シンセンライフで感じたことをちょっと個性的な観点から自由に書いてます。・・・・・・だったんですが現在はベトナムでストレスとの戦いの日々を送ってますぅ。


by shirocha_tym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2007年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今日の題名「劇症型A群溶血性レンサ球菌」とは?
その名前を聞いたことがありますか?(しろちゃはもちろん知りませんでした)
いったい何者なんでしょうか?

間違いなく一晩では覚えきれない、二日かけて覚えたとしても一週間後にはおそらく忘れているであろう、その「劇症型A群溶血性レンサ球菌」について調べてみました。

驚いたことにその物体は、通称「人喰いバクテリア」や「人喰い菌」と呼ばれているとんでもないヤツらしいです。
では、どんな風に恐ろしいヤツなんでしょうか?

劇症型A群溶血性レンサ球菌による感染症は1987年にアメリカで見つかり、その後ヨーロッパやアジアでも報告されているそうです。
この菌に感染すると数十時間以内に手足が痛み、やがて腐り始めて、ショックや多臓器不全(いろいろな臓器が働かなくなること)に陥るらしいです。
感染した場合の致死率は30~70%と言われているらしく、その数字は極めて高いですよね?

さらに恐ろしいことに、この菌は健康な30代以上の男女に突然発症するのが特徴とのことです。
厚生労働省の研究班によれば、妊婦がこの菌に感染すると特に進行速度が速く、致死率もかなり高いらしいです。
日本では1992年に千葉県で最初の患者が報告され、溶血レンサ球菌リファレンスセンターの調べでは、年間で数十人の患者が確認されているそうです。

劇症型A群溶血性レンサ球菌は、A群溶血性レンサ球菌の仲間らしいのですが、「A群溶血性レンサ球菌」すら知らないしろちゃには普通型と劇症型で何が違うのかさっぱり分かりません。

調べてみたところ、A群溶血性レンサ球菌は人の喉や皮膚に生息しており、冬場に特に小児に多く見られる咽頭炎の感染菌らしいです。(詳しく知りたい方はこちらをどうぞ)
つまり、元々人間が保有している菌で、それが悪さすることによって咽頭炎を引き起こしたり、劇症型に変化して発症すると患部を腐らせたりするってことです。
劇症型に変化しなければそれほど恐くはない菌なんですねぇ。

また、万が一劇症型に感染した場合でも、早い段階で見つかれば抗生物質などでの治療が可能とのことですので、単なる咽頭炎だけでなく手足も痛くなったと感じたら病院で診察を受ければほぼ治るみたいですよ。
人喰い菌なんていうから、感染したら死んじゃうんじゃないかと思ってドキドキしてましたが、意外とそうでもないってことが分かって安心しました。

中国で生活するようになってから、なんとなくあらゆる物や環境が不衛生に思えて手洗いやうがいをすることが以前よりも増えたしろちゃですが、こういった菌による病気に感染しないためにも意識しながら手洗いやうがいを頻繁にしていこうと改めて思いました。(手洗いやうがいに使う水そのものが衛生的かどうかは怪しいですけどねぇ・・・)

でもぉ、なんで「連鎖」じゃなくて「レンサ」なんだろね?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-31 19:43 | 健康

チョコパイ

ここ最近ず~っと蒸し暑い日が続いてますね。
夜になっても気温はあまり下がらず日本でいうところの熱帯夜が毎晩続いててそのせいで眠りが浅いし、昼間はエアコンのガンガン効いた事務所と暑~い現場や会議室のある別棟まで蒸し暑い中工場敷地内の移動で、かなり体力が消耗しているのと自律神経がおかしくなってきているせいでちょっと体調不良の毎日です。
また時折のスコールのような雷雨で停電にならないかとヒヤヒヤしながら仕事をしているので、精神的にもかなりまいっています。



さて、昨日の記事の答えは分かりましたか~?
男性平均寿命が世界一位の国名は、サンマリノ共和国でした。
どうです?
かなり意外でしょ?

