シンセンライフで感じたことをちょっと個性的な観点から自由に書いてます。・・・・・・だったんですが現在はベトナムでストレスとの戦いの日々を送ってますぅ。


by shirocha_tym
カレンダー

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

岩盤浴

日本の友人が岩盤浴というものを体験してきたそうです。
最初は温度の低~いサウナみたいでたいしたことなかったらしいのですが、そのうち身体の芯からポカポカしてきてと~っても気持ちが良かったって言ってました。
シャワーを浴びてからあがった後でもしばらく身体が火照ってる感じが続いてもぉ最高だそうです。


遠赤外線効果ってやつでしょうか?
ってことは七輪の炭火で焼かれた焼肉や秋刀魚、秘伝のタレをつけて表と裏を何度もひっくり返して焼かれたうなぎの蒲焼と一緒ってことですかぁ?(おっ、美味しそう、ジュルジュル)


会社の人と話してたら、ここシンセンにも岩盤浴が出来るところがあるそうですね~。
福田区かその近辺にあるらしいのですが、どこにあるんだろ?
それと料金はいくらぐらいするんでしょ?
しろちゃも一度は体験してみたいものです。
華南のここシンセンでも特に最近は涼しくなってきましたからねぇ。


ところで、岩盤浴って低温火傷とかないのかな?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-10-20 19:38 | 娯楽

乾電池に関する疑問

昨夜テレビのリモコンが反応しにくくなっていることに気付きました。
電池を交換しただけで直ったんで、もうすぐ電池切れになりそうだったというだけのことなんですけどね。


乾電池を交換した後にふと疑問に思ったことがあるんです。
それは、乾電池の電気に重さってあるの?ってことです。
言い換えれば、新品時と使用後では乾電池の重さが変わるのか?ということ。


別に分かったところで生きていく上では何の役にも立たないですし、知ってなくてもどぉ~ってことないんですけどね。
でも、一度気になりだしたら気になって気になってしょうがないのがしろちゃ。
そして、そういうどうでもいい雑学がまた好きなしろちゃ。


中学生か高校生の頃に、なんとか水溶液に電極を浸して電気分解の実験をした覚えがありますが、片方の電極は重量が増え、もう一方は重量が減ったはず。
でも、乾電池の場合は密封容器の中に+物質と-物質が閉じ込められているので、乾電池全体としては重さは変わらないような気がします。
それとも、乾電池内の電気が減る(こんな表現でいいのかな?)んだから軽くなるんだろうか?(電子にだって極めて小さ~いけど質量って存在するでしょうし)
新品の重さを量ってから乾電池を使いきって使えなくなったときにまた量ればいいのでしょうが、電池がなくなる頃にはきっと忘れちゃうような気がします。


一般的な乾電池以外のボタン電池(電子体温計や昔の携帯ゲーム機やスウォッチに入ってる電池)や、充電可能な乾電池の場合はどうなんだろう?


どうでもいいけど今無性に気になって仕方ありません。
誰か知ってる人いませんかぁ?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!


ところで、マンガン乾電池とアルカリ乾電池って、構造も作り方も全然違うんですね!
今日初めて知りました・・・。
ここを見て → 乾電池のお話
[PR]
by shirocha_tym | 2007-10-18 20:02 | 疑問

メガ牛丼

日本のすき家が「メガ牛丼」なるものの販売を開始したらしいですね。

ここ半年?一年?でボリューム満点商品が続々と登場してきていますが、すき家もその波に便乗してきたってとこでしょうね。
それにしてもメガ牛丼ってネーミングはどうにかならないものなんでしょうか?
なんでもかんでも“メガ”ってつければいいってもんじゃないと思うのですが。
並盛・大盛・特盛が既に存在しているんだから、せめて○盛っていう名前を選択して欲しかったですね。



で、そのメガ牛丼、これがまたすごいらしいです。
大盛のご飯の上に、並×3倍分の牛肉!が盛り付けてあるんだって。
d0097148_16372175.jpg
                    左が並盛、右がメガ牛丼。



デカ過ぎ!
これだけ食べりゃそりゃお腹いっぱいになるわ~、っていうか食べきれるかどうか・・・。
量もさることながら肉が多すぎて途中で飽きちゃいそうじゃないですか?



