シンセンライフで感じたことをちょっと個性的な観点から自由に書いてます。・・・・・・だったんですが現在はベトナムでストレスとの戦いの日々を送ってますぅ。


by shirocha_tym
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:交通( 10 )

再会と落胆

五一連休に街を散策していたときに念願のアレに再会することが出来ました。

アレとは、以前ブログにも書いた横山三国志もどきペイント巴士です。

初めて通る道を、この辺にはどんな店があるんだろう?、って思いながらキョロキョロしながら歩いていたときに、たまたま近くのバス停にその巴士がやって来て停まったんです。
おぉ、これじゃ~ん!とウキウキしてその巴士のペイント広告を凝視しました。
3秒ぐらいしてそれまでのウキウキがガッカリに変わりました。

だって~ぇ、よく見たら全然横山三国志じゃなかったんだもん。
以前クルマの中から一瞬見て、勝手にそう思い込んでたしろちゃがいけないんですけどね。
確かに鎧を着て兜を被って矛のようなものを持っている武将が何人も描かれていましたが、弱っちい感じのする武将の絵でした。

疑問だった「何の広告?」に関心を移しました。
巴士の側面に描かれた大きな広告全体を順番に見ていくと、端寄りに白酒の絵がありました。
その白酒の銘柄は“諸葛酿”だったと思います、たぶん・・・。

中国に来てから何度も白酒を飲んだこと(飲まされたこと?)があり、“諸葛酿”も飲んだことがあります。
白酒の中ではまだ飲みやすかったような記憶があります。
いろいろな銘柄のものを飲みましたし、いろいろな度数のものを飲みましたが、さすがに52°のやつは強烈でしたねぇ。
グラスに鼻を近づけたときの臭い(香り?)、口に含んだときのなんともいえない味、飲み込んだときの喉が焼けるような感じ、全てにおいて52°は危険です。
しろちゃにはとても美味しいとは思えません。
お酒というよりはアルコールって感じ。
しろちゃ的には32°がいいかなぁ。(38°でもなんとかイケるかな)

白酒は基本的に好きではないのですが、火鍋の辛いやつなんかを食べるときには合うと思いますよ。
あと、結婚披露宴にもよく登場するので、場的には合うかも。
ただ、白酒での干杯合戦はマジでヤバいです。
中国人スタッフの結構披露宴にいた人たちと干杯合戦をした後、帰りのタクシーを降りたところから記憶を無くしたことがあります。
翌日は昼前に起きたのですが、ちゃんとパジャマに着替えてベッドで寝ていましたが、タクシーを降りてからマンション敷地の門をいつくぐって、部屋のある棟までどうやって歩いて、部屋のドア(2枚)の鍵をいつ開けて、いつパジャマに着替えてベッドまで移動したのかサッパリ覚えていません。
だけど、持っていた鞄もパスポートも財布もお金もなんともなくてホッとしたのを覚えてます。
それ以降は白酒での干杯合戦は遠慮するようになりましたね。
だって次もまた安全だとは限りませんから。

ちょっと話が横にそれましたけど、あれだけ気になっていたことに再会した途端落胆するなんて思いもしませんでした。
疑問は疑問のままで、頭の中で妄想に耽っている方がいいこともあるんですね。
夢は夢のままがいいっていうか・・・。

五一連休中のちょっとショックな出来事でした。


人気blogランキングへ ← プチッと応援Clickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-05-05 17:10 | 交通

危ないでしょっ!


先日のこと。

とある同業他社へ移管する金型を運ぶため、金型運搬用のトラックを外部の業者から借りました。
やって来たトラックに金型を積み込み、移管先との打合せもあるためしろちゃもトラックに同乗し、さぁ出発!、というところでしろちゃが座っている助手席のドアがいきなり外から開けられました。
一瞬、強盗か?とも思いましたが、まだ日中だし工場敷地内なのでそんなはずがあるわけがない。

乗り込んできたのは、3~4歳の女の子。
なんでこんなところに子供がいるのぉ?と不思議に思ってたら、その女の子は『爸爸~!』と可愛らしく叫んでいました。
その数秒後、お母さんも乗り込んできました。

お父さんの仕事に家族がついてきたようです。
こういうこと、中国ではよくあるんですか~?

