シンセンライフで感じたことをちょっと個性的な観点から自由に書いてます。・・・・・・だったんですが現在はベトナムでストレスとの戦いの日々を送ってますぅ。


by shirocha_tym
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

10歳の誕生日

今日で6月も終わりですね。
ということは2007年の半分がもう終わったってことですよね。(中国の今年の春節は2/18と例年より遅かったので、中国ではまだ3分の1ちょっとしか経っていませんが)

明日7月1日は、シンセンのお隣の香港が英国から中国に返還されて10年を迎える一つの節目の日です。
中国国家主席の胡錦濤も現在香港を訪問してますし、多くの中国人も香港へ遊びに行っているでしょう。
週末と重なるということもあって相当の人数が香港になだれ込んでいるそうです。
きっと、イミグレはすごいことになっているんでしょうねぇ。

最近ずっとテレビでも香港返還10周年関連の番組やニュースを見かけますが、ここシンセンで生活しているとそういう実感がありません。
テレビでそういうニュースを見ると「あぁそうなんだなぁ」って思いますが、外や街でもそういう雰囲気をかもし出しているものを全く見かけません。
そんな状況の中で身近に感じたのが、香港事業所からのメール。
『7/2(月)は、7/1香港特別行政区成立記念日の代休日のため、香港事業所は終日クローズします。』
つまり、電話もメールも受け取らないよ~、お休みなんだも~ん、っていうことです。
うちの会社、香港だけは完全週休2日制で日本本社よりも休日が多いんです。
おまけに今回みたいに月曜日も何かの代休になることが多く、3連休が結構あるんですよ~。
ただでさえ休日の少ないシンセン工場から見ると、めっちゃ羨ましいです。
香港とシンセン、すぐ近くに位置してて同じ中国なのに、この休日の違いはなんだぁ?
社長~、せめて土曜日の休日を少し増やして下さいよ~。
もしくは、残業手当と休日出勤手当ってものをつけて下さいよ~。(うちの海外赴任者は固定給で一切手当というものがありません。定時で帰って休日出勤しないのが一番効率がいいのだけど、業務責任だけは重く、サービス残業や自主休日出勤が当たり前の世界なんです。)

ちょっと愚痴っぽいことを書いてしまいましたが、明日7月1日は香港ではもちろん、中華人民共和国にとっても記念すべき大事な日ですので喜ばしいことです。
そんな日に大きな揉め事やテロなどの事件が起こらないことを祈りたいですね。
香港特別行政区、10歳のお誕生日おめでとう!


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!


ちなみに、7月1日は日本では富士山の山開きの日ですが、今年は残雪が多く登山道の確保が出来ておらず、数年ぶりに山開きが遅れるとかという噂ですが、どうなったんでしょうね?
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-30 20:18 | 香港

頑張ってるんです

ここ最近は連日睡眠時間が3時間ほどとなってしまい、身体に元気がなくなってきているのが自分でも分かるくらいです。
睡眠時間を削って遊んでいるわけではなく、仕事が忙しすぎて睡眠が取れないのです。
食事時間すらロクに取れていません。

この状態があと2~3日続いたら絶対に倒れるだろうなぁって心配していたのですが、今日は久しぶりに早く帰ることが出来そうです。
ってことはまだ下班してない?
そうなんです、会社からの投稿です。

会社からブログしている時間があったら早く帰ればいいのに~、って思われても仕方がないのですが、会社の送迎車の時間までまだあるし、明日でもいい仕事を既に1件やってしまったので、こうやって記事を書いてるわけです。(もちろんコソコソと)
送迎車の時間が来るまでに飛び込みの仕事が入りませんように、って祈りながら。
こういうときが結構危険ですからねぇ。
今日だけは早く時間が過ぎて欲しいものです。

今晩はたっぷり寝るぞ~!
でも、アパートに帰ったらなんだかんだで起きてて、結局いつも通りに日付が変わらないと寝ないんですけどねぇ。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-28 19:54 | 仕事

小梅沙

先週末に会社の仲間で小梅沙へ遊びに行ってきました。
部内のスタッフの約7割が参加し、総勢50名近くの小旅行でした。
しろちゃは大梅沙には一度行ったことがあったけど小梅沙は今回が初めて。