サンマリノ共和国を知らない方のために簡単な紹介を。
サンマリノ共和国は世界で5番目に小さい国で、国土は日本の八丈島と同じくらいです。
国の周囲をイタリアに囲まれています。
というか、イタリアの国土の中にピョコって感じでサンマリノ共和国が存在しています。
人口は3万人弱しかいないそうですよ。

ちなみに、同じようにイタリアの国土の中にある国としてバチカン市国がありますが、こちらはみなさんよく知っているんじゃないでしょうか?
尚、そのバチカン市国、世界最小の国だって知ってました?
その国土の小さいことっていったらものすごいんです。
日本の皇居敷地の半分以下しか面積がないんですよ。
1~2時間も歩けば国の全てを見て回れそうですね。(もっとも、いろんな施設を見学してたら1~2時間では無理でしょうけど)



話は変わって、今日は最近しろちゃがハマっているものについて紹介します。

今日の題名にもしましたが、ここ最近「チョコパイ」にハマってます。
ホントは日本のロッテのチョコパイが大好きなんですが、ここシンセンでは手に入らず、代わりに楽天(簡体字では乐天)の中国製チョコパイをよく食べてます。
ちなみに、楽天は、通販ショッピングやプロ野球チームで有名な三木谷社長の楽天(株)ではなく、ロッテの中国名称ですのであしからず。

d0097148_1944458.gif

これが楽天のチョコパイです。
パッケージこそ違え、中身の見た目は日本のチョコパイとそっくりです。
表面をコーティングしているチョコも意外にも日本の味に近いです。(中国のチョコレートの味は日本とは全然違うことが多い)
でもね、中に挟んである白い部分の味が日本のと違うんです。
これがとっても残念。
まぁ、中国製に日本のと全く同じ味を期待することが無茶なんですけどね。(全く日本と同じ味だったら中国国民に受け入られず、きっと売れないでしょうね)

あと、ORION(中国名は好麗友(簡体字では好丽友))製のチョコパイもありますが、こちらは一度しか食べたことがなくてどんな味だったかよく覚えていません。

下のが好麗友のチョコパイです。
d0097148_1945261.gif



ちなみに、その好麗友(ORION)って会社、かなり似通った類似品(パクリとも言う?)を市場に出しています。


【きのこの山】類似品
d0097148_19461223.gif



【おっとっと】類似品
d0097148_19463637.gif


他にも、ORIONじゃなくて別の韓国企業からは、かっぱえびせん、ポッキー、プリッツ、オレオ、ヤクルト、etc.などの類似品が市場に出ています。

ここまで見事に真似されたら悔しいっていうよりも逆に嬉しいですね、個人的には。(日本企業にしたら大ダメージなんでしょうが)
まぁ、それだけ韓国や中国が日本製品に興味を持っているってことですよね。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-30 20:48 | 愛好

中国人的平均寿命

平均寿命に関する最新の統計結果によると、中国人は男性が71歳、女性が74歳だそうです。

この結果を知って、しろちゃは正直驚きました。
だって、もっともっと短命だとばかり思ってたんだもん。(決して中国や中国人を見下しているわけではありません)

確かに都市部は世界的にみても食生活面でも衛生面でも医療面でも他国に引けをとらないレベルに大発展していますけど、多くの農村部ではまだまだあらゆる面で劣っている状況ですから。
統計が都市部及び主要中規模地域だけの調査によるとはちょっと考えにくいですから、総合的に見るとこの平均寿命はとてもすごい驚きです。

