荷です、清涼です。
ス~ス~しないわけがありません。
ゴシゴシすればするほどス~ス~します。
12月なのにぃ・・・。

買ったときは確かその陳列棚には花の香がするやつが並んでてそれを手に取ったはずだったんだけど・・・。

その日は仕方ないのでス~ス~するのを我慢して洗いましたよ。
次の日もその次の日も加班続きだったので新しいやつを買いに行けず、我慢してス~ス~しながら入浴。
ようやく3日後になんとか新しいやつを買えました。

今となっては悔しいというか情けないというか、思い出話になったのですが、その当時はちょっと凹みました。
でも、先月のものすごく蒸し蒸しして暑かった日に薄荷のやつ使ったらすごくさっぱりして気持ちよかった~。
暑い日のシャワー時に薄荷清涼ボディーソープはなかなかいいですよ。



その失敗後、買い物するときはいつも商品をよ~く見てから買い物カゴに入れるようにしています。



人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-04-26 20:07 | 生活

そこまでするの?

久しぶりに更新します。

おとといから日本にいます。
シンセンに比べると日本はやっぱり寒~い。
でも今年は暖冬なので周りの人たちに言わせると暖かいそうです。
シンセンの気候に慣れてしまったしろちゃにはハッキリいって辛いです。

いやぁ、当たり前かも知れませんが、
やっぱり日本のごはんは何食べても美味しいですね~ぇ。
シンセンでよく行ってる日本料理屋もそこそこ美味しいのですが、
生まれ育った環境の味付けにはやはりかないませんね。
身体全体がふるさとの味を遺伝子的に覚えてるんでしょうね、きっと。

さて、タイトルのお話ですが、
おととい成田空港で初めての経験をしてビックリというか呆れてしまいました。

帰国スタンプをパスポートに押してもらってバゲッジブースへ。
数分後、キャリアケースを取り税関検査へ。

検査員 『パスポートをお願いします。』

しろちゃ 「はい、どうぞ。」

検査員 『どこからのご帰国ですかぁ?』

しろちゃ 「香港からです。」
       (本当は香港経由中国からだけど)

検査員 『ご旅行ですか?』

しろちゃ 「いえ、仕事です。」
       (パスポート見てるんだったら就労ビザが見えてるはずでしょ)

検査員 『お疲れ様でした。
       では、何か申告が必要なものはありませんか?』

しろちゃ 「いえ、特にありません。」

ここまでは普通ですよね。
念のためということでカバンやキャリアケースを開けて下さいって言われたら、
面倒だなぁと思いつつ(だって早く次の電車に乗りたいんだもん)、
検査員の次の一言を待ってると、意外な言葉が!

検査員 『では、靴を脱いで下さい。』

しろちゃ 「えっ???、シェンモイースー???」

しろちゃ 「あ、あのぉ、どうしてですか?」

検査員 『念のためですから。』

しろちゃ 「まぁ、別にいいですけど・・・」
       (なんか恥ずかしいなぁ・・・、早く終わって帰らせてよぉ)

検査員はシューズの中のソールの裏や、
底や側面をじろじろと見ていましたけど、
臭いですねぇなんて言われたらどうしようなんて思いながら待ってました。

検査員 『はいどうぞ。ご協力ありがとうございました。』

しろちゃ 「あの~ぉ、何してたんですか?」

検査員 『最近中国方面から来る人って・・・、ちょっと。』

しろちゃ 「ちょっとってなんですか?」

検査員 『もう行っていいですから、お疲れさまでしたぁ。』

しろちゃ 「・・・・・。」
       (協力してあげたんだから教えてくれよ~ぉ、ケチ!)

たぶん、ドラッグ関係を隠していないか確認してたんじゃないかと思います。
シューズや帽子の内側に縫い付けて密輸するって噂を聞いたことがあります。
そういうことする人がいるから、他の人まで疑われちゃうのよね。
もう勘弁してください、恥ずかしいったらありゃしない。
ボディチェックならまだしも、シューズ脱げなんて失礼極まりないです。

ということで、久しぶりの日本でのいきなりシューズを脱がされたしろちゃでした。
みなさんはこんな経験あります?

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-02-23 11:24 | 日本