土曜日の16:00に会社を貸切大型巴士で出発し、17:15ごろ目的地小梅沙に到着。
高速道路がかなり整備されてきていて予定よりも早く到着することが出来ました。

17:15ごろでもまだまだ日が高く、灼熱の太陽が照り付けていてと~っても暑かったです。
そんな中、幹事がもたもたしてしまったために入場券(20元/人)を買って中に入るまで1時間近くも待たされ、もう既に汗だく状態でした。
その間、ビールが飲みたくて飲みたくてしょうがなかったのですが、参加者兼スポンサー兼監視役のしろちゃがわがままを言ってては収拾がつかなくなるので我慢しましたよ。

やっと中に入園して、真っ先にバーベキュー広場へ移動。
大量の食材や水を運んでくれたスタッフたち、ご苦労さまでした。
店頭で炭と串を購入し、5つのグループに分かれて、炭に火が行き渡ったところで事前に買いこんで来た牛肉・鶏肉やとうもろこしなどの具材から各自好きなものを串に刺し網の上で焼いて好みの調味料をつけて食べまくりました。
しろちゃは当然、肉や野菜よりもまず先にビールを1缶飲み干したのは言うまでもありません。

1時間半ぐらいバーベキューで舌鼓を満喫した後は自由行動。
食べ続けるもよし、飲み続けるもよし、海で遊ぶもよしということで、各自バラバラに散っていきました。
初めて小梅沙に来た(というよりも海そのものが初めて)スタッフが大勢いて、みんな待ち望んでいたかのように浜辺へ繰り出してましたね。
しろちゃは荷物番も兼ねてバーベキュー広場でしばらく飲んだり食べたり飲んだりしてました。(飲みすぎ?)

21:00ごろに海で遊び疲れて戻ってきたスタッフに荷物番を代わってもらい、しろちゃも浜辺へ遊びに行きました。
みんな海の中でしばらく遊んでは浜辺で少し休んでまた海の中へ行ってました。
ホントに元気ですね~。
どこにそんな体力があるんでしょうか?
海が面白くてしょうがない?

しばらくして、バーベキューを楽しんでいたスタッフも荷物を持って浜辺へ降りてきました。
その後、しろちゃたち数名は借りた客房へ移動し貴重品を置いて、しばしの休憩の後ビールやジュースを買い込んでまた浜辺へ繰り出しました。
スタッフのほとんどが客房に戻らす一晩中遊ぶというので、監視役のしろちゃも浜辺で夜を明かす羽目に。
ござの上で時々仮眠を取るわけなんですが、小さい虫が汗をかいた肌にこれでもかっていうくらい張り付いてくるので全然休んだ気持ちがしなかったです。(幸い、蚊の類はいなかったようですが)
周りを歩く人が蹴り上げた砂がござに降りかかるし、おまけに足元が暗かったのか見知らぬ女の子に頭を蹴られるわで散々な一晩でしたが、スタッフのみんなが楽しそうな顔を見ているとそれなりに面白かったです。

翌朝、みんなで朝食を食べて、10:00ごろ迎えに来た巴士に乗って会社まで帰りました。
心配していた水難事故や所持品紛失や他人との揉め事などもなく、全員無事に戻ってこられたのが本当によかったです。
一晩中浜辺で監視した甲斐がありました。
しろちゃもそれなりに楽しかったですが、かなり神経をすり減ったし体力も使い果たしたので、会社からアパートへ戻ったらクタクタでシャワーを浴びてすぐに寝てしまいました。
日曜の午後を睡眠で無駄に費やしてしまいましたが、たまには会社のスタッフたちとこうやって遊ぶのもいいかな~なんて思いました。

それにしても中国人って夜中の海水浴ホントに好きみたいですね。
日本では夜中に海水浴なんて考えられません。(浜辺で花火をしたことや海をボォ~っと眺めたことはありますが)
昼間は暑くてすぐ疲れるから太陽が沈んだ夜から遊ぶのがここシンセンでは普通なんだそうです。
また、夜だと日焼けの心配がいらないから、女の子は特に夜を好むそうです。
そういえば、夜0:00を過ぎてからもわんさか人が来てましたねぇ。

誰でも遊べるけど周辺にほとんど施設や店のない大梅沙よりも、20元の入場料はかかるけど比較的管理されているし何でもある小梅沙の方がいいな~って個人的に思いました。
今度は少人数で遊びに行きたいですねぇ。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-25 20:43 | 娯楽

