シンセンライフで感じたことをちょっと個性的な観点から自由に書いてます。・・・・・・だったんですが現在はベトナムでストレスとの戦いの日々を送ってますぅ。


by shirocha_tym
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:越南( 9 )

ストレス大増量中

今、仕事で越南に来ています。
食事休憩中にちょこっと更新しちゃいます。

前回はハードスケジュールながらもハノイ市内のホテル住まいだったので、唯一の休みだった日曜日に観光することが出来ましたが、今回は工場近くの社員寮生活で、社員寮の周りには道路と数件の民家しかありません。
スーパーやコンビニはもちろん、小さな商店すらありません。
ハノイ市内までタクシーを使っても2時間近くかかります。
ものすご~く辺鄙なところです。

特区外とはいえそれなりに発展してきたシンセン生活に慣れてしまったしろちゃには、この越南工場社員寮での生活には耐え切れなくなってきました。
仕事もシンセンとは比べ物にならないぐらい忙しいし、言葉の問題もあってスタッフやワーカーへの指示・指導もままならず、その上越南工場の日本人スタッフとも馬が合わず、ストレスが毎日溜まる一方です。
なのに、ストレス発散する場所もない・・・。
テレビもベトナム語か英語でティンブトン。
会社の食事も美味しくない。
なぜか前からいる日本人スタッフは今でもハノイ住まいだし、通勤に時間がかかるからといって先に即効で帰っていくし・・・。

自分でハッキリと分かるぐらいストレスが溜まりまくっています。
爆発する前になんとかしなければ。
タクシーで2時間半ぐらいかかるらしいのですが、今度の日曜日にハイフォンという港町にでも行って、ぼんやりと海でも眺めてボケ~っとしたり、美味しい海鮮料理でも食べてこようかと密かに計画を立ててみます。
ちょっと不安なんですけどね。

誰か越南まで会いに来て~~~。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-12-27 20:42 | 越南
いい加減、続きを書かなくては・・・、と思いつつもなかなか書くことが出来ませんでした。
というよりは書かなかったと言うべきでしょうか。

ハノイ市内観光中に見つけた池の中に浮かぶ(?)小島に建っている塔の近くにあったお寺に入ってすぐ隣の部屋にできていた人だかりとフラッシュの嵐の理由とは?
隣の部屋ではいったい何が起きていたのか?
いったい何があったのか?





人々を虜にしていたその正体とは・・・・・?





人ごみの背中越しに見ようと必死に頭を左右にずらしたり、頭越しに見ようとその場でジャンプしてみたりとちょっぴり真剣だったしろちゃ。
傍から見たらきっと変な人に見えていたんでしょうね・・・。

前の方にいた人たちも見飽きたのか写真も撮って満足したのか数分後にはほぼいなくなり、その物体はいよいよしろちゃの視界に姿を現しました。



そこにいたのは・・・・・。



亀。



といっても動くわけでもなくただちょっとおしゃれな展示ケースの中でじっとしている亀。
そう、剥製です。
しかし、この亀の剥製、只者ではありません!
見た瞬間、しろちゃも思わず『おぉ~!』と言葉が漏れちゃいました。



思わずデジカメで撮っちゃいました。
それがこれ。
   ↓
d0097148_2011724.jpg


光の方向が悪かったのとしろちゃの撮影が下手くそだったこともあって上手く撮れてませんでした。
なので、別の方向から、更にアングルも変えて再チャレンジ。
               ↓
d0097148_20133767.jpg


この大亀、全長が約2メートルもあるそうです。
でかいはずだわ・・・。

資料によると、1968年にこの湖(ホアンキエム湖)で捕獲され、還剣伝説の亀ではないかと人々に信じ続けられているそうです。
いったい何を食べてこんなに大きくなったんでしょう?
こんなに大きく成長するまでいったい何百年行き続けていたのでしょう?
鶴は千年、亀は萬年とは昔からよく言うけど・・・。


ガメラの実写版ってとこでしょうか・・・。
亀仙人もビックリ?