さて、気になる熱量の方ですが、なんと1286kcal !!もあるそうです。
まぁ、これだけ肉食べればそんなもんでしょうねぇ。
そのカロリーをジョギングで消費しようとしたら、2時間も走り続けなきゃいけないというのにもまたビックリ!
そんな長時間走ることなんて一般人には不可能なので、結局は大部分のカロリーが体内に脂肪という形で蓄積されてしまうわけなんですね。

シンセンにはすき家がない(はず・・・)ので出くわすことはありませんが、吉野家が対抗してくることも十分考えられます。
シンセン赴任生活でただでさえ外食やお酒を飲む機会が多くてカロリー摂取量が多いのに、こんなものが身近に現れたら益々危険です。
でも、見かけたらきっと誘惑に負けちゃうんでしょうけど。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
   ↑ ↑ ↑
最近かなり落ち込んでいるので、応援して下さ~い。
[PR]
by shirocha_tym | 2007-10-17 17:02 | 食事
いい加減、続きを書かなくては・・・、と思いつつもなかなか書くことが出来ませんでした。
というよりは書かなかったと言うべきでしょうか。

ハノイ市内観光中に見つけた池の中に浮かぶ(?)小島に建っている塔の近くにあったお寺に入ってすぐ隣の部屋にできていた人だかりとフラッシュの嵐の理由とは?
隣の部屋ではいったい何が起きていたのか?
いったい何があったのか?





人々を虜にしていたその正体とは・・・・・?





人ごみの背中越しに見ようと必死に頭を左右にずらしたり、頭越しに見ようとその場でジャンプしてみたりとちょっぴり真剣だったしろちゃ。
傍から見たらきっと変な人に見えていたんでしょうね・・・。

前の方にいた人たちも見飽きたのか写真も撮って満足したのか数分後にはほぼいなくなり、その物体はいよいよしろちゃの視界に姿を現しました。



そこにいたのは・・・・・。



亀。



といっても動くわけでもなくただちょっとおしゃれな展示ケースの中でじっとしている亀。
そう、剥製です。
しかし、この亀の剥製、只者ではありません!
見た瞬間、しろちゃも思わず『おぉ~!』と言葉が漏れちゃいました。



思わずデジカメで撮っちゃいました。
それがこれ。
   ↓
d0097148_2011724.jpg


光の方向が悪かったのとしろちゃの撮影が下手くそだったこともあって上手く撮れてませんでした。
なので、別の方向から、更にアングルも変えて再チャレンジ。
               ↓
d0097148_20133767.jpg


この大亀、全長が約2メートルもあるそうです。
でかいはずだわ・・・。

資料によると、1968年にこの湖(ホアンキエム湖)で捕獲され、還剣伝説の亀ではないかと人々に信じ続けられているそうです。
いったい何を食べてこんなに大きくなったんでしょう?
こんなに大きく成長するまでいったい何百年行き続けていたのでしょう?
鶴は千年、亀は萬年とは昔からよく言うけど・・・。


ガメラの実写版ってとこでしょうか・・・。
亀仙人もビックリ?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-10-16 20:28 | 越南
しろちゃも何度か行ったことがあるし、ぱーたいさん/慎さん率いる『華南組』のオフ会会場にも二度なった、おしゃれな日本料理屋【暁。】でこんなキャンペーンをやっています。
              ↓  ↓  ↓
暁。洋風(小)祭り

深圳でご活躍の皆様、日々のお仕事お疲れ様です。
国慶節も過ぎ、これから年末に向け忙しい日々が続くかと存じます。
そこでお休み明けの第1弾企画として、暁。では洋風料理を展開させて頂こうと思います。
中には海外から取り寄せた食材を使用したり、ワインも数量限定では御座いますがご用意しております。
食材やワインに数限りがあり中途半端になってしまうかも知れませんが、中々「深圳」・「龍華」では食べられない・飲めないものをご用意させて頂いております。
日頃のご厚情を感謝致しますと共に、今後ともお誘い合わせの上お越し下さいます様宜しくお願い致します。
以下、洋風祭りおすすめ料理以外の料理に関して、20%OFFを実施しております。
※刺身・寿司除く

鮭とイクラのポテトサラダ   38元
  焼き鮭入りのポテトサラダを型抜きし、そのサラダの上にイクラを乗せた一品。

チーズ(フィリピン産)のせクラッカー   20元
  フィリピン産のチーズをクラッカーの上に申し訳程度に乗せたおつまみ。

チョリソー(ブラジル産)   35元
  ブラジル料理屋の社長自ら指導し作らせたブラジルチョリソー。

グラタン   38元
  マカロニは中国産を使用せず、レシピは暁。完全オリジナルで作りました。

明太子スパ   40元
  イタリア産スパゲッティーを使用したシンプル明太子スパ。

鉄板牛肉ステーキ   60元
  当店の焼肉用牛肉を使用しますので、海外より取り寄せた高級牛肉を使用しております。



※数量限定10本!!(少なくてすみません)