脳内メーカー

ぱーたいさんの記事で知った「脳内メーカー」というものを試してみました。
結果はこんな感じです。
d0097148_19485446.gif


そんな~ぁ、しろちゃって実はお金のことばっか気にしてたようです。
外側をぐるっと囲んでいる“秘”っていうのは、お金のことばっかり考えているのを他人に悟られないように隠しているってことなんでしょうか?
つまり、常になんでもかんでもお金に結び付けて物事を考えているしろちゃだけど、周りの人からはそうは思われていないってことですかねぇ?
実物の私がしろちゃっていうHNだってことしかを知らない人、しろちゃは実はこんながめつい人間なんですよ~。
まぁ、私を知っている人のほぼ100%の人がしろちゃっていうHNだってことは知りませんけど。

ちなみに本名(フルネーム)でもやってみました。
結果を画像でお見せすることは出来ませんので言葉で表現すると、頭頂部に“休”が5個、後頭部に“友”が4個、そして残り全てが“私”
こっちの方がハッキリ言ってショックが大きかったですね。
だって、自分のことしか考えていない自己中人間ってことじゃないですか~。
そんなんじゃ他人ともうまくやっていけないし、誰も好きになってくれないじゃん。
せめてもの救いが全部“私”じゃなかったことだけど・・・。

単なるお遊びだってことは分かってやってるんだけど、こんな結果だとやっぱりめげますねぇ。
本名もHNもイヤ~な人間に見えるんだもん。

私みたいにめげてもいいって人はお試しあれ。
いろいろな人がやってるようでみなさん一喜一憂してるみたいですよ。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!


ぱーたいさん、面白いサイトの紹介、謝謝です。
大元の親父ベイビー友の会会長さんもありがとうございました。
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-21 19:50 | 娯楽

【暁。】

約1ヶ月半前にシンセン市龍華鎮に新規開店した日本料理屋【暁。】。
【暁】ではなく、最後に“。”がついた【暁。】というところが、日本料理屋なのになぜか“モーニング娘。”を連想してしまいますが“。”のその本意は分かりません。

オープンして間もない頃、新しい物好きの会社の人が行って来たというので感想を聞いたところ、「不味い」・「高い」・「遅い」と、吉野家のキャッチフレーズとは全く逆の酷評でしたので、しろちゃもなかなか行ってみようという気にならず一度も行ったことがありませんでした。
実は一度行ってみたことはありますが、その時はちょうど晩御飯のいい時間帯だったのになぜか店の中に薄暗~い絞られた照明しか灯っておらず、お客さんも見えないし、店員も2人しかいないし、店の看板にも明かりが灯っていなかったので、準備中か休業だと思い、結局店内には入らなかったのです。

つい最近弊社に中途入社された方と帰宅時間が一緒になり、食事に行こうということになってどこに行こうかという話をしていたら、初めての一緒の食事だしせっかくだから店も初めてのところに行こうということになったので、【暁。】デビューを体験してきました。

まず店内に入って驚きましたねぇ。
だって、ここ日本料理屋さん?って感じの内装だったから。
長テーブルと長ソファーが数セット、ちょっと高さのあるカウンター、オートバイのオブジェ(本物かも)、ふんだんな間接照明。
まるで喫茶店かバーにでも来たような錯覚に陥りましたよ。
(後で分かったのですが、奥に隠されたように座敷もありましたけど)

メニューも横に長い形をしていて、一般的な日本料理屋とは全然違うし、ますます喫茶店って感じでした。
料理はさすがに日本料理でした(当たり前ですね)が、言葉の使い方がちょっとおしゃれでした。

数品頼んで料理が出てくる間ビールを飲みながら、周りから聞こえてくるお客さんの声に耳を傾けていたのですが、中国語と広東語(たぶん・・・)ばっかり。
この店のおしゃれな感じが、中国人・台湾人・香港人を引き寄せているのではないでしょうか。
後で日本人も大勢来ましたけど、中国人も何人か来てましたよ。

で、いよいよ肝心の料理のお味ですが、会社の人から不味いと聞いていたのとは違って、なかなか美味しかったですよ~。
会社の人たちと味覚が違うのか、それとも1ヶ月間で味付けを変更したのか、は分かりませんが全然不味くなんかなかったです。
ちょっと異国チックのおしゃれな味付けなのでその辺が、年配の方の口には合わないのかもしれませんが、まぁそれは人それぞれですからねぇ。
ビールと日本酒を飲んでばかりだったので、あまり多くの料理を食べられなかったのが残念です。
今度行ったときは料理の方をメインで楽しみたいです。

料理が出てくるスピードもそれほど遅くなく不快感はありませんでした。
値段は料理の量からすれば確かに高いような気はしますが・・・。

しろちゃ的に勝手に評価すると、総合的にみてまた行ってみようかなってところです。
場所がちょっとばかり遠いのがネックですけどね。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!