ところで、金型を荷台に積み込んでる最中、彼女らはどこにいたんだろ?
あまり工場敷地内で遊び回らないでほしいです。
勝手に怪我したり事故にあったりしてほしくないですからねぇ。
うちの守衛も何させてんだか・・・。

気を取り直して出発したのですが、この女の子、車内ではしゃぎまわって大変!
お父さんとお母さんと一緒に小旅行気分なんでしょうねぇ。
窓の外に見えるものを指差してキャーキャー言ってるかと思えば、座席で飛び跳ねるわで、すごく楽しそう。
でもねぇ、しろちゃの足にキックしたり、振り回した腕でしろちゃにパンチするのは止めて!
結構痛いんだから・・・。

しばらくして、ダッシュボードの上でお絵かきをし始めたから、「これでしばらくは静かになるかな」と思ったら、お母さんにペンが書きにくいとか紙が小さいとか、お父さんには揺れるから絵が書きにくいとか、あぁだこうだ言うもんだから全然静かにならず。

あまりに子供が騒いでうるさいからか、お母さんが買い物袋の中からお菓子やバナナやジュースを取り出して女の子に与えました。
と思ったら、お母さんも一緒に食べ始め、そのうちお父さんが『俺にもくれよ。』みたいなことを言って家族3人でムシャムシャ。
も~ぉ、ピクニックじゃないんだから~。
しかも、その女の子、静かになるどころか余計にうるさくなってしまいました。
美味しくないだの、お母さんが食べてるやつがいいだの、わがまま言い放題。

その時は高速道路を走行中だったのですが、その家族、窓から食べ終わったお菓子の袋をポイッ、バナナの皮もポイッ、美味しくなかったのかまだ半分ぐらい残ってるペットボトルもポイッ、不要なものはなんでもポイッポイッポイッ!
ちょっとぉ、タバコと同じ感覚で何でもかんでも捨てないでよね~。(ホントはタバコのポイ捨てもいけません)
後ろのクルマに当たったらどうするのぉ?
後続車がそれを避けるために事故ったり、バイクとかバナナの皮で滑って大事故になったらどうするのぉ?
もしそうなっても避けられなかった方が悪いわけ?
事故った本人が悪いわけ?
ここ、高速道路なんですけど。
いったいどれだけスピードが出てるか知ってるでしょ?

もう人のことなんてお構いなしな家族です。
子供にまでそういうこと平気でさせてるんで、悪いっていう意識が全くないんでしょうね。

そういうわけで、目的地に着くまでの間、しろちゃはず~っと不愉快。

相手先に到着して、金型を降ろした後、トラックの運ちゃん家族に「打合せしてくるから1時間ぐらい待ってて。」と伝言してしろちゃは打合せへ。

約1時間後、打合せが終わって外で待ってるトラックへと向かうしろちゃ。
トラックに人の気配がない。
おまけにドアも開かない。
よじ登って窓から覗き込んでみるけど、誰もいない。
奴ら、どこへ行ったの?

運ちゃんの携帯番号知らないのであせりまくるしろちゃ。
ヤバい、帰れないかも・・・。

そこで、会社に電話してトラックを手配した担当者から業者経由で運ちゃんに連絡してもらいました。
約10分後、担当者から連絡がありました。
運ちゃん曰く、『今、食事中だからあと15分ぐらい待ってて。』、と。
なに~ぃ、勝手なこと言わないでよぉ
食事に行くのは勝手だけど、1時間後にはちゃんと戻ってきてるのが常識でしょ。
しかも、まだ夕食の時間には早すぎるでしょうが。(打合せが終わったのが16:30)
もう信じられません!