今後、地方の発展が進むのは間違いないでしょうから、寿命は更に延びるでしょうね。
そうなるってことは、ますます中国の人口が増えるってことですよねぇ。
現在公表されている人口が13.1億人で、先日のぱーたいさん「ぱーたいさんの中国情報」によりますと、2020年にはどんなに増えても14.5億人に抑えると中国政府が人口抑制策を取るらしいのですが、これだけあらゆる面で著しく成長して過ごしやすくなってきている中国ではあと10年ちょっとでたった(?)1.4億人しか増えないなんて到底ありえないと思うのですが。
いくら一人っ子政策を続けても、罰金を払ってでも二人目・三人目を産む家庭もあるでしょうし、労働力人口の激減を防ぐために一人っ子同士の夫妻には二人目の出産を認めるということも政府が発表してますから、なかなか厳しい目標ではないでしょうか。
政府はいったいどんな対策を考えているんでしょうかねぇ?
薬の投与や手術で命が助かりそうな人に対して何もせず死なせたりする非人道的なことをこの時代にしたりは流石にしないでしょうし、して欲しくはありません。

増えすぎる人口を抑制することもある意味大切なのかもしれませんが、個人的には数十年後の労働力不足の方が心配です。
これからも中国は世界トップレベルでの経済成長を続けていくでしょうから、数十年後に人口抑制の反動が来てガクッと成長が止るなんてことになったら、それこそ大変なことが起きるような気がします。
その頃の世界は人材的にも国土的にも企業的にも資源的にも中国が首脳国になっているでしょうから、その中国がコケたらそれこそ世界恐慌に陥りそうで恐いです。
もしそうなれば日本や韓国など現在のアジア先進国もただならぬ影響を受けるのは間違いありませんから。

なんか珍しく真面目なことを書いてしまって、自分でもちょっとなんかいつもと違うぞ、って思っちゃいました。

それにしても中国人ってこんなにも長生きするようになったんだな~って驚きました。
40歳とか45歳で仕事を辞めて、子供に養ってもらいながら老後をのんびり過ごしたい、っていう声をよく耳にしますが、随分と長い老後生活(?)ですこと。
ちょっと羨ましいなぁ。
でも仕事してないとボケるのが早そう・・・。

ちなみに、香港人は男性が79歳で世界第二位(一位は意外な国!)、女性が85歳でこれまた世界第二位(一位は日本)だそうです。
確かに香港は医療も充実しているし衛生面もいいですから、病気になりにくい・病気になっても直す環境が整っているってことで若くして亡くなる方が少ないんでしょうね。
その他にも香港人は諸外国人よりも健康に対する情報への好奇心が強いってことも関係しているそうです。
でもでもぉ、香港人っていいもの食べてばっかりで贅沢な暮らしをしているイメージがあって、成人病とかの患者が多そうだから、そんなに長寿命っていう感じがしないんだけどなぁ。

尚、男性平均寿命が世界一位の国とはいったいどこでしょうか?
ちょっと意外ですよ~。
(もしかしたらこの国の存在を知らない人がいるかもね)


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-29 19:22 | 生活

Trojan.Exploit.131 再感染

会社からの投稿です。
でも、ちゃんとアップされるのかな?

というのは、先週の病原菌「Trojan.Exploit.131」に今朝からまた犯されています。
先日はシステム担当のボクちゃんが夜頑張ってくれたおかげで翌日には治療完了したのですが、なぜか今日またぶり返してしまいました。
後遺症ってやつ?

薬を投与されて一時的に症状が治まってただけなのかしら?
実は内部に病巣が細々と生息してて次第に細胞分裂を続けながら成長してきているのでは?
最悪の場合、また手術しなければいけないのでしょうか?(去年もわけの分からない病毒に犯されて、2回もOSを入れ直すという手術を受けました。OS入れ直した後ってあらゆるソフトを入れ直さないと仕事が思うように進まないからイヤなんですよねぇ。)

これを機に、ノートンアンチウィルスじゃない対策ソフトに切り替えてくれないかしら?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-29 13:30 | 仕事

レジ小姐 VS しろちゃ

昨夜、ちょっとムカつく出来事がありました。

いつものローカル大手スーパーに買い物に行って、いろいろ物色した後、いつものようにレジ待ちで並んでいました。
やっとしろちゃの番がきて、カゴを台の上に置きました。

その後すぐ、しろちゃの後ろに並んでいた人が手に持っていた缶ビールとおつまみらしきものを、しろちゃが置いたカゴの横に置きました。
せっかくの冷たいビールを手の熱で僅かでもぬるくしたくなかったでしょうか?
それとも冷たくて持ってられなかったのでしょうか?