あっ、そうそう、そこの店長、若くて背が高くてカッコイイですよ~。
店長を見に行くだけでもそれなりの価値はあるかも。
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-19 14:06 | 食事
ここ最近は毎日毎日ものすごい雷と激しい雨が続いてますね~、なんてことを書こうと思っていたら、昨日は久しぶりにそんなこともない一日でした。(にわか雨みたいのはありましたが)

去年のこの時期にはとっくに雨季も終わっていて毎日灼熱の太陽にジリジリ照らされてヒ~ヒ~いってた記憶がありますが、今年は猛烈な雷にドキドキ・豪快なスコールにうんざりと、また違った意味で毎日天候に悩まされ続けています。

それにしても今年はホントによく雨が降りますね~。
これだけ毎日雷雨が続くといつも心配しなきゃいけないことがあります。
1.スコール級の激しい雨が多いので、道路なんかはあちこちですぐに浸水しています。
  ということは、歩けるところががきられてしまう、もしくは歩ける場所がなくなる。
  また、浸水で車の通行がままならなくなり、あちこちで渋滞がひどくなる。
  そして、先へ急ごうと無茶な運転する車が増え、接触事故が多発する。
  そうして、渋滞が益々ひどくなるという悪循環に陥ってしまう。
2.傘(折りたたみ式の小さなやつじゃなくて普通の大きなやつ)を差していても、
  腰から下の辺りはびしょ濡れになってしまう。
3.靴も靴下も当然ビショビショで気持ち悪い。
4.近くに雷が落ちて停電しないか。
5.工場が一瞬でも停電になると大変で、全ての機械の再立上げが必要。
  また、PCでデータまとめや書類作成してるときだと保存したところからやり直すはめに。
  (デスクトップ型なので)
6.ただでさえ高温多湿なので乾きにくい洗濯物がマジで乾かない。
  乾きそうな感じになってても風が強いとベランダに雨が飛んできて濡れてしまう。
7.シャワールームの床のタイルが乾かず、カビが発生しやすい環境を作ってしまう。
8.湿度が上がるので汗がなかなか引かない。
9.休みの日とかは外に出るのが億劫になり部屋に引きこもってしまう。
10.上記のことからイライラすることが増え、精神的にもよくない。
まぁ、ある程度仕方がないのですが・・・。

中国国内でも水不足になっている地域もありますし、世界の砂漠地帯のことを考えると、華南地区のこの大量の雨を少しでも分けてあげたいくらいです。
もっともそんなことは用意に出来るはずもありませんが・・・。
壮大なパイプラインでも建設するか、タンカーで輸送するしかないのでしょうか。

日本ではやっと梅雨入りした地域が多いみたいですが、ここシンセンは一日も早く長い長い雨季が終わってカラッとした夏本番になって欲しいものです。
もうちょっとかな?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-16 15:56 | 生活
北京理工大学の女子トイレ内で昨日の朝、赤ちゃんの遺体が見つかったそうです。
日本でも数日前に、新潟県の高校で女子生徒が出産し、対処に困り殺してしまったという悲しいニュースがありましたが、中国でも同様の事件が起きてしまいました。

北京での事件はまだ母親がそこの大学生と断定されたわけではありませんが、若い女性の無計画妊娠が急増している結果、このような悲惨な事態が起きてしまうのではないでしょうか?
学生なので勉学という指名があって出産間近でもすぐに病院へ駆けつけることが出来ない、急に産気づいてしまった、産んでも育てることが出来ない、いろいろな理由があると思うのですが、トイレで産み落とされてその後もまともな扱いを受けずに死んでしまった赤ちゃんのことを考えると、非常に悲しいですし残念で仕方ありません。

このような悲しい事件がもう二度と起きないことを願うばかりです。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-15 19:33 | 生活