15分ぐらいって言ってたくせに、30分弱待たされたしろちゃ。
即、しろちゃのつたない中国語で運ちゃんに文句をつける。
返ってくる言葉は、『没办法』。
あんたねぇ、何が没办法なの?
家族が一緒だとか、料理が出てくるのが遅かったとか、子供が食べるの遅いからなんて関係ないでしょ!
あんたは今仕事中でしょ!

もう、ムッカムカでした。

そんな状態だから、帰りのトラックの中では終始無言なしろちゃ。
そんなしろちゃのことなどお構いなしの運ちゃん家族は帰りもピクニック気分。
ついさっきまでご飯食べてたくせに、またお菓子やみかんを食べ始めました。
そしてまた、ゴミやみかんの皮は窓からポイッ。
あんたらねぇ・・・。
自分の家とクルマの中以外は、ゴミ捨て場と一緒なの?(実際、そういう感覚の人多いです。)
オリンピックに備えてモラル改善に取り組んでいる北京市や、少しずつその政策に慣れてきている北京市民を、少しは見習ってほしいものです。

会社に戻ってから、その運ちゃんはもう二度と呼ばないよう担当者にきつく言っておいたので、その運ちゃん家族と会うことはないでしょう。
会うだけならまだいいけど、二度と同じ時間を過ごすのは御免です。



その運ちゃんがよく走るシンセン・東莞・広州で、高速道路や一般道で前方に青色の2t車(金型重量3500kgあるから4t車を呼んでくれって言っといたのに・・・)を見かけたらご注意を!
前方から何が捨てられてくるか分かりませんからっ。
これを見てくれている方々が事故に遭いませんように。



人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-04-21 23:44 | 交通

25m?? 230人??



さすが中国!っていうものが登場しました。


第6回北京国際商用車・部品博覧会に、鄭州宇通公司が製造した全長25mのバスが展示されたそうです。
そのバスは、なんと230人もの人数が一度に乗車出来るそうです。

長さ・収容人数だけ見ると、「おぉ~!」って思いますけど、そんなのどうやって実用化させるんでしょうね。
っていうか使えないと思うんですけど。

ほぼ一直線の道なら、走行には問題ないでしょう。
普通の道路だったら当然カーブもありますし、交差点だってあります。
おそらく交差点を曲がることだってあるでしょう。
25mもあるバスがどうやって交差点を曲がるのでしょう?
周りのクルマを全て止めて曲がるのですか?
にしたって、内輪差はどうカバーするのですか?
片側2車線の交差点じゃ到底不可能でしょう。
片側3車線だって難しいのでは?

また、230人乗車した場合、乗員だけでいったいどれだけの重量になるのか。
一人60kgだと想定すると、(230+2(運転手と服務員))×60=13920kg。
約14tですよ!
それにバスそのものの車重を加えるとものすごい重量です。
それを動かせるだけのエンジンや駆動系になっているのでしょうか?
しかも、車体がその重量に耐えられる設計になっているんでしょうか?
さらに、中国に多い即席道路がその重量に耐え切れるのでしょうか?
一回その満員乗車バスが通っただけで、轍が残りそうです。

そのバスは長距離バスなのか、路線バスなのか、貸切の観光バスなのか、利用予定は知りませんが、少人数の乗車では採算が合わないからといって、極力満席になるまで発車しないなってことはあり得るのでは?
バスを買って使う方だって、走れば走るほど赤字になるバスなんて持っててもしょうがないですから。

というようなことを考えてみると、これはきっと実用化されないだろうなぁって思います。
「こんなすごいバスを作ったんだぞ~!」、「こんなすごいバスを作れるんだぞ~!」って自慢したいがために発表しただけかもしれませんね。
そういうの特に中国人は好きですから。

あっ、でも、世界各国でのモーターショーも一緒か・・・。
すっごいスポーツカーとか展示されてますもんね。
だけど、モーターショーの展示車って、少なくてもそのうち実用化するような努力してますし、十数年後にはなんか市場に出てきそうな感じがするんですよね。

でも、25m+230人乗りバスはちょっとねぇ・・・。

中国らしくって、まぁいいかな。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-04-19 20:24 | 交通

何の広告?