まぁ、ここまではよくあることなので、しろちゃも別に気にしてませんでした。

次の瞬間、レジの小姐がしろちゃのカゴの上を素通りしてわざわざ遠いところにある缶ビールに手を伸ばしました。
と思ったら何事もなかったかのようにバーコードをピッって通すではありませんか!

速攻しろちゃは言いました。
『それは私のではありませんよ。』
すると、小姐はこう言いました。
「えっ、本当?」

間違いなら誰にでもあることですから、ここまでもよしとしましょう。

しかし、次の小姐の言葉がちょっと。
「もうレジと押しちゃったから、その人(しろちゃの後ろに並んでいた人)のを先に会計してもいい?」

謝罪の一言もなしに済んでしまった事実を理由に、あまりにも理不尽なことを言う小姐にしろちゃは言いました。
『どうして?ダメです。あなたが間違ってしまっただけでしょう?だから、レジ打ち直して順番にやって下さい。』
後ろにいた人もしろちゃの発言に別にムッとすることもなく、いかにもその通りだみたいな感じで頷いているように見えました。(ホントはどう思っていたか分からなかったけど、怒ってなかったのは確か)

小姐の次の言葉にしろちゃはちょっとブチッってきてしまいました。
その小姐の言葉とは?

「でも、後ろの人、公安の人でしょ?」

そう言えばしろちゃが納得して引き下がるとでも思ったんでしょうね。
しかし、ブチ切れ寸前のしろちゃも負けずに言い返してやりました。
『公安の人だろうがそれは関係ないでしょ!これはあなたの問題です。順番を間違ったあなたの問題です!』
それでも小姐はなにやらブツブツ言ってるだけで一向に謝ろうともしません。
しろちゃも頭にきてたので、『早くやり直しなさいよ。』とたたみかけました。
そのときには既に周りから大注目の的になってました。
ちょっと恥ずかしかったし、もし恐い人が出てきてどこか連れて行かれたらどうしようという気持ちもありましたが、ここまできたら絶対に筋を通してやるみたいな気持ちの方が強くて後に引けない状況だったので頑張りました。

数十秒の沈黙の後、後ろの公安のおじさんが、「いいよいいよ、順番通りやってあげなさい。」とレジの小姐に言ってくれて、小姐も渋々レジを打ち直そうとしました。
が、しかし、その小姐は入力されたバーコードの取り消し方を知らないようで、まごまごするばかり。
他の店員さんを呼ぶけどなかなか来ず、小姐は更にまごまご、オロオロ。
しばらくして駆けつけた店員さんが取り消し作業をして、なんとか無事会計を済ませましたが、間違えられたあげく、謝罪もなく、おまけに相当時間を無駄にしてしまうわ、恥ずかしいわで、大変な思いをさせられました。

どうして素直に謝れないのでしょうか?
どうして筋違いのことを言ってその場を誤魔化そうとするんでしょうか?
どうして公安員だから優遇しなければいけないのでしょうか?(たまたま後ろが公安員だったのでそう口走っただけかもしれませんが)
あの小姐の思考回路がホントに理解出来ません。


P.S.
  あの公安のおじさん、優しいっぽい人でよかったけど、勤務中にビール飲んでいいの?
  まぁ、土方のおじさんとか昼間っから、ビール飲みながらご飯食べてますけど、同じ感じで
  しょうかね?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-28 19:24 | 生活
日本でちょっと変わったものが発売されることになったそうですね。
その名も「ペプシアイスキューカンバー」

ペプシコーラの派生品種ってことはすぐに分かるのですが、コーラじゃなくてアイスなの?
シャーベットみたいなもの?