我還是是日本人

昨日、久しぶりにブチ切れてしまいました。
ブチ切れ度合いが大きい(今でもムカついてます)ので、ちょっと長い文章になりそう・・・。



暑くてどうしようもならなくなった5月下旬、今年初めて寝室のエアコンを稼働させました。
というよりも稼働させようとしました。

大元の電源プラグをコンセントに差し込み、リモコンのボタンをプニュっと押しました。
あれっ?っと思ったのは、「ピッ」って音がしなかったこと。
エアコンの吹き出し口を見てもフラッパーが開いていません。
もちろん風も出ていません。

リモコンの電池切れ?
エアコン本体のリモコン電波受信部に電波が届かなかった?
など、いろいろ考えて何度かやってみたのですが、エアコンはうんともすんとも動かず。

日本でもそうなのでしょうか?
メーカーが同じであれば異なる機種のエアコンでも同じリモコンで操作出来るのって。
リモコンそのものの故障かどうか確認するために、翌日同じマンション群に住む会社の人の部屋へリモコンを持って行きました。
いつものようにリモコンを操作すると、なんと何事もないかのように稼働するではないですか!
つまり、リモコンは没問題!

ということは、エアコン本体の電波受信部側がどうも怪しい。
なので、さらに翌日会社の総務へ確認&修理按排の依頼をしました。

帰ってきた連絡は、「自動とか冷房とか除湿とかをいろいろ切り替えて試してみてくれ。」とのこと。
そういうことじゃないでしょ~。
ちゃんと不具合内容といろいろやってみたこと説明したでしょ!
人の話聞いてたの?
まったくいつもいい加減で適当な総務なんだから!

ちょっと頭にきながらも、そうじゃなくてエアコン本体側に何か問題があるはずだから、『とにかく現物を見て確認してちょうだい。』と頼みました。
「来週で手配するから。」という返事をなんとかもらいました。
修理が出来る日までの間は、本体のカバーを開けるとある手動運転ボタンをペン先で押すと送風機能だけは作動するみたいなので、それで蒸し暑~い夜を幾日もも耐えました。
せめて手動でもいいから温度調節出来なくてもいいから冷房として使えれば救われたのに、出てくる風は生暖か~い空気のみ。(扇風機みたいなもの・・・)

その次の週の星期二になっても総務からの確認&修理日程連絡が来ないので、この件どうなったのか催促をしました。
すると、「アイヤ~、忘レテタアルヨ~。ゴメンゴメン。」って。
あんたねぇ、忘れてたってどういうことぉ?
せめて、業者が忙しいからとかそれらしい嘘つきなさいよ。
いつもは見当違いの真っ赤な嘘ばっかつくくせに。
で、プチブチ切れぎみのしろちゃの目の前で業者へ連絡させ、さらに来週の星期三で手配させました。(かなり強引な手法ですが中国ではこれが一番確実)

ということで、ようやくやってきた星期三(つまり昨日ですね)、その総務担当者と15:00に会社を出発し、途中で業者と落ち合って一緒にマンションへ向かいました。
まず、リモコンが本当に反応しないことを実演して説明。
それでも裏蓋を開けて電池を入れ替えたりして、しろちゃがやったこと言ったことを信用しないヤツら。
ハッキリいって時間の無駄です。
中国人は、他人を信用しない、信用出来るのは自分と家族だけみたいな概念が、幼少期から自然と身についているんでしょうねぇ・・・。
何度説明しても見当違いなことばっかりするので、もうどうでもよくなってきて好き勝手にやらせました。

ようやくリモコンの問題でないと気付いたヤツらは、脚立はないのかと言ってきました。
『そんなものあるわけないでしょ。床置きタイプじゃなくて壁に設置してあるエアコンだって事前に言ってあるんだから普通あんたらが準備してくるもんじゃないの?』としろちゃが言い放ったら、部屋中を物色してリビングの椅子を3脚持ってきました。
2脚を並べ、その上にもう1脚を載せて高さを稼ぐようです。
下の2脚の座面に上の1脚の脚がかなり食い込んでいます。
あの椅子もう元の姿に戻らないんだろうなぁ、どうせ大家の所有物だし退室時に交渉するのも会社の総務だし、まぁいいかぁ、でも気分的にイヤだなぁ、なんて思いながら作業を見守っていました。

その後はまたひどいもんです。
埃を周り中に撒き散らしながらカバーやフィルターを乱暴に取り外し、中の基盤を取り外したり、基盤の半田付けされた配線をやたらに外したり、と。
元に戻せなくなったらどうするつもりなんでしょうねぇ。
そのときには中国人お得意の「メイバンファ~。」とでも言って逃げるんでしょうか?

