シンセンライフで感じたことをちょっと個性的な観点から自由に書いてます。・・・・・・だったんですが現在はベトナムでストレスとの戦いの日々を送ってますぅ。


by shirocha_tym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

侮辱だぁ

約1ヶ月前の出来事をふと思い出しました。

去年の国慶節連休明けの数日後、しろちゃが愛用しているカルティエのタンフラが急に動かなくなりました。
買ってから結構経つから遂に電池切れかぁ、今度日本に帰ったときに電池交換しなきゃな、って思っていたので、先月の春節休暇で日本に帰ったときに電池交換をしに行って来ました。



時計店店員(以下“員”)  「いらっしゃいませ~。」

しろちゃ(以下“し”)  『あのぉ、すみません。時計の電池交換をお願いしたいんですが。』

員  「かしこまりました。」

し  『これ(カルティエタンフラ)とこれ(オメガシーマス)の2つなんですが出来ますぅ?』

員  「確認致しますのであちら(椅子)にお掛けになって少々お待ち下さい。」

し  『はい、よろしくお願いします。』

時計店店長(以下“長”)  「お待たせ致しました。店長の○○と申します。お客様の時計、
                 両方とも当店で電池交換可能でございますが両方とも本日交換
                 なされますか?」

し  『えぇ、両方ともお願いします。』

長  「かしこまりました。それでは30分ほどお待ち頂いてよろしいでしょうか?」

し  (携帯電話の時計を見て)『30分ですね、えぇ、いいですよ。じゃあ、ちょっと外出してきま
    すのでよろしくお願いします。』

長  「では、作業に取り掛からせて頂きます。お気をつけてどうぞ。」

ということで、20分近く外で別の用事を済ませ、再び時計店に戻りました。

員  「いらっしゃいませ~。どうぞこちら(テーブルと椅子があるところ)へ。」

し  『電池交換、終わりましたか?』

員  「今確認してきますのでお掛けになってお待ち下さい。」

し  『はい。』

長  「お客様、今2個目の方の作業をしておりまして、あと5分もあれば終わりそうです。」

員  「どうぞ。」(と言ってお茶を出してくれた)

し  『そうですか、戻ってくるのちょっと早かったかな?じゃあ、待ってます』

約3分後。

長  「お客様ぁ、お待たせ致しました~。」

し  (おっ、きたきた)

長  「あのぉ、お客様。」

し  『はいはい。』

長  「実はぁ、こちら(シーマス)の方はこの通り電池交換終わったのですが、もう1つのこち
    ら(タンフラ)に問題があるようでして・・・。」

し  『えっ、どうしたんですか?』

長  「電池交換は終わったのですが、針が動かないようなんですが~。」

し  『本当ですか?(どれどれ?)・・・・・・・・・・あっ、ホントだ。でも何でだろ?』

長  「おそらく、中の部品破損による機械的トラブルだと思います。分解して点検しないと詳
    しいことは分かりませんが~。」

し  『点検・修理にはどのくらいかかりますかね~。』

長  「そうですねぇ、うちでは出来ないので別の店舗でやるとして、まぁ1週間前後だと思い
    ますよ。」

し  『そうなんですかぁ、じゃあダメだなぁ。4日後に中国に戻らなきゃいけないんですよぉ。』

長  「そうですかぁ、中国でお仕事か何かされてるんですか?」

し  『えぇ、中国に赴任してまして。』

長  「それは大変ですね~。でもやっぱり偽物ってすぐに壊れるんですねっ。」

し  『えっ、今なんて言いました?』

長  「中国の偽物は壊れやすいんだなぁって。」

し  『いやいや、これ日本で買ったんですよ。しかも名古屋のカルティエで。』

長  「・・・・・。(タンフラをじろじろ観察)・・・・・。(ちょっと小さな声で)これ、本物ですか?」

し  『もちろん!』

長  「やっ、やっぱり本物ですよね~ぇ。」

し  (誰が偽物なんかどうどうと持ち込むかよっ!

  正真正銘の本物だよっ!)

  『もちろんです!』


長  「・・・・・・・・・・。」

し  (店長のくせに本物か偽物か分かんないってサイテー。ふざけない

  でよ!プンプンッ!


長  「あのぉ、それ(タンフラ)の電池抜いておきましょうかぁ?」

し  (頭にきてて早くその場から帰りたかったので)『いいえ、このままで結構ですっ!』



その後、シーマスとタンフラの2つ分の電池交換代金を払って帰りましたが、失礼なこと言われた腹いせに1個分しか払わないぞって言えばよかったかなぁ、それともタンフラ電池抜いてもらって会計はシーマス分だけにすればよかったかなぁ、って今は思います。
でもねっ、そのときは無性に腹が立ってこんな店から早く出たいっていうそれだけが頭にあったんだもん。

中国で働いている人が全員偽物持ってるなんて思うなよっ!っていう出来事でした。
中国国内で使用する分には別にいいとは思うけど・・・。
かなり偏見的な見方をされたことがすごく侮辱です。
しろちゃがタンフラ持ってるのがそんなに不相応なのかしら?

人気blogランキングへ ← プチッとClickしてください、謝謝!
[PR]
by shirocha_tym | 2007-03-28 21:26 | 日本