待ってましたよ、この爽やかな天候を!

昨夜の大雨と強い風から一転して、今日は朝から澄み切った青空。
空に雲もほとんどなく、空気もそこそこ乾いていて、とっても気持ちがいい天候です。
こんな日は、朝からバスタオルやジーンズのような厚手のものとかシーツとかどんどん洗濯して、さらにベランダで布団も干しちゃいたい気分でしたね。

でも、水曜日なので当然出勤・・・。
朝の貴重な僅かな時間に洗濯なんてしている余裕はありませんでした。
こんないい天気なのにもったいないよ~ぉ。



話は変わって、

d0097148_18444915.jpg


   さて、左の絵、みなさんご存知ですよね。




横山光輝さんの代表作、長編漫画の【三国志】です。
【こち亀】には及びませんが、全60巻からなる中国が舞台の漫画です。

で、なぜこの画像かというとですね、昨夜の大雨の中、帰宅時の車の中からこれに似たような人物像が何体も連なってペイントされた路線バスを見かけたんです。
『あっ、横山三国志じゃん。』って思ったくらい似てるように見えました。
大雨の中、さらに夜、しかも対向車だったので一瞬だけしか見えませんでしたので、もしじっくり見れば全然違った絵柄なのかもしれません。

あのバス、何番だったんだろう?
今度、今日みたい天気のいい日に見てみたいなぁ。

でも、いったい何の広告だったんでしょうね?
気になるな~。

ところで、その横山三国志、劉備・関羽・諸葛亮をかなり美化して描かれているように個人的に感じます。(なぜか張飛だけは三枚目的な存在。)
「蜀」よりも「魏」が好きな、というより曹操が好きなしろちゃは、これを読むたびになんとなくはがゆい感じになっていたのを思い出します。
曹操のあの知的な感じ・統率力・冷酷さ・少し臆病なところが気に入っています。
日本の武将でいえば、織田信長と少し似ているような。

シンセンって三国時代には「呉」の領土だったんでしたっけ?
それとも「蜀」だっけ?
三国になる前は「南蛮」だったかな?
忘れちゃった・・・。


人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-04-18 20:06 | 交通
まだ完全復活とまではいかないのですが今日からちょっと寒さが和らいできました。
昨日までの数日は吐く息が白くなってましたが今日はそんなことはありませんでした。
欲を言えばもうちょっと暖かいぐらいがいいです。
暑いのはそれはそれでイヤです。(わがまましろちゃ)

今日は関西方面・北京近郊にお住まいの方への朗報です。

3/25からの日・月・水・木・金曜日に、
北京⇔大阪便が海南航空から毎日一便新規就航することになりました。
詳しくはこちら → 海南航空、北京―大阪線就航

新路線就航記念キャンペーンが用意されているそうで、
3/25分は666元のスペシャルプライスだそうですよ。
ちなみに、3/26分は888元、3/28~4/25の該当曜日分は999元とのこと。
6・8・9っていうのがいかにも中国って感じですよねっ。

確かにめっちゃ安いっていうイメージが湧いてきますが、
正規料金はいくらなんでしょうか?
ありえない金額設定だと思うけど、まさか1000元ってことないよね?
キャセイの香港⇔関空往復が格安だって4000HKDぐらいするから、いくら海南空港とはいっても格安で2500元ぐらいはするのでは?正規だと4000元くらいか?それとももっと?