まぁ、なんとかリモコンも反応するようにはなり、それまでのいろいろな不安は消え去ったのですが、外したいろいろなパーツを組み立てて元通りになったその時のヤツらの発言にまたムカッときました。
「18:15かぁ、早く帰って飯食いに行こうぜ。」
ねぇ、ちょっと~ぉ、使った椅子や、窓から外に出たり入ったりして泥だらけになった床や、その足で昇り降りした椅子の座面や、エアコンから撒き散らかした埃とか、そのままにしてあんたらだけさっさと帰るのはどういうことぉ?
そう文句を言ったしろちゃに対してのヤツらの返答は、「だってもうこんな時間だし。俺ら腹減ってんだよ。」

ブチッ、ブチブチブチッ!

それまで我慢してきたしろちゃの堪忍袋の緒がついに音を立てて切れました。

『あんたら最後まで仕事してないじゃん!あんたらが人の話聞かないで関係ないことばっかして時間を無駄に使ったから遅くなったんでしょっ!しかも勝手に使って勝手に汚していったものをどうして掃除したり元に戻したり当たり前のことが出来ないわけっ?お腹空いてんのは私だって一緒なんだからねっ!』

すると、どうでしょう。
それまで普通にしてた(とヤツらは思っていたはず)と思ってたしろちゃが、いつも温厚な(と自分では思ってる)しろちゃが、急にすごい剣幕で怒鳴ったことに相当ビックリしたんでしょうねぇ、ヤツらビクビク・コソコソしながら部屋中物色して掃除道具を持ってきたではありませんか。
しかし、普段からロクに掃除すらしたことないんでしょうねぇ。
これまたすごい適当。
床の墨には埃がたんまりとあるし、そんな状態でモップをかけるもんだから水分を含んだ埃が床に点々として広がるわ、床もモップでなでるようにしかしないもんだから泥も薄く延ばしたような感じになるだけで、前よりも汚くなるばかり。
さらにモップがけした床を汚い足で歩くもんだから足跡があちこち。
頭が悪いのかやる気がないのか知らないけど、あまりにも大の大人3人がロクな掃除しか出来ないので、文句を言いつつも掃除の仕方を教えてあげました。

その間、本当に冷房として働いているのか、それとも今まで手動で作動できた送風機能がただリモコンで出来るようになっただけなのかの確認をするために、エアコンは冷房を入れっぱなしにしていました。
掃除をしていたのが15分ぐらいだったでしょうか、それだけの時間が経ってもあまり涼しくなりません。
確かに送風ではなく、やや冷たい風が出ているので冷房機能は働いているようなのですが、最低設定温度の17℃という感じが全くしません。

なので、掃除が終わって帰ろうと思ってたヤツらに言いました。
『まだ何かおかしいから確認してよ。』
すると、ヤツらはまたしても、「飯食いに行かせてよ、腹減ってんだよ。」と自分のことしか考えていません。
しろちゃも負けずに言い返してやりました。
『お腹空いてるのは私も一緒です!まだ完全に修理が終わっていないってことは仕事をやりきっていないということです。それに今あんたたちが帰ってもまた別の日に来なきゃいけなくて、あんたたちも私も忙しいんだから二度手間になるようなことは避けるのが賢い方法じゃないの?つべこべ言わずに早く点検しなさいよ!』
今思えば、日本の若造が偉そうに中国人3人によく言ったもんだなぁ。

それで、ヤツらも納得したのか、日本人が下手くそな中国語で適当に何か言ってるけどうるさいからあきらめたのか、真相は分かりませんが窓から出て室外機の方を点検し出しました。
エアコンガスは別に減っていないとのこと。
さらにゴソゴソやって手の平ぐらいの大きさのコンデンサーらしきものの交換が必要とのこと。
でも、交換するには一旦会社(工具店みたいな感じのところ)に戻って部品を取ってこないといけないらしい。
このまま、また元に戻しても何も変わらないので、部品を取ってきてもらうよう指示をしました。
そのときのヤツらの嫌そうな顔っていったらすごかったですね。(こき使いすぎ?)