AMORE「MERLOT」   イタリア産赤ワイン   230元
  渋みがあまりなく、口当たり爽やか。
  女性でも比較的飲み安いワインで、深圳ではなかなか手に入らない一品です。

GREAT WALL   国産白ワイン   60元
  国産ワインの中では飲みやすいワインです。
  値段を低めに設定。お気軽にどうぞ。


<上記メニューやコメントは暁。さんの案内の原文を使用させて頂きました。>



しろちゃは昨夜会社の人と一緒に早速行ってきました。
グラタンとワイン以外は上記お薦めの品全てを堪能しました。
どれもとっても美味しかったですよぉ。
お店のママが、「フィリピン産のチーズはフィリピン人が持って来たんだよっ!」って言ってましたが、それってホントですか?昨日のしろちゃは信じてませんでしたけど。


店の雰囲気も良くて料理も美味しくて行く度に満足してるしろちゃですが、昨夜はそれ以上の喜びがありました。
イケメン店長:ヒデさんとたくさんお話出来たことです。
まだ一度しかお会いしたことありませんが、LさんやPさんのお名前を出すとお二人についていろいろ話をしてくれました。(勝手にお名前出してすみません)
料理人Sさんの話になったとき、しろちゃがまだ一度も十与次には行ったことがないけど是非行きたいんです(店長に違う店の話をするしろちゃも失礼なやつ?)ってなことを言うと、ヒデさんも行きたいんだけどまだ行ってないそうで、今度一緒に行きますかぁ!とお誘いしたかったのですが、こんなに長い間お話したのは初めての間柄で親しくなりすぎるのもあれかと思い(ヒデさんは店長として客であるしろちゃとの会話に付き合ってくれてただけかもしれないしね)、しろちゃの心の中でひっそりと呟いておきました。
イケメン店長と少しお近づきになれたような気がして嬉しかったです。
こうやって、中国華南地区で知り合った日本人が一人一人増えていくのってなんだか不思議な感じがしますけど、嬉しいものですね。
だって、日本にいたら絶対に知り合うことがなかったわけですから。



あっ、そうそう。
【暁。】さんの洋風(小)祭りは14日(星期日)までだそうですので、興味がある方はお早めに。



人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-10-09 21:24 | 食事

久しぶりの○○

昨夜、無事(?)中国はシンセンに戻って来ました。
香港やシンセンは10月になっても相変わらず暑いですねぇ。
そして蒸してますねぇ。
香港空港を出るなりグッタリしてしまいました。
巴士に乗って、KCRに乗って、イミグレ2ヶ所通って、タクシー乗って、日付が変わった後にようやくアパートに辿り着きました。



久しぶりに日本へ一時帰国してきました。
久しぶりの日本で風邪引いてきました。(一時帰国直前に友達や親に聞いてた話では日中はまだ30℃近くあって夏みたいだし、みんなまだまだ半袖着てるよ、ってことだったのに、しろちゃが日本に着いた日から急に季節が変わったように寒くなってその日は最高気温18℃の激寒。それなのに半袖姿のしろちゃ。周りから変な目で見られてました。鞄を肩に掛け、重いスーツケースを転がしながらこっちからそっちへ、そっちからあっちへ移動しまくってたので身体は火照っていたので大丈夫だろうと思っていたのですが、た~くさんかいた汗がよくなかったのでしょうねぇ。速攻で翌日には熱は出るわ、くしゃみは出るわ。風邪引くために日本に一時帰国したわけじゃないんだぞ~ぉ。日本でやりたいこともっともっとあったんだぞ~ぉ。2日間も貴重な時間を布団の中で浪費してしまいました。)
でも、久しぶりに友達と会ってご飯食べてきました。
久しぶりに親と杯を交わしてきました。
久しぶりにお袋の味を堪能してきました。
久しぶりにクルマの運転をしてきました。
日本研修中の中国人スタッフにも久しぶりに会ってきました。
久しぶりにコンタクトレンズを新調してきました。
久しぶりに大金を消費してきました。


中国での赴任生活では出来ないこと・味わえないことがいっぱ~いありました。
どれもが久しぶりのせいかとっても新鮮に感じました。
やっぱり日本人には日本が一番いいですねぇ、っていうか心も身体も日本が一番安らぎますねぇ。(今までずっと日本にいた時は思いもしなかったことですが・・・。)



今日からはまた、ここ中国はシンセンで頑張るぞぉ!って自分に気合を入れてます。
だけど、何よりも早くこの風邪治さなきゃ・・・。
咳がひどくて夜中に苦しくて何度も起きてしまうのです・・・。


ちなみに、久しぶりのブログ更新でした。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-10-08 21:06 | 日本