おっと、ここで一つの疑問が浮上してきました。
北京⇔大阪ってあるけど、大阪ってどこ?
「えっ?しろちゃは大阪を知らないの?」って思った方、そんなことはありません。
いくらなんでも大阪府ぐらい知ってます。行ったことだって何度もあります。
ここでいう【大阪】は空港名です。
関空?伊丹?神戸?
おそらく関空だとは思いますが、どうせしろちゃには縁のない路線で興味がないので調べていません。
知りたい方はお手数ですが自分で調べるか海南航空までお問い合わせ下さい。

う~ん、しかしまたシンセンと関係ないネタになってしまった・・・。
でも、中国関係の内容だからよしとしておこうっと。(前向き、前向き)

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-03-09 20:50 | 交通

航空機接触事故

今日はなんでこんな寒いんでしょうか?
昨日の27℃っていう暑さはどこへいっちゃったんでしょうか?
いつものように薄着で出社してしまい、会社ではプルプル震えていました。
明日も今日と似たような天候らしいので、風邪引かないように気をつけなきゃだわ。

この前の日曜日に天津で事故があったようです。
中国天津空港発日本中部国際空港行の全日空機が、同じく中部国際空港行の日本航空機に接触したとのこと。
このニュースを知ったときすごく心配になったのですが、機体の主翼先端がお互いに少し損傷しただけとのことでホッとしました。
高校時代からずっと交流のある友達が天津に赴任しているので、もし出張とかでその飛行機に乗っていたら・・・、もし離陸時や着陸時の事故だったら・・・と、イヤなことが一瞬頭をよぎったのですが大した事故でなく本当によかったです。
さっきその友達に電話したら、『その日はデパートで買い物してたし、そんな事故があったことも知らなかった。』とのことで、またまた安心しました。

しかし、現地の人がどうして地元のニュースを知らないの?
友達がテレビ・新聞を見ていないから?
報道されていないから?
たぶん前者だとは思いますが・・・。

不謹慎かもしれませんが、ANA機とJAL機の接触っていうのが不幸中の幸いでしょうか。
これがもし一方が中国の航空会社の機体だったら、それこそ日本と中国の関係悪化がよりいっそう深まっていたかもしれませんし。
とはいってもあくまで国と国があまり仲良くない状態であって、日本人と中国人の仲が悪いという感じはほとんど聞きませんから何も心配することはないのでしょうが。
しろちゃたちの会社でもとっても仲良く交流してますんで没問題!
早く国家同士も仲良くなってお互いにアジアを引っ張っていく関係になることを望んでいます。

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-03-06 13:41 | 交通

記録更新しちゃいました

昨夜はほんとにすごかったです。
先日のタイムを更新することはありませんでしたが、
件数は過去最高をマークしました。

何がって?
しろちゃのブログを見てくださっている方はたぶんピン!とくるでしょう。

そう、あれです。

交通事故による渋滞。

昨夜はですねぇ、6件の事故現場を目にしたんです。
3件が自動車VS自動車。
1件が自動車VSミニバス。
1件が大型バスVSトレーラー。
1件が自動車VS小型バイクか電動バイク。

特に大型バスVSトレーラーなんて事故現場すごかったです。
車体の損傷そのものはたいしたことなさそうでしたが、
お互い交差点に無茶に割り込んだようで、
ただでさえ両方とも車体が長いのに共に交差点をほぼ封鎖するような形で停まってて、
しかもトレーラーの荷台から落ちたらしきショベルカーが、
悲しげな姿で横たわっていたんです。

その光景を目にしたのは、
渋滞の最後尾についてから2時間くらいあとでしたよ。
対向車線なんか渋滞の長さが、
これまたしろしゃ過去最高でおそらく2kmぐらいあったんじゃないかな。
2km最後尾についた車って事故現場を抜けるのにいったい何時間かかったんでしょうね。
5時間くらいかな?
でも、当人同士の責任の擦り付け合い(交渉?)と、
公安の現場検証を合わせても、3時間くらいで終わって、
事故車をちょっと脇に寄せるだけでなんとか1台通れそうな感じだったから、
そうなれば5時間もかからないのかな?
相手のミスを立証するために事故発生状態をキープしておきたいのも分かるけど、
後続車というか他の人のこともちょっとは考えて欲しいものです。

それから、バイクで事故ったおじさん(たぶん・・・、暗くてよく見えなかったけど)、
命に別状はなかったのかなぁ。
救急車で運ばれていったけど。
全く赤の他人ですが、なんか心配です。