点検をいない方の人間に部品を取りに行かせ(二人で行かせると途中でのんびりご飯を食べに行ってなかなか戻ってこない可能性があるので一人は人質)、残った一人は他に異常がないかどうかの点検を続けさせました。
総務のおじさんは役に立たないのでテレビを見させて放っておきました。

1時間ぐらい(妥当な時間なので抜け駆けで食事はしてないみたい)して、部品を持って帰ってきました。
部品交換後、試運転してみたのですが、あまり変わったように感じられませんでした。
結局、他には怪しいところがないらしいのと、冷たくはないがまぁそこそこ涼しい風が出るので、送風(しかも毎回手動操作で)しか出なかった以前よりはましなので、しばらく様子をみてそれでもダメだったら大家に連絡してエアコンを交換してもらうか、それを大家が拒否するようであれば退室して違う部屋に移るということで今後を進めることで妥協しました。

その時の時刻が21:00頃。
チャチャッっと適当に掃除して帰ろうとするヤツらに、しろちゃがチクリと一言。
『またぁ、適当な掃除をしてぇ。最後ぐらいまともな掃除していきなさいよ!』

後片付けが終わってヤツらが帰ったのが21:30前だったでしょうか。
そそくさと逃げるように帰って行きました。
しろちゃもどこか外へ食事に行こうかと思いましたが、細かい部分の掃除や後片付け、それに途中でエアコンに何かの異常が発生しないかどうかしばらく様子をみておきたかったので、買い置きしてあったお菓子やおつまみで空腹を少しばかり満たす寂しい食事をしました。

長い時間見張っていたのと怒りまくったおかげで疲労困憊の半日でした。
ヤツらあの後、かなり文句を言いながら3人で食事してたことと思います。
もう二度と来てくれないでしょうね。



中国で生活して1年半ちょっとになり、中国人の大まかな性格や考え方や行動パターンなどが粗方推測出来るようになったつもりでいますが、自分に直接関係することで中国人に何かしてもらうとなるとどうしても彼らの一つ一つの言動が気になり、イヤな面がやたらと目につく体験をすると、しろちゃはやっぱり日本人的な考え方から抜け出せてないんだな~って改めて感じましたね。
日本人的な考え方が全て正しいとは思っていないし、何でも完璧主義なのもある意味過剰だとは思っていますが、自分でも気付かぬうちにそういう指示を出していたことを振り返ってみると、典型的な日本人なんだな~って思っちゃいました。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!


長い長いしろちゃの愚痴に付き合って全部読んでくれた方、ありがとうございました。
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-14 21:42 | 生活

眠~い!

昨日のことですが、と~っても眠かったぁ!です。
眠いときの会議やデスクワークほど辛いものはないですよね~。
瞼が下がってこないように、記憶が飛んでしまわないように、一日中必死でした。


日曜日に、よく行く日本料理屋さんが誕生日お祝い会を開いてくれて、いろんな料理を食べたし、ビールも大量に飲みました。
たらふく食べて飲んだ後に、誕生日ということで直径30cmくらいある大~っきなケーキをもらいました。
12等分(だいたいですが)に切り分けてお店の小姐たちと食べたのですが、5切れ残りました。
残りは小姐たちが下班した後にでも食べるように言ったのですが、彼女たちはしろちゃに食べて欲しいというかしろちゃが食べなきゃダメって言ってききません。
しろちゃが『料理をいっぱい食べたんだからもう食べられないよ~。』と言っても聞き入れてくれません。
なので、なんとか頑張って食べましたよ、3切れも追加で。(残り2切れはマジで食べられないので泣いて勘弁してもらいました)
全部で4切れも食べたってことは、1/3ホールも食べたってことですよ!
しかも、料理をいっぱい堪能した後にですよ!
普段だったら絶対に考えられないし実行出来ない・・・。

楽しかった誕生会を終えて23:00頃(4時間半もいたなんて・・・)アパートに帰ったのですが、その後問題が!

ケーキの食べすぎで口の中が甘~ったるくなっていたので、苦~いコーヒー(インスタント)を飲みながら、食べすぎで苦しいお腹を休めるためテレビを眺めてました。
1時間経って日付が変わった頃、お腹も少し楽になったし明日からまた仕事だしと思い、お風呂に入りました。
体を洗っているときになんだか胃の辺りが痛くなってきました。
いっぱい食べて飲んだものが消化されれば次第に胃も楽になるだろうってぐらいに思いながら体を洗い続けました。
お風呂の後、1時間ぐらいなんだかんだしてたのですが胃の痛みは消えません。
でも寝てしまえばそんな痛みも気にならなくなるだろうし、そのうち消化もさらに進むだろうと思い、ベッドで横になりました。