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-10-16 20:28 | 越南
久しぶりに、ハノイ市内観光の続編を。
今回は第4回目です。
ところで四はどうして肆になるんでしょうねぇ?
両方とも確かにシと読みますが・・・。


ハノイ市内を観光していたしろちゃ。
湖の周りの道を歩いていて、木々の間から奇妙な風景を見つけました。
d0097148_20324071.jpg

分かりますでしょうか?
しろちゃには湖の中に塔が建っている(浮かんでいる?)ように見えたのです。

まぁ、そんなことあるわけないのが当たり前で、向こう側に回ると小さな橋で湖内の小島に繋がっていて、歩いていけるようになってました。
橋を渡る前に入島料(通行料?)3000ドンを徴収されました。
3000ドンって言っても日本円に換算するとたった25円弱ですけどね。

で、橋を渡って島側に行くと小さな小さなお寺がありました。
お寺の中はこんな感じでした。
d0097148_20411614.jpg

なんか中国チックでもあるけど、どこかエキゾチックな感じもあって、思わずう~んと唸っちゃいました。
その部屋の隣ではものすごい人だかりが出来ていたのと、デジカメやカメラのフラッシュが焚かれまくっていてものすごくそっちに興味があったのですが、せっかくの記念にとこの写真撮影に専念しつつもやっぱり隣がと~っても気になるしろちゃ。


さて、隣の部屋ではいったい何が起きていた?何があったのでしょうか?
この続きはまた今度ということで。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-09-26 21:04 | 越南

今日は、これです。

d0097148_20544893.jpg

これはいったい何のオブジェでしょうか?
何かの記念だと思うのですが・・・。

しろちゃ的には、顔や身体の肉付き具合が、子供の頃にみた漫画のガリバーに見えます。

左側にいるおばちゃん(?)が被っている麦藁帽子(?)、そういえばハノイのノイバイ国際空港の免税店にたくさん売ってたし、登場ゲート前で被ってる欧米人女性もいっぱい見たなぁ。
越南名物なんでしょうか?
でも他の東南アジア諸国のガイドブックか何かでよく見かけるぞぉ。
越南名物というより東南アジア名物ってとこですかね。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-09-14 21:11 | 越南
とてつもなく忙しかったベトナム出張中のたった一日の休みにハノイ市内観光に行ってきたことは以前の記事で書きましたが、そのハノイ市内観光で撮影した写真を少しずつアップしていきますね。

今回はこれです。

d0097148_1944510.jpg


下の方に写ってる人と比べるとめっちゃ大きいのが分かるでしょ?
でっかく聳え立つような感じでド~ンと存在していたので、誰なのか分からないけど思わず写真を撮ってしまいました。

シンセンに戻ってきてから調べて初めて分かりましたよ、この人物。
その風貌からてっきり中国人だと思っていたのですが、全然違ってました~。
西暦1000年ぐらいの頃のリー・タイトっていう王様だそうです。
昔はベトナムでも漢字を使っていたそうですから、李さんってとこですかね?

このリー国王が創ったのがタンロン要塞都市で、現在有名になっているタンロン遺跡の前身です。
タンロン遺跡の発掘や研究については一般には公開されていないそうですので詳しいことは何も分かりませんが、当時としては画期的な技術が見つかっているとかいないとかっていう噂が。
2010年にハノイ市が建都100周年を迎えるので、現在ハノイ市とベトナム政府が総力を挙げて発掘・研究を続けているみたいですよ。
発表がなんだかとても楽しみです。

では、今日はこの辺で。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-09-11 21:31 | 越南
ベトナムで6日目の夜も遅くまで仕事をしていました。
22:00前になんとか切り上げハノイ市内の駐在員のアパート近くに着いたのが23:00過ぎ。
ほとんどのお店が閉店してて、今日は晩御飯抜きぃ?って心配しながら街を徘徊。
明かりが灯っているところをようやく見つけたのですが時既に23:30。
お店の人に片言の英語で聞くと既にクローズしたとのこと。
でも、まだ店内に客もいるし、残った食材での料理なら作ってくれるというので、即答でOK。
何の料理が出てくるかも分からないのに・・・。

d0097148_20113733.jpg

d0097148_20121145.jpg

案内されるがまま3階に上がると薄暗~い空間に低いテーブルと低い椅子がありました。
建屋の中に木が貫通していて(というより元々生えていた木を囲むように建物を作った?)、その木にはとうもろこしや植木鉢や工芸品が吊るしてあったり花をかざってあったりと、なかなか興味深いお店でした。
店内には10数匹の猫が放し飼いになっていたのですが、猫嫌いの一人の駐在員はどうも落ちつない様子でした。
ネズミが出たときには猫が必死に追い掛け回すものだから、その駐在員は生きた心地がしなかったそうです。
それにしても、猫ってホントにネズミを追い掛け回すんですねぇ。