なんて想像しちゃったんですが、調べてみたらコーラでした。
だけど、普通のコーラじゃなかった。
なんと、キ○ウ○味なんだって。
そんな味のコーラが世の中に出てくるなんてこれっぽっちも想像してませんでしたからかなり驚きです。
いったいどんな味がするんでしょうね。
ちょっと興味はあるけど、飲んでみようとは思いませんねぇ。
だって、キ○ウ○の味がするんでしょ?

6月12日から期間限定で販売するです。
どのくらいの期間販売するのかまでは発表されてないみたいですが、しろちゃが次に一時帰国するときにはきっともうないんでしょうね。
おそらくシンセンや香港で発売することはないでしょうから、実物を見ることはなさそうです。

写真を見てみたいっていう人、詳細を知りたいっていう人は、こちらのサイトをご覧下さい。

それにしても、なんで、キ○ウ○なの!?

日本で実際に飲んで見た方、ぜひぜひ感想を聞かせて下さい。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-24 19:33 | 日本
意味深なタイトルで、ドキッ!っとされた方いませんか?

面白いものが出来たそうですよ。
今までありそうでなかったものが。

コンピューターを使って中国語の標準語である「普通話」の発音レベルを測定する技術の開発に成功した、と中国科学院声学研究所が発表したそうです。
そのシステムが打ち出した発音レベル点数と、専門家の耳にによる採点の相関性は98.15%にものぼるほど精度が高いもののようですよ。

まず、香港の中学校・高校・大学の普通話試験で使用された後に、中国内外の普通話試験でも使用される予定だそうです。
早く市場に出て欲しいです。
しろちゃも使ってみた~い。
でもきっと相当低い点数が出て落ち込んじゃうのは目に見えそうですけど。

中国のあちこちから出稼ぎに集まってきているここシンセンの工場では、いろんな方言が混在しててそれに馴染んでしまうのかみんなが使う普通話も本来の普通話とちょっと変わった発音になっているので、うちのワーカーさんたちをそのシステムで採点したらいったい何点取れるんでしょうね。(そういうちょっと変わった普通話を耳にして覚える我々駐在日本人の発音って、きっと相当おかしいんでしょうね。ちなみに、去年蘇州の工場へ支援出張した人(シンセン赴任歴約6年)が、蘇州では俺の中国語なかなか伝わらなくて苦労したよ~、って言ってたくらいですから。)

それにしても中国の最近の技術力ってホントに素晴らしいですよね。
おまけに成長速度も半端じゃなく速いし。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-23 20:52 | 生活
朝からしろちゃの電脳に悪戯をする「Trojan.Exploit.131」とは何か?
調べてみました。

なんと、チャイナマジックではありませんでした。(当たり前か・・・)

れっきとしたというか、かなりメジャーな病毒でした。(Trojanっていうのがなんか怪しい雰囲気をかもし出しているので、そうではないかと思ってましたが、有名だったとは露知らず)

d0097148_20125247.jpg


危険性は低いそうなのですが、ウィルスに犯されたことがショックです。
別に変なサイトを閲覧してないのに。
会社の人に勘違いされそうでなんかヤダ~。



後で分かったのですが、他にも大勢の人がこの病毒に感染していて、おそらく社内のサーバーから被害が広まったとのこと。
きっと誰かが昨夜インターネットで遊んでて感染して、そこから社内サーバーも病気になって、今朝各電脳に感染したのではないかと。

っていうか、そんな簡単に病原菌をもらってしまううちの会社のサーバーって・・・。
そんなんでいいの?

ということは、いつ危険性が高いウィルスに犯されるか分からないってことですよねぇ。
ねぇねぇ、ちゃんとしといてよね、システム担当者さん。
今晩中になんとかするらしいって聞いたけどホントだよね?