ちょっとウトウトし始めた頃から胃の痛みが大きくなってきたのですが、もう夜も遅いしこのまま眠ってしまおうとそのまま目を瞑っていました。
それから15分しても30分しても胃の痛みのために眠ることが出来ません。
しかも、痛みが益々ひどくなってくるではないですか!
これはさすがにちょっとヤバイ!って思い、起き上がって胃腸薬(日本から持ってきていた常備薬)を飲みました。(胃腸薬のラベルには食後30分以内に飲むよう書いてあるので既にかなり遅いのですが・・・)

それから30分経っても1時間しても痛みが治まる気配はありません。
それどころかひどくなるばかり。
もしかして単なる胃痛じゃなくて盲腸?とも思いましたが、時間的に3:00ぐらいの真夜中だったので、我慢出来るところまで耐えて朝になっても変わらないようだったら病院へ行こうと考えながら必死にベッドの上でのた打ち回っていました。
その間も痛みが断続的に続くし変な汗もいっぱい出てくるし、自分の身体は本当に大丈夫なんだろうか?と不安になって怖かったです。

朝6:30頃から痛みが和らいできたので、いつもの月曜日通り出社しましたが、結局一睡も出来ませんでした。(ちなみに、痛みがなくなったと感じたのは9:30ぐらいだっと思う)
というわけで、仕事や遊びでの徹夜ではなく、突然起こった異変で徹夜させられたために、辛~い辛い2日間を過ごしたしろちゃです。

だけど、いったい何が原因だったんだろう?
食べすぎ?
飲みすぎ?
着色料た~っぷりのクリーム?
コーヒー?
こんな激しい胃痛は初めての経験なので、たぶんケーキそのものかケーキと何かの組み合わせだと思うんだけど。


ところで、いつも思うのですが、中国人って顔や首にクリーム塗りつけて遊ぶのホントに大好きですよね~。
特に鼻の頭が好きみたい。
もちろん、しろちゃもあちこちに塗り付けられました。
拭いても拭いてもしつこくやられてきました。
ちょっと頭にきてたけど、お遊びで腹を立てても大人気ないし、年に一度のことだし、せっかく誕生会を用立ててくれた小姐たちにも楽しんでもらえたし、そこは顔で笑って耐えました。
今度、小姐の誕生会ではやり返そうと企んでいるんですけどね。(待ってなさいよ~ぉ)


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-12 20:49 | 生活
現在、しろちゃは基本的に中国工場で取得したメールアドレスを使っているのですが、単位アドレスあたりのサーバー容量がかなり小さいので画像などが入った資料やCADデータなどが添付されたメールを数通受信しただけですぐにパンクしてしまうので、かなり大きなサイズのメールでもたっぷり受信出来る日本本社のメールアドレスも併用して使っています。

つい最近、日本の本社がスパムメール対策として、迷惑メールフィルタリングサービスの最新版を導入しました。
それまでも迷惑メールを振り落とすソフトを使ってたようですが、どうも効き目があまりなくかなりの迷惑メールが本社のあちこちのアドレスに届いていて、思い切って最新版のいいヤツを導入したそうです。(ケチって最初に安いやつ買うからじゃん)
しろちゃの電脳にも日本アドレス宛てに毎日十数通のスパムメールが届いていました。(中国アドレス宛てにはそれの数倍届いてますけど・・・)

で、その最新の迷惑メールフィルタリングサービスがすごいのなんのって。
お客さんやうちのグループ会社から送られたメールまで弾き飛ばしちゃうんですから!
(確かにスパムメールもかなり高確率で除外してくれるようにはなりましたが・・・)

どおりで、こっちから送った問い合わせの返事がないわけだ。
おかしいと思ってたんですよ。
いつもすぐに返事くれる人から全然メールが来ないんですから。
しろちゃ以外にも数十人が本社のシステム担当者へ大事なメールが届かないという確認依頼をしていたみたいです。

なんでもかんでも迷惑メール扱いする最新の迷惑メールフィルタリングサービス、ある意味すごいでしょ?
賢いのか馬鹿なのかよく分かりませんね。
そのサービスソフト自体が悪いんじゃなくて、きっと本社の設定内容に問題があるんだとは思いますけどね。
早く解決して欲しいものです。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-06-07 20:44 | 仕事