まずはビールで喉を潤していたところに差し出されたメニューには、日本語はもちろん、英語も中国語もありません。
ベトナム語のみ。
ローカルベトナム料理屋なので当たり前と言えば当たり前なのですが。
どれが今晩料理出来るのか確認して、出来るという物を上から片っ端に7品ぐらいオーダー。
どれもなんとか食べられましたが、ドジョウの素揚げみないなものとタニシっぽいやつの鍋だけはとっても泥臭くて数口で断念しました。

そんな料理とハリダビール及びタイガービールの飲み比べをして、その日も一日の疲れを癒して帰りました。
しろちゃの味覚が確かかどうかは分かりませんが、タイガービールはちょっと甘みがあったなぁって記憶しています。
個人的にはゾウさん印のハリダビールの方が好み。

閉店時間もとっくに過ぎていたにもかかわらず、わがままな外国人(日本人)に晩御飯を食べさせてくれてありがとう、お店の人たち。

ホテルに着いたのは確か深夜1:30ぐらいだったかな。
それからシャワーして翌日のことを考えながらボーっとして2:30ぐらいに寝たので、翌朝の5時起きはとっても辛かったですねぇ。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-08-28 20:43 | 越南

ベトナム初日の晩餐

一部の方には大変お待たせしている初越南奮闘記の続きを。

ベトナムを初めて訪れた日、現地工場の日本人全員(たった2人ですが)が私の歓迎会を開いてくれました。
連れて行ってもらったのは首都ハノイ市内にあるおしゃれなレストラン。
こんなたたずまいのレストラン。
       ↓↓↓
d0097148_21224651.jpg

どうです?
可愛らしい感じがしませんか?
私は店内に入る前からいい歳してはしゃいでました。

このレストランは本格ベトナム料理屋さんで、メニューは70%ぐらいがコースメニュー。
現地に駐在している2人は二月に一度ぐらいのペースで来て22USDのコースをよく食べているなのですが、その日は私の初越南歓迎と久しぶりの再会を祝すということで30USDのコースをご馳走してくれました。(ありがと~)

オードブルが来る前にまずはともかくBeerということで、ベトナムビールで舌鼓じゃなくて喉鼓。
d0097148_21314594.jpg

これは、ハリダビールです。
ゾウさんがトレードマークのようです。
そういえば、香港→ハノイのベトナム航空機内で飲んだビールの缶にもゾウさんの絵が書いてあったっけ。
他にもハノイビールとか、トラがトレードマークのタイガービールなどがベトナムでは有名なんだって。

ベトナムと言えば生春巻ですが、しろちゃは生まれてこのかた生は食したことがありませんでした。
初めて、しかも本場で食べましたが、まあまあこんなものかっていう感じ。
しろちゃ的には追加でオーダーした揚げ海鮮春巻の方が何倍も美味しかったです。
味音痴なのかな?

他にもいろいろ食べたのですが、春巻とビールの印象が強く残ってて他の料理の味は忘れちゃいました。
でも美味しかったのは覚えてます。
あっ、あとドクダミの葉っぱがいろんな料理に添えられていたことも。
後でいろいろ聞いてみたり調べてみたらベトナムではドクダミを食べるそうです。


今回はこの辺で。
世界どこへ行っても呑んべぇなしろちゃでした。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-08-21 21:48 | 越南
ベトナム、越南、VIETNAM、VN、・・・。
発音的には「ヴェトナム」なのに私たち日本人はいろいろな書き方をします。
そう考えるとちょっと不思議な感じがします。(そんなどうでもいいことを考えちゃうしろちゃって変?)
中国人は大多数が「越南(YueNan)」って表現するのにねぇ。