ということで、しろちゃのシンセンライフでは初の6件もの事故に遭遇したのですが、
公共や業務の車を除いて、一般車の事故原因はこの時期に多い飲酒運転ですかね。
春節ではないけど新しい年を迎えて乾杯する中国人も増えてきているらしいですし、
外資系企業では新年会もありますし、
香港系や台湾系でも新年会とかあるそうですし。
普段から運転マナーがよろしくないお国で、
ハンドルさばきやブレーキさばきで上手くすりかわしてきた技術が、
アルコールによって鈍ったために発揮しきれなかったんでしょう。

中国駐在日本人の方で自分で運転される方は少ないと思いますが、
くれぐれも安全運転をいつも以上に心がけて下さい。
自分は安全運転してても、
横や後ろ、そして対向車線からいつなんどき突っ込んでこられるかもしれない国です。
四面楚歌じゃないですけど、360°へ注意を傾けて、
無事に明日を迎えられるよう、運転されることを願います。

しろちゃが勝手に師匠と思っているブロガーさんが近々新年会なるものを催されるようですが、
お師匠様、気をつけて下さいね~~!
来週もお師匠様のブログを拝見出来ることを心から楽しみにしていますので。
[PR]
by shirocha_tym | 2007-01-04 23:26 | 交通

初めての・・・

昨夜、初めての体験をしてしまいました。

どんなことはこれを見てる人の想像におまかせします、
じゃなくて、会社からアパート(一応マンション?)までの間に、
ものすごい渋滞にはまってしまったのです。

いつもなら車で45分間ぐらいのところを、
なんと3時間半!もかかってしまったんです。

理由は中国では日常茶飯事(?)の事故渋滞。

今までも事故による渋滞は何度か体験済みですが、
昨夜のはですね~、なんと3事故!
1行程で3つの事故は初めてです。

1回目は会社を出て2分ぐらい走ったらいきなり渋滞。
対向車線との仕切りの柵があるのでよけて進むことも出来ないわ、
よく見かける歩道走行も歩道がないから無理、
後続車がすご~く並んで遠くからクラクション鳴らしまくりだわ、
おまけに前にも車がいっぱいでいったいどこで事故ってるのか見えないし、
ただただ待つしかありませんでした。

この渋滞で2時間ぐらい使ったと思う。
今思えば、歩いて先へ行って、どっかでタクシーでも捕まえればよかった・・・。

2回目は1回目の事故現場から5分ぐらい走ったちょっと先。
ここも道路中央に柵があって対向車線はみ出しは不可。
でもね、運転手が渋滞を事前に察知したらしく、
渋滞最後尾地点のちょっと手前から歩道走りに切り替えてたので、
パンダさんがのそのそ歩く程度で進めたのでまだよかった。
運ちゃん、偉かったぞ!
いきなり歩道に入ったときはビックリしたけどね。

それで不幸中のラッキ~って思って、
家についたらもう2○時かぁ、帰ったら速攻お風呂だなぁ、
なんて予定を考えてました。

ところが、魔の3回目がやってきたんです。
しかも、2回目の現場からすぐ先の交差点!
2回目の事故渋滞からようやく抜け出した大型バスと、
歩道走りでショートカットした車がかなり道を塞ぐ形でごっつんこしてました。
しかも、大型バスの乗客が降りてバスと車のぶつかった周りに大集合。
おまけに次から次へと野次馬が集まり、
道路上は車よりも人の方が多くなっていました。
なんで中国人はなんでもかんでもすぐに群がるんだろう?
しかも大勢で・・・。

この時しろちゃは思いました。
今晩、あと最低もう1回は事故現場に遭遇するな、きっと・・・、
せめてこの車が事故りませんように、
もしかしたら今日は帰れないかも、お風呂に入れないかも、ベッドでねれないかも、・・・。
もう悲しくて悲しくて涙が・・・というのは嘘ですが、すごくむなしかったです。
(しろちゃは泣かないもんっ!)