今まで大きな被害がなかったのが、不・思・議。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-22 21:54 | 仕事

Trojan.Exploit.131

今朝9:00ぐらいから会社のPCがおかしい。
インターネットに接続するとHPのフォントが大きく表示されたりエラーが発生して画面が表示されなかったり。
だけど、全然問題ないHPもある。
なぜ?
一晩の間に何があったの?
ちなみに再起動してみても症状は同じ。

会社のPCにはシマンテックのアンチウィルスが入っているのですが、ネットに接続すると何か異常を感じるらしく警告表示を出してきます。
その警告画面には「Trojan.Exploit.131」を検出しましたっていうことが表示されるのですが、これって何?
病毒の一種?
でも、ウィルススキャンをかけても検出されない。
ってことは、病毒じゃない?
それとも、新種の病毒ってこと?

朝はいつも通りにメールチェックとお気にのブログチェックしたけど、その時には特に異常は感じられなかった。
その後はメールのやり取りを何度かしただけ。
昨晩何かあったのでしょうか?
それとも今朝7:30~9:00の間に何か起きたの?

そういえば、今日は朝から回線が何度も何度も落ちてメールもままならない状態が続いていたけど、それと何か関係あるのかしら?

まさか、ここ最近ずっと続いてる雨のせいじゃないよねぇ・・・?

はっ、もしかしてこれもチャイナマジック!?
たぶん・・・、関係ないと思うけど・・・。(最近なんでもかんでもチャイナマジックにする悪い癖がぁ・・・)


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-22 20:00 | 仕事
産まれたときの体重が4000g以上の赤ちゃんを一般的に「巨大児」と呼ぶそうです。
日本でも時々この「巨大児」が産まれるそうですが、ここ中国でも最近増えているそうです。
しろちゃが中国で生活するようになってから感じていたことの中に、中国人ってなんて痩せてる・スタイルがいい人が多いんだろう(特に女性)、っていうのがあります。
まぁ、中にはぽっちゃりした人もいますが、日本人よりもいいスタイルの人が圧倒的に多いですね。

今日のニュースで発表があったのですが、ここ広東省のお隣の広西チワン族自治区で、なんと5450gもある赤ちゃんが誕生したそうです。
約5.5kgですよ。
一般的なペットボトル11本分ですよ。
凄すぎませんか~?

4000gで巨大児だったら、それより1.5kgも重いこの赤ちゃんはなんと呼ぶのがふさわしいのでしょう。
すぐに思いつくのは「超巨大児」ですが、それではあまりにも単純で面白みに欠けます。
では、「爆大児」っていうのは?
う~ん、これもちょっとヒネリが足りない?
じゃあ、「巨漢児」っていうのは?
面白くない?
なら、「ガリバー児」では?
可愛いネーミングじゃない・・・。
ということで、「熊猫児」にしましょう。
しまった、パンダって赤ちゃんのときはめっちゃ小さいんだった・・・。
しろちゃはセンスがなさそうなので、ネーミングは皆さんにお任せすることにします。

ところで、その5.5kgの赤ちゃんのお母さん、相当大変だったんでしょうねぇ。
日常生活も儘ならなかったことと思います。
赤ちゃんを産んだ後、自分の身体がとっても軽くなったことを実感してるんじゃないでしょうか?
でも、心配もあるんでしょうね。
どれだけ大きなお腹をしてたか分かりませんが、相当伸びきった皮膚が徐々に弛んでいくわけですから気をつけないと、しわくちゃのみすぼらしい姿になってしまいそうですもんね。
まぁ、そのとってもとっても大きな赤ちゃんがすくすく育ってくれればお母さんにとってはそれ以上のことはないんでしょうね、きっと。

それにしても、その赤ちゃんの写真を見てみたいです。
(本当に見たいのは出産以前のお母さんの方だったりして・・・)


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-21 19:43 | 生活