さて、先週水曜日から越南出張中のしろちゃですが、タイトルにもある通り毎日悪戦苦闘の仕事に奮闘している最中です。
何が大変かって、まずは言葉の問題。
ベトナム語なんて当然しろちゃは知るはずもありません。
英語ならホテルやそこそこいい感じのお店では通じるのですが、情けないことに社会人になってからほとんど英語を使うことのなかったので現在のしろちゃの英語力は小学生レベルにちょっと毛が生えた程度・・・。
まあまあ喋れるようになった中国語(普通話)は、『だいたい10人に1人は話せる人がいるよ。』って聞いていたのにほとんど出くわす機会がなく役に立たず。
かろうじて日本語が分かる人が若干いるが商い系の人で決まり文句しか日本語が出来ないので会話にならず。
そんな語学環境なので、出来て間もない我が社の越南工場の工場周辺から寄せ集めたワーカーさんたちはほとんどがベトナム語しか喋れない・話せないという人たちばかり。
3人いる日本人スタッフにつけられた唯一の通訳だけが一応日本語が使えるっていうレベル。
現地スタッフで数人が英語が使える。
こんな感じなので、思うように仕事が進まずかなり苦労しています。

そして次に、ベトナム人のものの考え方と行動。
よく、「中国人はなかなか指示したことが出来ない。」とか「指示したことしかしない。」とか聞きますよね。(中国人もいろんな人がいるわけで全ての中国人を対象にした表現ではないのですが)
これも全てのベトナム人に対する意見ではないのですが、ベトナム人のそれは中国人のそれ以上だなぁ、ってつくづく感じながら孤軍奮闘の越南での仕事をしています。
毎日毎日簡単な指示を片言の英語と日本語と図示で出し、その後の作業実施状況確認、作業結果の確認、次なる指示、等々でかなりの時間と気力を費やしながら且つイライラとの葛藤の中で、シンセンでの3倍ぐらいの大変さを身に沁みて耐えています。
日系企業ですからベトナム人とはいえどもやはり日本人の仕事のやり方を少しは分かってもらう・覚えてもらわないと企業として生き残れませんからねぇ。
現地企業と同じ方法を黙認していたのでは、いつ急に仕事がなくなるかもしれませんから。

まだまだ書きたい(愚痴を言いたい)ところですが、そんなことばかり書いててもしょうがないですし、この辺にしておきます。

でもね、ベトナム人の素直さと人懐っこさは好きですね~。
今回の出張では毎日夜中まで残業続きなので実行出来そうにないですが、また越南に出張する機会があればワーカーさんたちと一緒にベトナム料理を食べに行きたいです。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-08-08 14:52 | 越南
かなり久しぶりの更新になってしまいました。
しろちゃは今、しろちゃ人生初となる越南に来ています。

しばらく更新が出来なかった言い訳を・・・。
先週木曜日に急に越南工場の立ち上げ応援指令が日本本社社長から直々にあり、シンセン工場の総経理と相談した結果、今週水曜から越南への出張が金曜日に決まってしまったために、今抱えている仕事のまとめと引継ぎ(結局簡単な引継ぎに終わってしまいましたが・・・)と越南での支援業務の予習があって、夜遅くまでの仕事漬けの毎日でした。
夜中近くに夕食(?)をとってそれからアパートに帰ってシャワーをしてビールを飲んで寝る生活だったので、PCを開ける気力もなしだったんです。(夜中にもかかわらず更新されている方を尊敬します)

さてここ越南のハノイ近郊、確かに蒸し暑いですが思っていたよりは暑くもなくシンセンと同じような感じでちょっと拍子抜け。
さらに、ハノイ空港のあまりの小ささにビックリ!でした。
これでも越南の首都の国際空港なのぉ?って印象でした。
分かる人は少ないかもしれませんが、シンセン空港をもうちょっと小さくした感じ。
日本でいえば国際線がある地方空港をちょっとだけ大きくしたって感じでしょうか。

ハノイの街は首都であるにもかかわらず小ぢんまりとした街並みで、建物も比較的低いものが多く、街路樹が多く大きく生い茂っていて、すごくいい感じです。(行ったことはありませんが越南第2の都市ホーチミンの方がはるかに大きな街なんでしょうね)
ビル群が立ち並ぶシンセン市内とは大きな違いです。
しろちゃはハノイの街の方が気に入りました。
さすがは元フランス植民地だったということで街並みにはパリと似通った感じが漂っています。(しろちゃはパリには行ったことがあるんですよぉ)

まだまだ越南に関して書きたいことはあるんですが今日はここまでにします。
いつ書けるか分かりませんが続きはまた今度書きますね~。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!


「初越南悪戦苦闘中」ってタイトルにしたけど、悪戦苦闘について触れてないのはご容赦を・・・。
[PR]
by shirocha_tym | 2007-08-04 15:19 | 越南