結局1時間弱で済んだのですが、
さすがに3回目は半分あきらめていただけに、
渋滞を抜け出した時にはすんごく嬉しかった。
思わず一人で小さくガッツポーズしたような気がします。

それにしてもマジで疲れましたよ。
イライラするわ、ハラハラするわ、むなしくなるわ、眠くなるわ、お尻と背中は痛くなるわ、
もう散々でした。

でも必死に耐えた、
自分は事故を起こさなかった、
しかも2回目には機転を存分に利かしてくれた運ちゃん、
アンタはマジ偉い!!!

ちなみに昨日の件ですが、今日もやっぱりダメでした。
一日中ゼモバン状態でした・・・。
[PR]
by shirocha_tym | 2006-12-29 22:52 | 交通
最近、飛行機がらみの事件というか話題をよく耳にしますよね。
例えば、
  1.ロシアとイギリス間を飛んでいる機体の内、
    2機(だっけ?)からなんとかっていう有害物質が検出された
  2.日本の修学旅行生徒のクラッカー機内所持により、
    離陸の大幅遅延
  3.アメリカで飛行中の女性が自分のおならの臭いを隠すために、
    マッチを擦ってしまい大騒ぎ
  4.どこかの国(忘れちゃった)で機内のトイレで、
    爆発物設置予告文書が見つけたと騒ぎ立てた乗客がいたが、
    実はその人物の自作自演騒ぎ
  5.(まだあったような気が・・・)
などなどたくさん。

3.なんてすごくないですか?
普通に考えればそんなことしちゃいけないの分かりそうなもんだけど。
彼女、相当あせってたんでしょうね。

残念ながら(というのもどうかと・・・)しろちゃは、
飛行機でそういう楽しい騒ぎに出くわしたことはありません。
いつも平凡で退屈なフライトです。
ちなみに急遽ビジネスクラスへアップグレードなんていう、
幸せな体験もありません。(周りにはそういう人が何人かいるのですが)

まぁ、別に損してることもないので何でもないんだけど。
でも、普通すぎて話題にもなりゃしない。
人生なんてこんなものなのでしょうか。

飛行機関係でなくていいから、
なんか刺激が欲し~いよ~ぉ。

みなさんは、
ドキドキ・ワクワク・ウキウキ・ソワソワ・ピリピリ・ラブラブ
してますかぁ?
[PR]
by shirocha_tym | 2006-12-18 09:30 | 交通
いつもいつも思うんですが、中国人って交通ルールを守らないですよね。
車の運転手はもちろん、歩行者までも。
み~んな「俺が優先!」「私が一番!」ってな感じでやりたい放題。

頻繁に車線変更してジグザグ走行するわ、
赤信号でも交差点に突っ込むわ、
緑矢印が出てない方向でも関係なく進むわ、
右直レーンから強引に左折するわ、
交差点付近では対向車線を走って追い越すわ、
交差点角の店舗やガソリンスタンドの敷地を使ってショートカットするわ、
信号が青に変わってないうちから後ろからクラクション鳴らすわ、
ちょっとでも渋滞気味だと歩道を突っ走るわ、
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
言い出したらきりがないですよねぇ。

時々事故った車を見かけるけど、
こんなマナーの悪い運転してる人が多い割にはあんまり交通事故がないのはどうして?
もしかして運転テクニックは世界一なんじゃない?
判断力とか運動神経とかブレーキ操作とか飛び抜けてすごいんだろうな。
しろちゃもシンセンで運転してみよっかな。
でも、車買うお金ないや・・・。(だって日本より高いんだもん)

突然ですが、ここで問題です。
広東省で登録された車のナンバープレートは「粤+アルファベット」から始まってますよね。
有名どころでは「粤A」は広州市、「粤B」はシンセン市、「粤C」は珠海市ですが、
では、「粤D」は?、「粤O」は?
簡単すぎます?

それにしても数年後には中国の運転マナーは良くなるんでしょうか・・・?
あまり期待しないでおくことにしますが。
[PR]
by shirocha_tym | 2006-12-06 22:21 | 交通